FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (37)あっという間の初体験

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (37)あっという間の初体験

「う…、あ、あったかい…」
癇癪を起こしてキツ視線を向ける美人女医に勃起した息子を握られた岸は、生まれて初めてのナマ本番にキョドっていたが、発情した女体からにじみ出る妖しいフェロモンに誘われて腰を突きだし、診察台に腰を下ろしてM字開脚する太ももの中心部に突き刺した。

「あ、はあ…、いいわ、動いて…」
ああっ、やっと、おちんちん…、入れてくれた…、世話のかかる…、でも、おっきくて、気持ちいい、…。
尻込みする童貞青年にムリヤリ接合を強制した淫乱女医は、ネットリ濡れた秘肉をかき分けて侵入する肉棒を迎え入れるように腰を突きだして咥え込むと、切なげに顔をしかめてのけぞっていた。

「は、はい…、抱きついても、いいですか」
媚態を見せる美人医師に見とれて腰だけ突きだした純情青年は、艶めかしい女体からダダ漏れするフェロモンを思いっきり吸い込み、膣に突入させたズルムケチンポをこれ以上ないほど勃起させていた。

「いいわ、オッパイも、吸って…」
あんっ、おっきい…、はあ、いっぱい…、すきにしてえ…。
腰だけを突き出す不自然な姿勢で見下ろす青年の、ビンビンふくれあがったチンポで膣壁を引き裂かれそうに広げられた冴子は、甘えた声を漏らして大胆に足を広げると艶めかしい脚線美を絡めて、尻エクボを作った腰に回して引き寄せる。

「んっ、ああっ、おっぱい、おいしいですっ」
童貞勤労青年は極上の女体で体験する初めての官能に狂っていた。形のいい乳房を握りしめた岸はツンと突き出た乳首に吸い付くとチューチューと吸いながら、まとわりつく脚線美に引き寄せられるまま腰をグラインドして、愛液でヒタヒタの肉棒を出し入れして快感を貪っていた。

「あ、あんっ、いっ、いいっ」
あんっ、おっきい、おちんちんが、はあっ、出たり、入ったり…。
乱暴に乳房を愛撫される倒錯した悦びによがる美人医師は艶めかしく腰を波立たせ、ヌチュチュブといやらしい音を立てて出入りするぶっとい肉棒を、ヨダレを垂らす下の口で味わっていた。

「あっ、はあっ、うっ、くっ…」
肉感的な女体に童貞青年はあっさり降参した。尿道を突然こみ上げる熱い粘液にのけぞった岸は、デカチンをさらに含ませるとビクビクと全身で震えて、欲情する女体に大量のザーメンを注ぎ込んだ。

「あっ、熱い、あっ、ああっ…」
あんっ、いきなりっ、はあっ、熱い、はあっ、いっぱい…。
ドクドクと脈動するデカチンを膣で感じる冴子は、射精で緊張する腰を自ら引き寄せて先端を子宮口に食い込ませると、熱い粘液を子宮で受ける快感に美しい顔をゆがめてのけぞっていた。

「ううっ…、あっ…、で、でました…」
ありったけの欲望を快感にもだえる艶めかしい女体に注ぎ込んだ勤労青年は、腰を突きだした不自然な姿勢で湿った女体をまさぐりながら、放出の満足感を味わっていた。

「出たね…、はあん…、キレイにしてあげるから…、座って」
あんっ、早かったけど…、まだ、出来るでしょ…。
貪欲な色欲異常者となった美貌の女医は初めての体験を経て満足そうに惚ける青年を診察台に座らせると、ダランとした息子の復活を願って口に含むと厚めの唇でサオをシゴキながら、バキュームフェラで軟弱なおちんちん全体を吸引しながら、レロレロと鈴口とカリを舐め上げていた。

女医冴子 (38) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:20:49 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2739-e58e707f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next