FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (7)実験成功?!

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (7)実験成功?!

そろそろ、いいか…。
妄想の中では半裸に剥かれて辱められた美代だったが、もちろん現実の美代は普段通り授業を続けている。エロ妄想が佳境に入ったモリオは超常現象を確かめるべく、ナマ本番の妄想を開始した。

パンティを脱がせて、オレのビンビンの息子を…。
リアルな美代の艶めいたタイトミニのお尻を視姦するモリオは、妄想の中ではスカートをウエストまでズリ上げた美代のカラダに後ろからしがみつき、シットリしたお尻のナマ肌がパックリ割れたワレメにカリを差し込むと、濡れたスジに先端をすりつけて膣口を探る。

「あ…、ご、ゴメンなさい…」
勃起した息子の先端にヌルッとした柔らかい肉の感触を感じた瞬間、教壇で板書していた美代はガクンと女体を揺らし、黒板にチョークを押しつけて折ってしまった。折れたチョークを前屈みに拾った美代は、タイトスカートを丸く突っ張らせたお尻に不安げに手を当てていた。

やっぱ、そうなのか…、入れてやる…。
現実の美代の反応を見て超常現象をリアルに感じたモリオは、再び妄想の世界に没頭するとスベスベしたお尻のワレメの奥に肉棒を突きつけて、カリを膣口に食い込ませていた。

「あ…」
カラダの異変を気のせいだと自分に言い聞かせて板書を再開した美代だったが、再び敏感な亀裂に食い込んでくる肉棒を感じてチョークを持つ手の動きが止まった。

うへっ…、入れちゃうぞ…。
オマタをキュッと締めつけて教壇で身動きしない美代の悩ましげ後ろ姿に被虐色情を熱くしたモリオは、いきり立つチンポを濡れた亀裂の入り口にグイッと挿入した。

「あんっ…」
半ムケチンポがヒダヒダの粘膜をかき分けて膣に侵入するナマ本番感覚に浮きたつ変態高校生は、教壇にしゃがみ込んで苦しそうな吐息で艶めかしく女体を震わせる美人教師を、イヤらしい目で眺めながらワクワクしていた。

やっぱ、そうなのか…、すげえっ…。
妄想の世界で何度も弄んだ担任教師をリアルにもだえさせる興奮でモリオは有頂天だった。加虐色情にまみれたエロ高校生は湿った粘膜に包まれたチンポをゆっくりと出し入れした。

「んっ…、あ…、ああ…」
教壇にしゃがんだ美代はその動きに合わせて苦しげに背中を上下させ、後ろに回した手であそこを押さえていた。現国教師の異変に教室内はざわつきはじめたが、ハナからエロい目で見ていた男子はしゃがんだ女体から漂う蠱惑的な雰囲気に股間をふくらませていた。

ちょっと、やりすぎたかな…。
美代は教壇でうずくまったまま立ち上がれそうにない。ヤリ過ぎを反省したモリオは粘膜に包まれたチンポの気持ち良さを堪能しながら挿入を一時中断した。

「あ…、ご、ごめんなさい…」
ナマ本番で半ムケチンポを挿入される刺激から一時的に解放された美代は、なんとか立ち上がるとムリに笑顔を作って取り繕うと
「…さん、…ページから読んで」
教科書の朗読を指示して教室を歩き始めた。

来たぞ、それっ…。
けだるげに歩を進める美代を盗み見するモリオは、最後列の自分の席を通り過ぎるタイミングを計っていた。
「ひっ…」
美代が真横に立ったタイミングで挿入を再開すると狙い通り美代は腰砕けによろけてモリオに寄りかかってきた。

「先生、大丈夫ですか?」
はあっ、いい匂い…、やわらけえ…。
崩れ落ちる女体を抱きとめたモリオは着痩せするカラダに感触を楽しんで、みんなから見えないように胸をタプタプ揺らした。

「あんっ…、あっ、ごめんなさい…」
胸に食い込む指に小さくあえぎ声を漏らした美代は慌てて立ち上がった。教壇に戻ろうと背を向けた美代はいったん振り返って不安そうにモリオを見たが、何かを振り払うかのように頭を振ってサラサラした髪を踊らせると教壇に戻っていった。

魔法のスティック (8)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:27:46 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2783-8467cefe
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next