FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (64)悲しい叫び

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (64)悲しい叫び

「先生、かわいいね…、たべちゃおかな…」
カワイイ指先の愛撫に反応して官能の悦びにもだえる美人ドクターをねめつけたマリは、細めた目に妖しい輝きを宿して加虐色情をムキ出しにし、SMブラで突きだした乳房の先端を口に含んで舌先でコロコロ転がした。

「ああっ、だ、だめ…、やあ…、ああ…」
あんっ、ああっ、そこ、ああっ、い、ああっ、だめえ…。
中途半端に白衣を脱がされて黒いラバーブラヒモが食い込んだ白い肩をむき出しにされた冴子は、乳首を愛撫するネットリした舌先の快感にもだえ、湿ったガーターストッキングの太ももを頼りなげに震わせていた。

「ふふっ、いい顔してるね、せんせい…、あれ、こんなのもあるんだ…」
快感によがる淫乱女医の切なげな表情を間近に見上げて妖しい笑みを見せるマリは、ペニパンが食い込んだオマタに指を忍ばせるとバイブの底面にあるスイッチに気付いた。

「え、ひっ、あっ、ああっ、だ、だめっ、あっ、いっ、いいっ…」
なに?…、あっ、うっ、グニグニと、あひっ、動いて…、あっ、いいっ、だ、ああっ…。
電動バイブのスイッチを入れられた冴子は、女体の芯から湧き上がる快感の波に耐えきれないように、成長途中のマリのカラダにしがみついたが、たまらずにその場にしゃがみ込んで膣ナカで暴れ回るニセチンポにもだえていた。

「あらら~、せんせい、感じやすいんだね…、はい、切ったよ」
床にみっともなくしゃがみ込んでもだえる淫乱女医にニンマリ笑ったマリは、お尻側に回ってオマタに手を入れるとスイッチを切った。

「あ、はあ…、ああ…、もう、やめて…、お願い…」
あ、ああっ、止まった…、はあ、ああっ、まだ、あんっ、イケてない…、助けて、おかしくなっちゃう…。
膣壁を荒らし回ったバイブで官能的な妖しい吐息にまみれた冴子は、中途半端な刺激に欲情した女体をうずかせていた。発散されない淫らな欲望を熱く火照った女体に抱え込んだ変態女医は、恨めしそうな目でマリを見上げていた。

「ふうん…、せんせい、もっと、して欲しいの?…、せんせいって、ドスケベなんだね」
白衣を乱した半裸体にどMな被虐色情を漂わせた冴子に、マリはどSな興奮を覚えて若い女体をゾクゾクさせていた。床にうずくまる冴子の後ろの立って甘い吐息でピンクに染まった頬を熱くしたマリは、発情した女体のうずきにもだえる冴子を言葉責めして、淫靡なシワを作ったコットンパンティをネットリ濡らしていた。

「ち、ちがう…、あ、アナタは、病気なの…、治療しないと」
ああっ、だめ、流されちゃ…、ああっ、この子を、直さないと…。
精神を支配しようとするみだらな欲望に医師としての職責で抵抗する冴子は、なんとか立ち上がるとイスに座って乱れた白衣を合わせた。

「マリは病気じゃないわっ、ネンネの久美を守ってあげてるんだからっ」
扇情的なスキマを見せるセクシーな唇から艶めかしい吐息を漏らして肩を震わせ、肘当てにすがってなんとか自分を支える冴子に、急に興奮したマリが気色ばんで迫った。

「そっ、そうね…、久美さんを守ってるのね…、でも、お父さんのひどいコトが、無くなれば…」
ああ、マリは久美の抑圧された心の解放、なんだわ…、はあっ、でも、父親の暴力が無くならないと、解決にはならない…。
淫らな欲求にかろうじて抵抗してうつろな表情を見せる精神科医は、マリの存在は父親の性的暴力が前提なのだと再確認していた。

「い、いいじゃない…、パパ、喜んでるんだから…、マリにイヤらしいコトした後…、パ…、お父さん…、や、優しく、なるのっ」
DID(解離性同一性障害)の根本理由を指摘されたマリには、ふてぶてしい表情が消えて迷子の子供のような不安げな様子がありありと見えた。泣き出しそうな少女はミニスカのスソをギュッと握って、懸命になにかに耐えているように見えた。

「…、マリさん…、いえ久美さんは、優しい子なのね…、でも、お父さんとなんて、許されないことなの…、お母さん、悲しんでるわ」
久美は父親に襲われたショックで、マリを作り出した…、でもそれは自分さえガマンすれば、という自己犠牲の気持ちが強いからなんだわ…。

マリから久美にキャラ変換しそうな気配を感じた冴子は、久美が父親の無軌道な性欲を受け入れるほど優しい気持ちを持っているのだと痛感した。みだらな欲情でうずく女体を理性で押さえ込んだ精神科医は、困惑する少女をなんとか助けたくて本心から訴えていた。

「お、お母さん…、うっ、ううっ…、お母さん、ゴメンなさいっ」
冴子の真剣なセリフにビクッと震えた久美は、夫を娘に奪われた妻としての母親の気持ちを痛いほど理解していた。母の怨嗟のこもった視線を思い出した久美は、とうとう泣き出して冴子のひざにすがりついた。

「泣かないで…、久美さんは、なにも悪くないのよ…」
父親の虐待さえ受容する包容力のある少女の身を切るような慟哭が診察室に響いていた。男の身勝手な欲望に翻弄された少女の救いようのない深い悲しみに、やりきれなくて心が引き裂かれそうな冴子は、涙がこぼれそうなるのを懸命にガマンして震える背中を優しくなでていた。

女医冴子 (65) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:48:16 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2771-8c9254ba
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next