FC2ブログ

== 美人秘書美沙希 ==

美人秘書美沙希 (72)次のケダモノ

ろま中男3 作品リスト
美人秘書美沙希 目次

美人秘書美沙希 (72)次のケダモノ

「…、ほら、キレイにしろ」
尻アナを陵辱されて倒錯した興奮にもだえる女体にしばらく抱き、放出の余韻を楽しんでいたエロ産科医は、縮んでお子様並みの大きさになった息子が自然に抜け出すとゆっくり立ち上がり、アゴに指を引っかけて顔を上げさせた美人秘書に後始末を強制する。

「あ、ああっ…」
はあ…、ちっちゃく、なってる…。
直腸を熱いザーメンで焼かれて腰が抜けた美沙希は、さっきまで自分の排泄器官に収まっていたソレがダランと脱力するのをぼんやり見ていた。自分を快感の頂点に突き上げてもだえさせた凶暴な肉棒が、目の前のお子様なフニャチンと同じモノとはとても思えなかった。

「早くしろっ」
美沙希の前後のアナを征服してご主人様気取りの堺は、だらしない笑いを浮かべて柔らかいソレをプックリした唇の間にムリヤリ差し込む。

「あふっ、ちゅっ、にゅちゅっ、ちゅぷっ…、はっ、くちんっ」
ああんっ、ああっ…、やらあ…、あ…。
フニャチンを根本まで差し込んで股間を押しつけられた美沙希は無意識に舌で愛撫していたが、ちぢれ毛に鼻をくすぐられてクシャミした。

「いいぞ…、ひっ、ぎゃああっ…」
美人秘書のお口の奉仕を上機嫌で受けていた変態医師は、クシャミと同時にサオに食い込んだ前歯に強烈な痛みを受けて飛び上がった。

「どうしたんですか?…、えっ、何してるんですかっ」
ソコへたまたま通りかかった師長が悲鳴を聞きつけて診察室をのぞき込んだ。床に座り込んだ全裸の美沙希とハダカの股間を押さえて悶絶する堺を見たベテラン師長は、恥知らずな破廉恥な状況に声を荒げる。

「助けてください…、わたし、犯されて…」
あ、わたし…、なにを…、あ…、助けてえっ…。
険しい表情のオバサン師長にエロ気分を吹き飛ばされた美沙希は、か弱い女性の顔になって助けを求めた。エロ医師の陵辱に倒錯した悦びにもだえていたのは事実だが、哀れを誘うその言葉もウソではなかった。

「堺先生…、なんてことを」
若い看護師から堺の変態じみた悪評を聞かされていたオバサン師長は、毫も疑念を抱くこともなく美沙希の訴えを受け入れると、フニャチンの激痛にいまだに悶絶する堺を憎々しげに見下ろした。

「もう大丈夫ですから、服を来て下さい」
苦しみもだえる堺が逆上したり逃げたりする様子がないことを確認した師長は、タイトミニだけでほぼ全裸の美沙希の肩にジャケットを掛けてやさしい心遣いをみせる。

「はい…」
わたし、助かったの…。
師長にかばわれた美沙希は、なんとか立ち上がるとノーパンのままタイトミニをズリ下げた。ブラをして張った乳房を締めつけられると声が出そうになったがなんとかこらえ、ジャケットに腕を通した。

艶めかしい女体が発散する狂おしいまでの色香が原因とはいえ、またも性犯罪事件の犠牲者となってしまった美沙希は、検査を済ませてロビーで待っていた季絵を先に帰らせると、女医先生に再度検査をしてもらった。

師長は産婦人科の部長先生に堺医師の性犯罪行為を報告した。病院の体面が何より大事な中年の部長先生は事件を表沙汰にしたくなくて、額からアブラ汗を垂らしながら美沙希を説得した。自分も愛欲に溺れて楽しんだ自覚がある美沙希は、中年部長の示談に応じた。

美沙希が解放された頃にはもう日が傾いて、帰りのラッシュ時間になっていた。

はあ…、千葉サンに、逢いたい…。
美人秘書の無自覚なフェロモンにオスの本能をおあられた中年部長医師は、無意識にスケベな視線をセクシーな女体に絡ませていた。エロ中年の突き刺さる視線にすっかり憔悴した美沙希は、千葉に会って癒されたかった。

あ、あんっ、やだ…。
日が落ちて冷まされた空気が火照ったカラダにひんやり絡みつくと、ノーパンを意識した美沙希はあそこの湿り気を意識して思わずオマタを押さえていた。

「あ、千葉サン、美沙希です…」
女体の火照りを抑え込みながら千葉に電話する美沙希のセクシーな後ろ姿を、ジッと見つめる視線があった。千葉に逢いたい気持ちにはやり恋する乙女になった美沙希は、いやらしい魂胆の籠もった視線には全く気付いてなかった。

美人秘書美沙希 (73) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:32:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2689-fa30b1b3
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next