FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (28)狂ったケダモノ

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (28)狂ったケダモノ

「うっ、い、いいよっ、ネエちゃんっ」
かはっ、いっ、いいっ…、ああっ、もっと、ペロペロしてくれっ…。
美人姉の潤沢なおツユを絡めた舌技にのぼせ上がった変態弟は、濡れ髪の頭を両手で抱えると姉をオナホール扱いして腰を振りだした。

「うっ、こほっ、ううっ…、はっ、やっ、あっ、はあっはあっ…」
調子に乗ったバカ弟にチンポの先端をノドまで押し込まれてむせて苦しそうに呻いた美紀は、ツバでネチョネチョに濡れた肉棒を吐き出し、苦しそうに息継ぎをしてナイスバディを切なげに震わせていた。

「ちゃ、ちゃんとセックス出来るか、確かめるぞっ」
はうっ…、もう、がまん、たまらんっ…。
極上のフェラに理性を無くした変態弟は鼻息を荒くしてツバまみれの肉棒を握り、苦しそうに床に女の子座りする姉の背中に覆い被さってお尻を抱えると、泡と愛液でヌルヌルのあそこの亀裂に半ムケチンポの先端を押しつける。

「やっ…、ああんっ…、姉弟、なのよっ…」
いきなりヌルヌルの亀裂に食い込んだ亀頭にのけぞって、のしかかってくる変態弟の顔に濡れ髪を押しつけた美人姉は、血縁の禁忌を犯すナマ本番に抗って劣情にまみれたカラダを押しのけようとしたが、ネットリしたおツユを垂らす亀裂はヒクヒク震えてふくれあがったカリを咥え込んでいた。

「先っちょ、だけ、だから…」
いまさら、聞けるかっ…、入れてやるっ…。
艶めかしい女体に狂ってケダモノに成り下がった変態弟は、ピッタリ閉じたスジに引っかかりを感じるとくびれたウェストに力んだ手を食い込ませて引き寄せ、肉棒がいきり立つ股間を押しつけた。

「やっ…、あっ、ああっ…」
膣口に食い込んだ半ムケチンポが粘膜をかき分けて女体の芯に侵入した。弟に強姦された姉は膣に侵入する熱い肉棒の反り上がった形をまるでマネするように、スレンダーな女体をのけぞらせて切なげな吐息を漏らす。

「うひっ、いいっ、きもち、いいっ」
げへへっ…、ネエちゃん…、あったえけっ…。
キレイな双臀をゆがませて股間を押しつける変態はナマ本番の気持ち良さにだらしなく顔を緩めていた。切なげに背中を反らす美紀の突き出した胸に手を回したモリオは、美乳を下から支えて突きだした乳首を親指と人差し指でクリクリする。

「やっ、だっ、あっ、やめて…、ああっ…」
根元まで突き刺されたチンポの先端で子宮口を突っつかれた女体は崩れ落ちるように、浴室の床に四つん這いになった。劣情に狂ったケダモノが倒れ込む女体を追ってドッグスタイルに体位を移行させる。

「うっ、ねっ、ネエちゃん、す、すっげえ、濡れてるよっ」
かあっ、やわらかけえっ…、すげっ、洪水状態だよっ…。
犬のように四つん這いになってお尻を突き出す美人姉を征服した満足感にのぼせあがり、体を起こして切なげにもだえる女体を見下ろした変態は、ピンクに染まった桃尻に両手をあてて広げると、あそこに突き刺さった息子がネチョネチョに濡れているのを見てうれしそうなバカ声を上げた。

「やっ、やめ、なさい…、あ、あっ、ああっ」
屈辱的なポーズで犯されながら心ならずも欲情している我が身に、姉としてのプライドを傷つけられた美紀だったが、変態弟が腰を振り始めるとリズミカルに頭を上下させて濡れ髪を踊らせ、メスの悦びをにじませたセクシーなあえぎ声を上げていた。

「んっ、くっ…、ねっ、ネエ、くっ、ちゃんっ…、気持ち、くっ…、いい、うっ、だろっ」
おっ、おおっ、絡んで、うほっ、くるっ、おおっ、いいっ、きもち、いいっ…。
血のつながった姉を陵辱する異常な興奮にまみれた変態は、愛液まみれの肉棒を出し入れするたびに絡みついてくる粘膜の気持ち良さにバカ面をさらし、興奮したうめき声に合わせて腰を忙しく回転させる。

「やっ、あっ、やだっ、あっ、ああっ…」
弟が姉を強姦する浴室ではパンパンと股間とお尻がぶつかる音に混じって、チュクニュチュとネットリした汁と粘膜が肉棒に絡む音が響いていた。激しい挿入にメスの官能を熱く煽られた美人姉はシットリした柔肌から汗を垂れ流し、四つん這いに力んだ四肢を震わせながら、成熟した女体を切なげに波打たせていた。

魔法のスティック (29)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:59:51 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2804-e3659f13
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next