FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (3)姉に欲情する弟

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (3)姉に欲情する弟

はあ…、きもちいい…。
混雑した電車にカラダを滑り込ませた美紀に続いてモリオも電車に自分を押し込んだ。姉のナイスバディに後ろから密着する弟はいい匂いのする髪に顔を埋めて、お尻の位置に下ろした手で柔らかい弾力を楽しんで股間をふくらませていた。

オレって、幸せ…。
デニム生地は思ったより柔らかくて手の平にお尻の柔らかい弾力が伝わってくる。十人並みの容姿で同年代の女の子から相手にされない人生を歩んできたモリオは、美人姉のナイスバディにのぼせ上がってやはり十人並みの股間をビンビンに固くしていた。

「モリオ、こっち」
弟のイヤらしい妄想を知ってか知らずか美人姉は無表情に振り返ると、前に来るように引っ張った。
「あ、ああ…」
えっ…、うへへっ…、ネエちゃん、気持ちいい…。
満員電車の人混みの中でなんとかカラダを移動させたモリオは、ナイスバディと正面から密着する形になって、固くふくれあがった股間をデニムミニスカの股間に押しつけていた。

オッパイ…、きもちいい…。
姉の柔らかい肉体にスケベ根性をふくらませた変態弟が、下に向けた視線でキャミからはみ出しそうな乳房と深い谷間を見つめて、エロボケ状態で乳房に手を伸ばすと
「(手はこっち)」
怒ったような恥じらうような小さな声が耳のすぐ近くでして、デレデレする弟のまだ薄い胸板に押しつけられてひしゃげた下乳を、指先でイジっていた手がお尻に回された。

「え…」
いいのか?…、はあっ、きもちいい…。
満員電車で抱き合ってキレイなお尻を抱える形になったモリオが、魅惑的な女体の感触にドキドキしながら美紀に聞き返すと
「(痴漢に触られないように…、ネエちゃんを、守りなさい)」
ニヤケ顔で見つめる弟から目をそらすように切れ長の目の目線をズラした姉は、ささやくように耳元につぶやいた。

「(ネエちゃん…、痴漢されてるの?…)」
電車の中で…、ネエちゃん…。
ナイスバディをスケベオヤジになで回されてもだえる美紀を妄想して、股間のソレをビクビクと震わせた変態弟は、いい匂いが漂うサラサラヘアに口をツッコンでエッチな興奮で腰をゾワゾワさせながら聞いた。
「(…、いつもよ…、だから、アンタがネエちゃんを守りなさい)」
弟のスケベなささやきに心持ちうわずったつぶやきを漏らした姉は、欲情した高校生のカラダに回した手でギュッと抱きついてきた。

「(ふ~ん、わかった)」
オレを男だと思ってネエな…、感じさせてやる…。
艶めかしい女体の気持ちいい感触に淫らに妄想にまみれたモリオは、お尻を包み込んだ手をジリジリと下げてデニムミニのスソをまくり上げた。
「(あ…)」
ミニスカに入り込んだ手で太ももの根本をイジられた姉は、色っぽいささやきを弟の耳元に漏らしたが、グロスが妖しい輝きをにじませるセクシーな唇をギュッと結んで黙った。

はあっ、たまらん…、痴漢って、こんな感じか…。
痴漢気分でミニスカに手を忍ばせたモリオは姉の魅惑的な女体に理性を無くし、劣情まみれの手でピンクパンティの上からお尻を揉みまくった。抱き合った形で頬を寄せ合う美紀の表情は見えないが、耳元で切なげな吐息がしてそれがますます劣情を煽り立てる。

ココが…、え…、湿ってる?…、ネエちゃん、興奮してんのか?…。
ふくらんだ股間を柔らかい女体に押しつける変態弟はお尻を両手でグニグニして、心地いい弾力をさんざん弄んだあとワレメに沿って指をすすませると、大事な部分に到達していた。パンティの縫い目を通り過ぎて二重になった部分に触れると、指先にヌルッとした感触があった。

いいのか?…、でも、ネエちゃん、ナニもいわねえし…。
耳元では相変わらず切なげに吐息が聞こえるだけで美紀は何も言わなかった。ドキドキしながら濡れたパンティに指の腹を押しつけると、脇から背中に回された手がギュッと締めつけてきて、キャミからあふれそうなほど乳房が押しつけられた。

ネエちゃん、いいんだな…、イカせてやる…。
官能の刺激にジッと耐えて悩ましげな吐息を漏らす美人姉に理性を吹き飛ばされて、妄想と現実をゴッチャにしてビンビンに勃起した息子の欲望に支配された変態弟は、二重になった部分をめくるとヌルヌルに濡れた柔らかい肉に指先をこすり付けた。

魔法のスティック (4)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:37:08 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2779-148bc07c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next