FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (17)水マリあそび

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (17)水マリあそび

「うっ、いいぞ…、優しくな…」
ふわっ、気持ち、いいぞっ…、コイツ、実はヤリマンなんじゃ…。
モリオのカラダの上で四つん這いするシックスナイン体勢で、シワのよった尻アナから湿り気を帯びた秘所までモロ見せする淫らな天然ロリ美少女は、カワイイ舌で鈴口がぱっくり開いた先端を子猫のようにペロペロしていた。
くうっ、たまらんっ…、舐めてやるっ…。
期待以上の甘美な舌技にのけぞった変態上級生は、スベスベしたナマ尻を抱えるとツルツルのあそこの亀裂を舐めだした。

「きゃっ、ひいんっ…、だ、ダメですうっ、うきゃひゃっ…、そ、そんなとこ、うきゃあっ、き、きたない、ですう…」
あそこのスジと一緒にオシッコのアナもベロベロ舐められたこのみは、恥ずかしさの混じったよくわからない高揚感に、まだ幼さの残る肉感的な女体を大げさに震わせていた。

「気にするな、ちゃんと舐めろっ」
うへへっ…、グチャグチャ、ヌルヌルにしてやるっ…。
ロリな女体の甘酸っぱい味に息子の痛みなどすっかり忘れたモリオは、ニーソのトップから表面張力のようにプックリした太ももを抱えると、スジに舌を差し込んでナカのビラビラを嬲り倒す。

「ひっ、うああっ、やっ、このみっ、なんか、へんですうっ」
ピッタリ閉じたスジを舌で強引にめくられてスミからスミまで執拗に愛撫されたロリ美少女は、お口のご奉仕を忘れてはじめての快感に翻弄されていた。
「ああっ、せんぱあい、このみ…、きゃあああっ」
変態上級生がスジの隅っこにある白い突起の包皮を舌で丁寧に剥くと、悲鳴のようなあえぎ声を上げて感電したように全身をビクビク震わせたこのみは、ピッタリしたスジに隠れた膣口からピュッと潮を吹き、しばらくフリーズして凍りついていた。

「おい、どうした、しっかりしろ」
身動きしないこのみの下から体をズリ上げたモリオはあぐらをかくと、硬直したままのこのみを抱き上げた。
「だいじょうぶか、返事しないとチューするぞ」
ティディベアのように四つん這いの姿勢のまま四肢を前方に伸ばしたこのみが返事をしないので、強引に顔を横に向けさせた変態上級生はプックリしたうまそうな唇に吸い付こうとした。

「あっ、このみ、気絶してましたあっ…、このみ、ダッコされちゃってますうっ」
突然息を吹き返した天然ロリ美少女は、反り上がろうとする分身がスジをめくって食い込んでいるのも気にせず、モリオのひざの上で女の子座りして幼い横顔にうれしそうに目を細めていた。

「ちっ、そろそろ、治療本番だ」
ちゅーはあとだ…、処女マ○コ、いただきだぜっ…。
美少女のツバをまぶされた息子が食い込む変態高校生のツバでネチョネチョのスジに、ケダモノじみたどエロな衝動を煽られたモリオは、見た目以上に容量のある乳房を両手でモミモミしながら、治療に名を借りたナマ本番突入をたくらんでいた。

「あっ、そうでした…、このみ、ペロペロが、うまくできなくて、ごめんなさあい…」
スケベな手で制服の上から胸を揉まれても特に反応しない天然美少女は、命令されたお口の奉仕がちゃんと出来なかったことに落ち込んでいた。

「ああ…、馬肉がねんざに効くって知ってるか」
「??…、ばにくなんてえ、ありませんよ」
「だから似たもので代用するんだ」
「なるほどおっ、さすが、せんぱいですう」
「ここに、コレを挟んで治療しろ」
落ち込む天然美少女を後ろからダッコして豊満な肉体をなで回しまくって楽しむどエロ少年は、めちゃくちゃな理屈で余裕のある制服に覆われた二つの特大水マリを揉み砕きながら、ロリ美少女のスジに食い込む暴れん棒を目配せした。

「??…、このみの胸で、せんぱいのお…、はさむんですかあ?」
「そうだ、さっさと服脱げ」
「ええっ、はずかしいですう…、でも、ちりょう、ですからあ…、このみ、がんばりますうっ」
胸を嬲られても何も感じてないかのようにロリ顔で応えるこのみは、ハダカになるのを恥ずかしがって女の子座りの足をパタパタさせて息子を刺激したが、治療のためだと自分に言い聞かせるとワキの下のジッパーを上げて上衣を脱いだ。

「よし、イイ子だ、じゃあ、挟むから、さっきみたいにペロペロしろよ」
うへっ、ベージュのババ臭いブラだけど、コイツのサイズだと、こんなのしかないんだな…、実物、すげっ、でけえよっ、うひょひょっ…
Gカップは確実にありそうなデカイブラにニンマリしたエロ上級生は、背中に手を回してホックを外すと、ブルンと大きく揺れて出現したデカメロンの深い谷間にうれしそうに息子を差し込む。

「あんっ、なんか、へんなきぶんですう…、あっ、かわいい、せんぱいの…、ちゅっ…」
パイズリを強制された下級生は恥ずかしそうにはにかんだが、谷間から首を出したタートルネックにはしゃいだ声を上げるとカワイイ唇で軽くキスして、ペロペロ舐めはじめる。

「ぬ…、んんっ…、いっ、いいぞっ、つづけろっ」
はあっ、いいぞ、きもち、いいっ…。
モリオが股間を胸の下から押しつけて息子を挟んだ温かい特大水マリを両側から圧迫し、先端を口に含んでクチュクチュするこのみの唾液が谷間に垂れる。
はああっ…、乳首…、ツンッ、と、出てるな…。
ヌルヌルした谷間の弾力にサオをこすり付ける気持ち良さにバカ面をさらす変態上級生は、血走ったどSな興奮にまみれた目で、腰を上下させるたびに上下左右に揺れる勃起した乳首を見おろしていた。

魔法のスティック (18)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:54:06 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2793-9fbf0f14
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next