FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (34)美紀の羞恥プレイ

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (34)美紀の羞恥プレイ

「…、いや…」
勃起した半ムケチンポを敏感な亀裂に食い込ませる弟が強制する破廉恥な命令に、メスの欲望に女体を支配された弱気な姉は、頼りなげな口調で抗うことしかできなかった。

「で、このスカート、穿きなよ」
これじゃ、うへへっ…、みえちゃうかも、だな…
うつむく美人姉の短い拒絶の文句を無視してサド気まみれの妖しい笑い顔を見せる変態は、普通はスパッツの上に履く全体が大きめのフリルになったガーリーな腰履き超ミニスカを、クローゼットからあさって押しつける。

「こ、これを…」
それは普通に立っていてもお尻が見えそうな丈しかなかった。露出狂の変態女にしか見えない格好をしろと命令する弟に、すっかり気弱になった美人姉は抗うことも出来ずにうつむいていた。

「ノーパンって言っても、ちゃんと隠すところは、隠していいから」
うひょひょっ、これ、やってみたかったんだ…。
きれいなおねえさんシリーズの脱毛器に目を付けていた変態弟は、ソレを手にとって極悪な笑いを浮かべると不安げな姉に迫った。

「なに?…、何する気?…、きゃっ」
ムダ毛処理器を手にして不気味に笑いながら近寄ってくる弟に腰の引けた姉は、ベッドに尻もちをついてM字に足を開いていた。

「動くなよ、アブナイからな」
でへへっ…、ツルツル美少女にしてやる…。
バスタオルがはだけて秘所をさらした美人姉の下半身にのしかかった変態は、ムダ毛処理器をムダ毛がほとんどないあそこに押し当てた。

「やっ、あっ、いっ、いたい…」
脱毛器で恥ずかしい場所の細いちぢれ毛を抜かれた姉は美しい顔をつらそうにゆがめる。サディステックな興奮に取り憑かれた変態弟は、姉の苦しそうな表情に加虐色情のにじんだ猟奇的な笑いを浮かべていた。

「ほらっ、キレイになったぞ…、これがパンティ代わりだ」
うひひっ、パイパンだ…、で、これで、OK、っと…、ネエちゃん、萌え萌えだあっ…。
脚を閉じようともがく美紀を押さえつけてあそこのムダ毛をキレイに処理したモリオは、満足げで邪悪な笑いを浮かべながら、いつの間に用意したのかバンソウコウをツルツルになった秘所にはり付けた。

「なっ、やっ、へっ、変態っ」
あそこの毛を処理された上に特定の趣向の持ち主が喜びそうなバンソウコウに、どMな被虐色情に支配されて弱気になっていた姉も呆れた声を漏らす。

「エッチなコト考えてると、剥がれるから気を付けなよ」
ヌルヌルの汁が出たら、げへへっ、剥がれちゃうな…。
美人姉でもオナラもすればお小水も出る。しかしツルツルのスジをちょうど隠すサイズバンソウコウにすっかり上機嫌の変態は、姉の小用のことなど全く想定外でエッチなお汁のことしか考えてなかった。

モリオくん、起きなさい、学校遅れるわよ…。
そこで隣のモリオの部屋に呼びかける母の真紀の声がした。

「じゃあ、ネエちゃん、楽しみにしてるから…」
エロエロセクシーな、ネエちゃん…、たのしみだあっ、うひょひょっ…。
真紀が階下に降りていく音を確認したモリオは、恥ずかしいバンソウコウを隠すようにナマ太ももをピッタリ合わせてベッドに座る姉に、いやらしい笑いを向けると部屋から出て行った。


「ネエちゃん、おはよう」
おっ、キャミか…、いいぞ、ネエちゃん…。
制服に着替えたモリオが美人姉を羞恥調教でメロメロにする妄想を浮かべて、キッチンでトーストにパクついていると、着替えて薄くメイクした姉が降りてきた。

「…」
リクエスト通りのガーリーなミニにキャミとニーハイをスレンダーなナイスバディに装着した姉は、笑いをかみ殺す変態弟を伏し目がちにチラ見すると、黙って食卓に着いた。

「おっと…」
いい眺め…、よっと…、ぐへへっ、ちゃんとバンソウコウ付きだ…。
いつものようにわざとらしくスプーンを落としてテーブルの下に潜り込んだモリオは、フリル付き超ミニスカから伸びるニーハイの脚線美にニンマリした。変態がミニスカの奥を確認しようと足首を掴むと美紀はビクッと震えたが、引かれるまま足を開いてツルツルにされたバンソウコウ付きの股間をさらしていた。

魔法のスティック (35)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:35:27 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2811-a2676ac4
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next