FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (59)更正した?少年

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (59)更正した?少年

「ああ…、どう?…、はあっ、いいでしょ…、これが、あんっ…、リアルな、うっ、女よ…」
あんっ、はあっ、いいっ、もっと、ついてえっ…。
発情したナイスバディにのめり込んだエロボケ少年の半ムケチンポを、いやらしくヨダレを垂らした下の口で咥え込んだ冴子は、柔肌を悩ましげにうねらせて快楽を貪っていた。

「あっ、はあっ、あっ、きもちいいっ、ですっ」
診察台に腰を下ろして惜しげもなくさらした女体に抱きついた変態妄想少年は、生まれて初めて味わうリアルな官能にうわずった声を漏らし、ぎこちなく腰を振って半ムケチンポの出し入れに熱中していた。

「はんっ、ああっ、いいっ、もっと、ああっ」
はあっ、皮カムリの、ああっ…、おちんちんも…、あんっ、いいわっ…。
しがみついて懸命に腰を振る少年の背中を優しく抱いた冴子は、はしたなく広げたオマタの中心に忙しく出入りする肉棒にもだえ、白い天井を仰いだ美しい顔にエロかわいい表情を浮かべていた。

「あ、ああっ、くうっ…」
「あっ、まだ、まだよっ」
「うっ、あ、ああっ…」
経験したばかりの若いカラダは美人ドクターの官能的な女体にガマン出来ず、早くも絶頂に達していた。顔をしかめて唸る少年にナマ出しを予感した冴子は、まだまだお淫らな楽しみを続けたくて肉付きの薄い腰を押さえたが、勢いの止まらない半ムケチンポはあっさり射精していた。

「あんっ…、どう、よかったでしょ…」
もう、早過ぎよ…、若いからって…、モテ無いわよ…。
早すぎた放出に不満気味の淫乱女医だったが、それを顔に出さずに荒い息にまみれた少年に優しい笑みを向けていた。

「は、はあ…」
2回目の本番を経験した少年は柔らかい女体に抱きついたまま、とろけそうな官能と射精の気持ち良さを反芻し、湿った吐息を漏らしてだらしないバカ面をさらしていた。

「そろそろどいて…、そこに座って、キレイにしてあげる…」
まだ、出来るよね…、若いし、大丈夫よね…。
まだ満足出来ない淫乱女医は寄りかかってくる少年を優しく押しのけると、丸イスに座らせて濡れた唇を差し出してダランとした息子を口に含んだ。

「あ、そんな、ああっ…」
欲情にまみれた妖しいオーラを発散する冴子の艶めかしい舌使いにのけぞった少年は、こもったうめき声を上げて苦しげにもだえていた。

「ふふっ…、?…」
どう、気持ちいいでしょ…、あれ、元気にならない…。
少年のもだえる声をうれしそうに聞いてますます舌技に精を出した冴子だったが、2度の放出でありったけのザーメンを放出した皮カムリチンポはピクリとも反応しなかった。

「キレイになったわ…、はいていいわよ」
もう、ダメなの…、若いのに…、まあ…、しょうがないか…。
ヘニャチンにしばらくお口の奉仕を捧げた冴子だったが、反応がないのにあきらめて乱れた白衣を直すとイスに座り、欲情した女体を押さえ込むようにたわわな胸の下で腕を組み、美脚を見せつける様に足を組んだ。

「はい…」
ニンフォマニアな冴子の不満を無意識に感じているのか、極上のフェラを捧げられても反応しないフニャチンを申し訳なさそうにしまった少年は、またうつむいて下を見ていた。

「どうでした?…、ホンモノの女は?…」
見てる…、私の脚…、見てるわ…、あんっ、漏れてくる…。
うつむいた視線をガーターストッキングの太ももに感じてどMなメスの昂ぶりを熱くする冴子は、ドロッとしたザーメンがあそこから沁み出てくるのを感じて組んだ脚をキュッと締めつける。

「はあ…」
「これでもう、変な妄想しなくてもいいでしょ」
「あ、あの…」
「なあに…」
ズゴイ見てる…、また犯されちゃう、のかしら…。
相変わらずはっきりしない少年だったが、意を決したように顔を上げると思いつめたような目で冴子を見つめた。少年の熱い視線にメスの本能をざわつかせた淫乱女医は、淫らな期待であそこからザーメン混じりの愛液を漏らしていた。

「また…、いいですか?…」
佐伯少年の細いカラダはかすかに震えて見えた。遠慮がちなしかし強い意志のこもった声に
「いいですよ、これも治療ですから、でも、絶対にヒミツにして下さい、バラしたら…、わかってますね…」
またしたいんだ?…、あ…、次の診察ってこと?…、なんだ…、でも、ちゃんとクギを刺しておかないとね…。
どMなメスの欲情を燃え上がらせた冴子は次の機会だと気付いてガッカリしたが、キレイな顔に優しい笑みさえ浮かべ、しかし切れ長の目で鋭い視線を浴びせて淫乱治療を秘密にするように念を押していた。

「え、あ、はい…、わかってます…」
美人ドクターのキツイ視線にビクッと震えて姿勢を正した少年は、真面目な顔でうなずいていた。

「早くホンモノの恋人が出来るといいですね…、気持ちが落ち着くクスリを1週間分出しておきます、来週また来て下さい」
もう、お母さんに、変な妄想しないでしょ…、来週待ってるわ…。
ニッコリ笑った淫乱女医の笑顔にエッチな雰囲気を感じた少年は、ちょっと恥ずかしそうに顔を伏せたが、カワイイ笑顔でうなずくと診察室を出て行った。

女医冴子 (60) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:44:53 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2766-7706e69e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next