FC2ブログ

== 美人秘書美沙希 ==

美人秘書美沙希 (93)ご主人様の指で

ろま中男3 作品リスト
美人秘書美沙希 目次

美人秘書美沙希 (93)ご主人様の指で

「うっ、おっ、おおっ、ぐはっ、あ、ああ…」
狂ったように腰を振って美人秘書の尻アナを掘りまくっていたオッサンは、脳天を殴られた様な快感の大波にたるんだカラダを緊張させると、ふくれあがったチンポを大腸まで突き刺して腸液を分泌する粘膜にザーメンをばらまいていた。

「あっ、あ、はっ、ああっ…」
あ、あんっ、はっ、あっ、ああっ、いっぱい…、はあっ、おちんちん…、ドクドク、してる…。
射精の快感に震えて抱きついてくるオッサンのカラダを抱きしめた美沙希は、ウンチが逆流するような倒錯したゾクゾクする興奮にまみれ、腸粘膜を焦がされるどMな悦びに汗をにじませた女体を妖しくよがらせていた。

「はっ、はあっはあっ、はあっ、はあっ…」
白濁した欲望を残らず絞り出したオッサンは、滝のように流れる汗で濡れてたるんだカラダ全身で息継ぎをしていた。温かくて柔らかい女体を抱きしめたオッサンは極上の放出感で幸せな気分に浸って、だらしなく顔を緩めていた。

「ああっ、よかったよ…、はっ、ああっ、千葉サンも、ああっ、よかったでしょ…」
ああ、いっぱい…、お尻が、千葉サンので、いっぱい…、千葉サン、うれしいでしょ…、はあん、わたしの、お尻で、して…。
尻アナの陵辱に快感の頂点まで突き上げられたどM美人秘書は、倒錯した変態プレイで千葉が同じ悦びを感じていると決めつけていた。

「あ、は、はあっ、よ、よかった、です」
その声にハッとなって顔を上げた千葉は、艶めかしくカワイイ笑顔に吸いこまれそうな錯覚を覚えながら、ウンウンと大げさに頭を振っていた。

「よかった…」
ああっ、千葉サンが、変態でも、かまわない…、こんなに、スキなんだもん…。
美沙希はどMな変態性向で最愛の中年男を無意識に自分好みに変えようとしていた。自覚する意識にはそんなつもりは毛頭無いので、あくまでも美沙希の気持ちは好きな男に尽くすカワイイ女だった。

「あ、あの、おふろ、入りましょうか…」
顔から汗をダラダラ垂らす劣等感が染みついたオッサンは、もうこれ以上一滴も出ないだろう中年の体力を自覚していた。美沙希がこれ以上求めてきたらみっともない姿をさらしまうだろうと深層意識で恥じて、珍しく先回りしていた。

「あ、はい…、がんばって、いっぱい、汗かいたもんね」
あはんっ、おちんちんが…、はあっ、千葉サンの…、カワイイ…。
尻アナに入り込んだチンポがだんだんしぼんでいくのを愛おしく感じていた美沙希は、汗まみれのたるんだ肉体を優しくなでていた。

「あ、お湯が…」
上体を上げたオッサンは湯船にお湯を張って無いのを見て申し訳なさそうな声を漏らす。体を起こすのと同時に快感の余韻に浸る艶めかしい女体も抱き上げていた。

「あ、ごめん、忘れてた…」
あ、そうか…、やんっ、恥ずかしい…。
メスの欲情に支配されて湯船の準備を忘れていた事に気付いた美沙希が、恥ずかしそうな上目遣いで笑う。

「あ、いえっ…」
カワイイ笑顔で見つめられてオッサンはすっかりのぼせ上がってだらしなく汗まみれの顔を緩めていた。

「すぐ、準備するね…」
千葉サンと、一緒に、お風呂…。
愛しいオッサンと一緒に湯船であったまる幸せな妄想を浮かべて、湯船にお湯を入れる美沙希はキレイな脚線美を見せつける様に上半身だけかがめていた。丸いお尻はオスの本能を煽るように左右に妖しく揺れて、ワレメの奥にかすかに亀裂の開いた濡れ濡れのつぼみを見せつけていた。

「あ…」
美女のあられもない淫らなポーズにゴクンと生唾を飲んだオッサンは、思わずそこに指を伸ばす。

「えっ、あんっ、千葉サン、あっ、ああっ…」
あ、千葉サン…、あっ、そこ、はあっ…、ああっ、気持ちいい…。
思いがけない愛撫にビクッと震えた美沙希だったが、どMな奴隷性向はご主人様に感じる部分をいやらしく嬲られるのをおとなしく受け止めていた。

「うっ、あっ、はあっ、はあっ」
指先の動きに切なげにもだえて濃厚なフェロモンを発散する美しくも艶めかしい女体を、だらしない笑い顔で眺めて有頂天のエロオヤジは、下半身からこみ上げる劣情に支配されてますます指マンに熱中する。

「あっ、あんっ、はっ、ああっ、そこ、ああっ、もっと、ああっ」
はっ、あっ、やっ、ああっ、いっ、いいっ、はあっ、感じる…。
お湯が徐々に溜まっていく湯船のヘリにしがみつく、イッたばかりで何をされても感じてしまう女体は、一番感じる部分を嬲られる官能の悦びにまみれていた。亀裂に入り込んだ指がクチュクチュといやらしい音を立てて、濡れ濡れの秘肉が淫靡にひしゃげる。

「あっ、いっ、いっちゃう、あっ、あっ、ああっ…」
あ、だっ、あっ…、いっ、いく…、んっ、くっ…、いっちゃうっ…。
快感に耐えきれずに湯船のヘリから崩れ落ちて女の子座りした女体は、しかしご主人様のいやらしい愛撫を求めてお尻だけは突き出していた。オッサンのねちっこい指マンにとうとう頂点に達した美沙希は、背筋を緊張させて艶めかしい悲鳴を上げると脱力してその場にうずくまった。

美人秘書美沙希 (94) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:28:31 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2710-27479b26
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next