FC2ブログ

== セレブ女子有華 ==

セレブ女子有華 (12)公園の木立で

ろま中男3 作品リスト
セレブ女子有華 目次

セレブ女子有華 (12)公園の木立で

「へっ…、あ、じゃあ、こっちに」
あれ、なんで隠すんだ…、見て欲しいって…、あ、そうか、ここじゃ、恥ずかしいのか…。
お尻を押さえて振り返ったまま身動きしない有華に、しばらく見惚れていたエロボケ誠次だったが、やっと往来での破廉恥な行為に気付くと、カワイイ手をいきなり掴むと目の前の公園に連れ込んだ。

「あ…、あんっ…」
ああんっ、やっぱり、わたし…、この子に、連れ去られて、陵辱のかぎりを…。
グリップの強さにますますあそこを熱くする妄想美少女は、引かれた手に前のめりになってまくれ上がりそうになるミニスカのお尻を押さえながら、変態少年に犯されまくる妄想で頭をいっぱいにして、あそこから溢れたいやらしいおツユでナマ太ももをネチョネチョに濡らしていた。

あのガキ…、思ったより、ヤルなあ…。
気付かれないように二人に近寄っていた奥村は、言われたままにスカートめくりした童貞高校生に笑いが押さえられなかった。そして誠次が急に有華を連れ去ると、次のまぐれ調教を妄想しながらこっそりついていく。

「じゃ、はあっ、じゃあっ、見せて」
通りから目隠しになる木立の中に入り込んだ妄想少年は、有華がハダカのお尻を見せたがっているという奥村のデタラメを信じ込んで、エサを目の前にして息を荒くしてヨダレを垂らす飼い犬のようにうれしそうに笑っていた。

「…、は、はい…」
見せろって…、やあ、スゴイ興奮している…、見せなかったら、きっと、有華を殺して…、それから犯すつもり…、なのね?…。
童貞少年の素朴なおねだりを変質者の命令と受け取った有華は、言う通りにしなかったら自分が殺され、グッタリと弛緩したカラダが屍姦されて弄ばれる妄想を浮かべた。あり得ない超どS猟奇的陵辱の妄想を逞しくするエロ美少女は、変態色欲の昂ぶりでノーパンで濡れ濡れのあそこをヒクヒクさせていた。

ああっ、恥ずかしい…、でも、見せないと、殺されちゃう…。
処女マ○コを濡れ濡れにしたエロ美少女は、露出狂な倒錯した興奮で新鮮な女体をかすかに震わせて、ミニスカのスソにかけた手をゆっくりと上げていく。いやらしい汁で濡れたニーハイの絶対領域がプルプル震えていた。

「くう…」
ああっ、有華が、自分から…、はああっ、かわいくて、エッチだあ…。
ネクロフィリア(屍体愛好家)扱いされた誠次は、もちろん目の前の美少女が猟奇的なレイプを妄想してるなんて夢にも思わずに、目の前で繰り広げられる羞恥露出プレイにかぶりつきだった。

はあっ、だめだ、チンコが破裂する…。
興奮で膨張しきった息子の窮屈さにガマンできなくなった童貞少年は、有華がノーパンなら自分もフルチンでいいだろうと、適当な理屈で自分を納得させた。なんとか取りだした勃起チンコを握ってハアハアと荒い息にまみれる誠次は、変質者そのものだった。

なにやってんだ、コイツら…、笑える…、でも、有華、かわいいぞ…、これからもっと、変態女に調教して、やるからな…。
細マッチョのカラダを充分に隠す樹の幹に寄りかかって二人の様子を観察する奥村は、期待以上の展開に笑いがこらえられず、器用に笑い声だけ立てないようにして爆笑していた。

「あ、あん…」
や、やっぱり…、ヤル気満々な、スゴイふくらんでる…、はあっ、有華、アレで、ああん…、犯されるちゃう…、のね…。
変態少年の右手に握られた半ムケチンポを見た有華は、ゴクンとツバを飲み込むとちょうどギリギリの線でミニスカを持ちあげる手を止めて、ピッタリ合わせて力を入れたナマ太もであそこをキュッキュッと締めつけていた。

「あうう…、はっ、はあっ、ああっ、はあっ…」
ええっ、そこで、終わり?!…、そんなの、ないぞっ、あっ、はあっ、ああっ…。
目を見開いてセルフ恥辱プレイを見つめていた童貞少年は、偶然にジラされて思わず息子をシコりはじめた。膝を突いてなんとかローアングルからミニスカの奥をのぞき込もうとする変態少年の右手は、ズコズコと音を立てて一心不乱にセンズリに耽っていた。

「えっ…」
な、ナニしてるの…、ああんっ、そ、そうか…、
ミニスカのスソをギュッと握って、こみ上げる倒錯した興奮にもだえるアブノーマルなセックス知識で頭でっかちのセレブ美少女は、
準備運動、ね…、ああんっ…、私にソレを突き刺して、はあっ…、メチャクチャにする前の、準備運動なのね…。
自分がオカズにされているとは思わずに、ただのオナニーをジャック・ザ・リッパーが猟奇殺人の前にナイフを念入りに研ぐような、陵辱されるの前のおきまりの儀式だと思い込んでいた。

「はあ…」
ああっ、有華、犯されちゃう…、だめえ、はあっ、立ってられない…。
ケダモノじみた目を向けて自慰に耽る少年に、妄想美少女は妖しい笑みを浮かべて官能的な溜息を漏らす。いやがおうにも高まる欲情があそこの切れ目からあふれ出し、プルプル震えるナマ太ももにタラタラと垂れていた。

セレブ女子有華 (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:59:40 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2730-cd9a62dc
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next