FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (65)冴子の提案

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (65)冴子の提案

「落ち着いた?…」
静かになった?…、そろそろいいかしら…。
泣き疲れるまで少女の背中を優しくなでていた冴子は、ようやく嗚咽が収まったのを見計らって声をかけた。

「うん…、せんせい、ゴメンね…、変態なんて、言って…」
顔を上げて涙で濡れた頬をぬぐう美少女は、優しくしてくれた精神科医にさっきの暴言を詫びていた。

「え…、あ、あれね…、変態よね…、恥ずかしいわ」
あちゃあ…、しっかり、覚えてる…、そうよね、別人格の体験じゃないんだから…、当然だわ…。
つかの間忘れていたSM衣装のコトを持ち出された淫乱女医は、あそこにしっかりと咥え込んだニセチンポにどMな被虐色情をチリチリと刺激されたが、それを顔に出さないようにして照れ笑いしていた。

「せんせいも、男の人にひどいコト…、されてるんでしょ…、なのに、変態なんて言って…、ホントにゴメンなさい…」
どMな変態性癖を自覚する淫乱女医の照れ笑いを、自分に対する優しさだと勘違いした美少女は心から反省し、立ち上がって大きく頭を下げて盛大にパンチラしていた(診察室には冴子と久美しかいないので、誰かに目撃されることはなかったが)。

「えっ、そんな…、いいの、わかってくれれば…、それより、久美さんはもうお父さんと、一緒に暮らさないほうが、いいと思うの…」
根は素直でイイ子なんだわ…、そんなことより、やっぱり、DID(解離性同一性障害)を直すには、原因から遠ざけないと…。
恐縮してかしこまる久美を丸イスに座るように勧めた冴子は、DIDの根治には父親から引き離すのが一番いいと考えた。

「え…、そう…、ですよね…」
両親の不仲は自分が原因だと痛いほどわかっている久美は、親から引き離すという一見乱暴な案に理性では納得していたが、やはり家族と離れがたく思っているようだ。

「そうよね、そんな簡単なコトじゃ無いことはわかってる…、でもね、久美さんがこれ以上、お父さんにひどいコトされるなんて…、ガマン出来ないの」
家族と離れて暮らすなんて、悲しいコトよね…、でも、お父さんに弄ばれるなんて、絶対許されないことだわ…。
逡巡する久美に冴子は真剣に説得していた。両親から守られるべき子供が、性欲に狂った父親に陵辱されて母親から恨まれるなんて家庭環境は、絶対に認められなかった。

「…、わかりました…」
冴子の真剣な説得は久美に決心させた。まじめな顔でジッと見つめる冴子を信じることにした久美は、家を出ることを承諾した。

「よかった…、こういう場合は虐待として児童相談所に相談するんだけど…、児童っていっても18歳未満が対象だから、久美さんは当然対象になるの…、悲しいことだけど久美さんのような女の子は、いっぱいいて…、だからそういう子を保護するための施設はちゃんとあるのよ」
わかってくれた、よかった…。
家を出ることを納得してくれた久美に安心した冴子は、性的虐待された子供を保護する施設について説明していた。

「…、施設に入るんですか?」
養護施設の具体的なイメージが湧かない久美は、刑務所のような場所を想像して尻込みしていた。

「そうよ、もちろんいろんな手続きがあるから、すぐにってわけにはいかないけどね」
虐待認定とかいろいろあって、時間がかかるはずだわ…。
養護施設が久美のためだと思い込んでいる冴子は、彼女の不安に気付かずに施設に入れる前提で説明を続けていた。

「恐い…」
刑務所のような場所で虐待される妄想をして怯えきった久美は、冴子の説明など上の空だった。
「え…、恐くなんてないのよ」
?…、どうして震えてるの?…。
不安げな声に久美を見つめた冴子は、やせ気味のカラダがガタガタ震えている事にやっと気付いた。

「やだ、行きたくない」
「困ったわね…、そうだ、今日はウチに来ない、私ひとり暮らしだし、遠慮しないで」
そうよね、いきなり施設に入れられるなんて、イヤよね…、どうせすぐにはムリなんだし、今日はウチに泊まってもらいましょう…。
頑なに拒む少女に意外な想いさえ抱いた冴子だったが、このまま家に返してみすみす変態父親の餌食にすることだけは出来なかった。安直な結論だったが虐待という同じような経験をした少女に親近感を覚えていた冴子は、友だちを泊めるような気軽さで自宅のマンションに来るように勧めていた。

親戚の家に預けるという選択肢もあったが、自宅に連れ帰ると決めた冴子にはそこまでの考えを廻らすことは出来なかった。

「えっ、いいんですか?」
お気楽女医の提案に表情を明るくした美少女は、すがるような目で冴子を見つめていた。

女医冴子 (66) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:58:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2772-725a9e0e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next