FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (11)美代ちゃんとラブラブ

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (11)美代ちゃんとラブラブ

「先生、気持ちよかっただろ」
美代ちゃん…、すっげえ、エッチな顔だよ…、またでかくなっちまう…。
ナマ本番ナマ出しされた美代の官能の悦びにまみれた艶めかしい表情を、間近に見つめるモリオは発射後で脱力したチンポをヌルヌルヒダヒダ粘膜に締めつけられて、天にも昇るような極楽気分で有頂天だった。

「や、言わないで…」
スケベな笑顔で見つめるモリオに恥ずかしそうに顔をそらして横を向いた美代だったが、ナカでしぼみはじめた息子をキュッと締めつけた。

「うっ…、先生はもう、オレの女だ、わかったか」
うひっ…、毎日、ズッコンバッコン、やりまくってやるからな…。
半立ちチンポを膣圧でネットリ締めつけられた妄想変態高校生は、絶頂の余韻でかすかに震える艶めかしい女体をまさぐりながら、妄想の世界ではさんざんやりまくってきたあこがれの先生をリアルに我がモノにした満足感にご満悦で、天井に向かってピンと突き出た乳首をクリクリしてどSな加虐色情を昂ぶらせていた。

「あ、あんっ、それは…」
乳房の敏感な部分の愛撫に汗がにじんだ女体を震わせて甘えた吐息を漏らした美人教師は、しかし生徒との禁じられた関係に道徳心をチクリとされていた。

「逆らってもムダだ…、オレに逆らったら、先生の恥ずかしい写真、学校中にばらまくからな」
恥ずかしい写真なんてないけど、後で撮ればいいだろ…。
常識にとらわれて尻込みする美代に守は口からデマカセで脅していた。

「ああ…、わかりました…」
リムーバブルチンポを挿入されたエロボケ状態で写真を撮られたかどうかよくわからない美代は、憎々しげな表情で迫ってくる生徒の脅迫に屈していた。

「よし、これから二人きりの時は美代ちゃん、って呼ぶからな…、美代ちゃん、2時間目はいいのか…」
うへへっ、美代ちゃんとラブラブだぜ…。
従順で美しい性奴隷をゲットした変態高校生はだらしなく顔を緩めてご機嫌だった。寝ても形の崩れないスベスベした乳房をモミモミしてバカ笑いするモリオは、自分がサボらせたくせに人ごとのように2時間目の心配をしていた。

「あ…、2時間目は空きコマだから…、じゃあ、私はモリオくん、って呼ぶね…」
モリオのうれしそうなバカ面に美代も表情を緩めると、心配してくれたのがうれしかったのか恋人気分の甘えた声でささやく。

「…、モリくんにしてくれ」
それじゃカアちゃんだよ…、美代ちゃん、モリくんか…、ラブラブだぜっ…。
母親と同じ呼び方に一瞬表情を曇らせたエロ高校生だったが、たいして変わらない呼び方をリクエストしてうれしそうにニヤけた。

「うん、モリくん…」
エロ高校生のニヤケ面にうれしそうに笑った担任教師は、ナカで再び元気を取り戻した肉棒を無意識にキュッキュッと締めつけていた。

「…、2回目…、するぞっ」
もう一回、いいかな?…、いや、ココは強気に…。
ザーメンまみれのヒダヒダ膣壁にチンポを締め上げられてスケベ心をそそられた変態高校生は、再戦をお願いしようとしたが強引に行くべきだと思い直し、ワザと表情をこわばらせて美代をにらんだ。

「あんっ、うん…、して…」
迫ってくる変態生徒の真剣な顔にどMな変態性癖をチクチクされて、半ムケチンポを咥え込んだあそこからイヤらしい汁を垂らした美人教師は、甘えた声で抜かずの2発目をおねだりしていた。

「おらっ、うっ、くっ、うっ、おおっ」
やってやる、うっ、いいっ、きもち、いいっ…。
長いまつげを誇示するように目を伏せたエロかわいい美代に、ケダモノじみた本能に支配されたモリオは、ムッチリした太ももを抱え上げると揚羽本手の体勢で腰を振りまくった。

「んっ、あっ、あっ、あっ、あっ、いっ、いいっ、ああっ」
柔らかい女体を折り曲げられて突きだしたマ○コが、血管の浮き出た肉棒に広げられて激しく突かれる。抜け出す息子にヒタヒタに塗りつけた愛液をシブキになって、二人の股間をネチョネチョに濡らしていた。

「あんっ、モリくん、いいっ、いいのっ、きもちいいっ」
パンパンと肉がぶつかり合う音を立てて激しく挿入される快感に、若い肉体をよがらせてもだえる美人教師は、モリオのシャツのボタンを外して薄い胸板をまさぐりながら、甘えたセクシーなあえぎ声でエロ高校生の鼓膜をくすぐり、ケダモノじみた劣情を煽っていた。

魔法のスティック (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:23:40 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2787-a85052cf
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next