FC2ブログ

== 美人秘書美沙希 ==

美人秘書美沙希 あとがき(脇役キャラについて)

ろま中男3 作品リスト
美人秘書美沙希 目次

美人秘書美沙希 あとがき(脇役キャラについて)

最後まで読んでくれてありがとうございます。

あふれ出すエロエロなリビドーを書きなぐったエロ文です。いったん中断してしばらく期間をおいてから最後まで書いたため(作者の作品はほとんどこのパターンで、中断することなく書かれた作品はまずありません、汗)、若干内容に食い違いがあるかもしれませんが、そこは笑って見逃してください(笑)。

そんなわけで前半はほぼ毎回エッチシーンがあります。今読み返すといくらなんでもヤリ過ぎで、美沙希というセクシーナイスバディ美人は真性セックス依存の色情異常者になっています(苦笑、犬に犯されて感じるシーンもあります)。

そんな若い女盛りの女体をもてあました妖艶な美女は、最後にはいかにも不似合いなしょぼくれたオッサンと結ばれます。

他の作品にも登場する千葉というキャラは純情ですがさえないダメ中年という設定になってます。

複数の同一キャラが複数の作品に登場するのはろま中男作品に共通することです。だからといってそれぞれの作品の関連しているかというと、そうとは限りません。

関連してない場合は、パラレルワールドだと理解してください。あのとき選択しなかった別の選択をしていたら、こういう世界になっていただろうということです。そもそも小説は厳密なドキュメンタリーでないかぎり現実社会とは別のパラレルワールドを描いている様なモノですし。

脇役キャラは複数の作品に登場する傾向が強く、『女子校生由貴』に初登場した佐藤というエロ教師は学園モノでは登場しない作品のほうが少ないと思います。脇役は部分的にしか描けない場合が多いので、その欲求不満を他の作品に登場させることで解消しています。

人は環境によって性格も変わってきますから、同一キャラでも作品によって若干違う印象になっているかもしれません。そこが人間という存在の不思議なところであり、作者が描きたいと思っている理解困難な人間の感情です(作者の筆力不足でちぐはぐに感じるかもしれませんが、そこは笑って見逃してください、汗)

千葉というキャラは『女子大生菜々子』に最初に登場させて、あとがきに作者の分身だと書きました。作者は千葉ほど純情ではありませんし、一途に女性を愛するような人間ではありませんが、正直な気持ちを投影している箇所は多々あります。

小説に登場するキャラは多かれ少なかれ作者の分身であることが多いので、取り立てて言うほどのことはないかも知れませんが、同じ中年であるこのキャラに思い入れがあります。何かというと情けなく泣きまくるオッサンですが、美沙希に対して恋い焦がれる高揚感や焦燥感、窮地に陥った時の絶望感など、千葉のいろんな気持ちを感じてもらえたらうれしいです。

そういうわけで(どういうワケで?)80話あたりから主役が美沙希から千葉に代わっていますが、『女子大生菜々子』では果たせなかったハッピーエンドになってますし、満足しています。

大震災から3ヶ月と1日目に
(1週間後に加筆修正)

ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:06:50 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2714-b7f654b2
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next