FC2ブログ

== セレブ女子有華 ==

セレブ女子有華 (5)ひとりあそび

ろま中男3 作品リスト
セレブ女子有華 目次

セレブ女子有華 (5)ひとりあそび

「ふわっ…、はああっ…」
ふにゃあ…、あ、朝…、よく、寝た…。
窓から差す朝の光に目を冷ました有華はベッドの中で四肢を伸ばして大きくノビをすると、浴衣がはだけてイヤ~ンなポロリをした巨乳をゆったり揺らし、突き出した先端をプルプル震わせていた。

「あ、やんっ、恥ずかしい…」
あ…、穿いてなかった…。
結局お風呂を出てからずっとパンティを穿いてなかった有華は、開いた足の根本がひんやりする感じにゾクゾクして、はしたない自分の姿を意識して頬を赤らめる。

「そうだ…」
このまま、学校に、行ったら…。
まだ寝ボケてはっきりしないピンクの頭脳は、女体の奥に潜む本能的な変態性癖にコントロールされていた。セルフ羞恥調教を思いついてご機嫌の有華は、とりあえず顔を洗いに行こうとしてはだけた浴衣のスソを直した。

「おはようございます、有華お嬢様、朝食の準備できてますよ」
お風呂の横にある洗面所へ行く途中でハル子が待ち構えていたように現れて挨拶する。
「おはよう、ハル子さん」
私、穿いてない…、気付かれて、ないよね…。
昨日の晩もノーパンのままハル子にお休みなさいを言った有華は、朝っぱらからするはしたないセルフプレイのスリルに、どMな興奮を熱くして豊かな胸をドキドキさせていた。

「お母さんは?」
結局昨日の晩は顔を見ることの無かった母のことを聞くと
「美華お嬢様はまだお休みでございます、昨夜のお帰りはずいぶん遅うございましたから…」
有華がセルフ羞恥プレイを楽しんでいるとは知らない、誰よりも長くこの家にいるお手伝いは、母の美華も子供のときから面倒を見ており、奥様とは呼ばずに当時のままの呼び方を続けていた。

「そうなの…、顔、洗ってきます」
何時に帰ってきたのかな?…。
美華が夜遅いのはさして珍しいことではなく、父の弥太郎もそれを責めるコトがなかった。そんな一見家庭内離婚風の母と父に慣れっこになっていた有華は、
ハル子さん、見てるのかな?…。
ハル子に背を向けて洗面所に向かう。平静を装いながらプリプリ揺れる浴衣のお尻を見られている気がして、若い女体の奥から湧き上がるどMな昂ぶりで、有華はカワイイ笑みを浮かべた顔にかすかに朱を帯びていた。

「んっ…」
コレなら、大丈夫そう…。
歯ブラシを咥えたカワイイファニーフェエスを鏡に映す有華は、もっと恥ずかしい想いをするかと思ったがそれほどでもなかったので、今日1日をノーパンで過ごそうと決めた。

しかし赤ちゃんの頃から面倒を見てもらっているハル子には、たとえハダカのお尻を見られても恥ずかしくないということを、エッチな思いつきに浮かれた美少女は忘れていた。

「じゃあ、行ってきます」
やっぱり、ちょっと、緊張するかも…。
一人だけの朝食を済ませた有華は、見送りに玄関までついてきたハル子に明るく声をかけて切り妻の洋風母屋から出ていった。敷地内の小径をウキウキして歩く有華は、ノーパンの股間を通り過ぎるひんやりした空気に、あそこを無意識にキュッと締めつけて力を入れていた。

あ、ああっ…、や、見られてる?…。
家を一歩出た瞬間から、有華はお馬鹿な思いつきの見通しが甘かったことを痛感した。駅に向かう通勤リーマンが視界に入ってきたのと同時に、思いつきの羞恥プレイがゾクゾクと若い女体を泡立てる。

や…、だめ…、転んじゃ、だめ…。
無意識に何もはいてないオマタに力を入れた有華は、内マタにぎこちなく歩いていた。もし転んだりしたら、恥ずかしい姿を不特定多数の殿方に見られる、と想像しただけでカラダの芯が熱くなって、あそこのスジから熱い何かが溢れてきそうになる。

しかし自縄自縛に陥ったオトボケ美少女に注目するヒマなリーマンはいなかった。通勤を急ぐリーマンはいわば出撃体勢で足早に歩き、おバカな妄想に浸る女子高生を気にするヒマな人間はいなかった。

子猫ちゃん、おはよう…。
しかし例外はいた。昨日やけにあっさり引き下がった奥村だったが、思った以上に順調な滑り出しにご機嫌で、家に帰ってからも有華をエロの虜にするたくらみを思い浮かべて、変態異常性欲をふくらませていた。

事前調査という名のストーキングで有華の行動パターンは完全に把握しているので、昨日の奇抜な姿とは対照的なリーマン風スーツ姿の奥村は、朝の通学時間に合わせて有華が通学路に現れるのを待っていた。

ちょっと様子が、おかしくないか…、まあ、いいか、今日も楽しませてもらうぞ…。
有華の後方10メートルのベストポジションでゆったり歩く奥村は、チェックミニスカのお尻がプリプリ揺れるギクシャクした歩き方が目についた。しかしすぐに今日の計画に想いを巡らした奥村は卑猥な妄想で頭の中を占領され、ケダモノな衝動を充満させた下半身を熱くしていた。

セレブ女子有華 (6)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:29:22 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2722-e62d4372
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next