FC2ブログ

== レンシャヲトコ ==

レンシャヲトコ (15)ペチコートとニーソ

ろま中男3 作品リスト
レンシャヲトコ 目次

レンシャヲトコ (15)ペチコートとニーソ

まいど、ナレヲだす。

ほんでも、堀○真希似の妹と、いつまでヤル気やねん。絶倫ゆうても、限度があるで。ええかげんにせんと、草食系のナレヲさんでも、怒るでえ、ちゅーねん。

あほっ、誰が草食系やねんっ、草食系っていうんわ、小○徹平君みたいなイケ面男子をいうんやっ(ボカッ)。

痛いっ、っちゅーねんっ。それやったら、わし、イケ面やないか。

どの口が、そんな図々しいことを言うんやっ、えっ。

ひらいやらいか、やへんかひ…、はあっ、口ひっぱらんでも、ええやなか

アンタみたいなオッサンはな、ミジンコ系で充分や…、身の程を知らんと、あとで痛い目にあうで。

ナレヨはん、えらいいいようやな…、ミジンコって、わし、そんな情けないこと、ないで、ほら、よう見てみ。

ひいっ、やだっ(ゴキッ)、そんな粗末なモン、見せんといてっ…、あらま、ナレヲはん、寝てしもうたわ…、しゃーない、ほんなら、兄妹ドロドロ編、引き続き楽しんでや。



「ああっ、手伝ってやる」
やっと素直になってメイド服を受け取ったあおいを、剛は柔らかい二の腕をつかんで立たせようとする。

「やだっ、触らないでっ」
ひっ…、ちょっと、着てあげるだけよ…、もう、絶対に許さないんだから…、私の純潔、奪っておいて、練習台なんて、バカにするにもほどがあるわ…。
さしだした手をはねのけたあおいは、剛の目から出るエロエロヲタ毒光線が新鮮なカラダに浸潤する気がしてあわててメイド服を頭に通した。

「おおっ、似合うぞ、お兄ちゃん、うれしいぞ」
ほんと、あおいのヤツ、メイド服がぴったりで、萌え萌えだあ…、うひひっ…。
風呂上がりの火照った体を包むピンクメイド服はあつらえたように若い女体にフィットして、やせ気味なセクシーバディの艶めかしい線をはっきり見せていた。

「もう、いいでしょ、出てって…、ひっ、それ、もう、やだあっ」
ちょっと、カワイイかも…、え…、やだあっ、また、おっきくなってるよおっ…、悪魔、死んでえっ…。
カワイイメイド服にまんざらでもなさそうなあおいは、つかの間表情を緩めてカワイイ笑顔を見せたが、剛の股間のモノがビンビンにそそり立ち異様な熱気をはらんでいる気がして、悲鳴に近い甲高い声を上げた。

「まてよ、ちゃんと着てないし、これもあるんだぞ」
この、恥ずかしがり屋め…、ちゃんと着てないし…、お兄ちゃんが、ちゃんとしてやる…。
ピンクのオーバーニーソックスを渡したオレはメイド服を着て頼りなげに立つあおいの後ろに立つと、背中のリボンを引っ張って縛ってやる。

「やっ、やだっ…、自分でやるから、触らないでえっ」
やっ、変態、触るなっ…、油断も隙もないわ…。
あおいは後ろに立つ剛のみぞおちにヒジ打ちを喰らわせると、背を向けたままピンクニーソに足を通した。

ぐ…、いってえ…、おほっ、この眺めは…、絶景でちゅう…。
カウンターアタックに剛は床に尻もちをついたが、ローアングルから突き出したお尻を眺めてすぐにご機嫌になった。

おぱんちゅ、はいてないでちゅう…、かわいいでちゅよ、あおい…。
ピンクミニスカをボリュームアップさせるギャザリングされた二段フリルのペチコートの奥に、ツヤツヤしたお尻と湿り気を帯びたあそこがプックリつきだしているのを見て、バカ兄はまた妄想の世界に浸り、脳内麻薬を噴出して変態の世界に酩酊していた。

「やっぱり、手伝うよ」
ううっ、もう、たまらんでちゅうっ、お兄ちゃんのチンコ…、破裂しそうでちゅうっ…。
妄想の世界にどっぷりはまって劣情にまみれた剛は、もう一方の足をニーソに通すあおいに後ろから抱きついて、濡れた花びらの中心部にそそり立つ愛棒を突き刺した。

「やっ、あっ、だっ、ああっ、いやあっ、あっ、ああっ」
えっ、やっ、またっ、ああっ…、やられ、ちゃったあっ…、いやっ、ああっ、変態、…。
ニーソを太ももまであげたその時にバックから貫かれたあおいは、逃げようとしたがそのまま床に押し倒されて、ドッグスタイルで熱い肉棒を受け入れていた。

「おふっ、だ、だめだ…、メイドは、ご主人様に、そんな口の利き方は、しない」
おっ、はいったあ…、あううっ、いい気持ちでちゅうっ…、でも、あおいのヤツ、なんにも知らないでちゅ…、ちゃんと教育しないとでちゅっ…。

四つん這いになったあおいに覆い被さる形になった剛は、ヌメリ気を帯びた肉の合わせ目に根本まで突入して子宮口を貫いていた。とりあえずチンコが破裂する危機から解放されたバカ兄は、ご主人様気取りで憐れなロリ妹をメイド調教することにした。

「なっ、なに言ってるのよっ、あっ、この、あんっ、変態…、やっ、ああん、キモオタ…、やあっ、死んでよ…」
やだ、ああっ、当たるよおっ…、あんっ、どうして、いやなのに…、ああっ、おナカの奥が、熱い…。わたし、ああっ、ヲタ菌にやられて…、おかしく、あはんっ…、なっちゃった、よお、…。

いきなり子宮口をこじ開けられたあおいは泣きそうな声で怨嗟のセリフを口走っていたが、何度も犯されて兄の肉棒になじんだ下半身は官能の悦びを示すように、強引に広げられた亀裂のスキマからエッチな汁を垂らしていた。

「だまれっ…、ご主人様、お帰りなさいませ、だっ、言ってみろ」
ああっ、あったかくて、きもちいいっ、でちゅうっ…、あおいのエッチなカラダ、たまらんでちゅう…、おまえはもう、オレ様専用のピンクメイドだ…、3倍、気持ちよくしてやる…。

ギャザリングされた二段フリルをまとめてたくし上げた剛は、しまりのいいキツキツマンコにズルムケチンポを突き刺す気持ち良さにウットリしながら、湿り気でしっとりしたスベスベお尻をスパンキングしてお仕置きを喰らわせていた。

レンシャヲトコ (16) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:57:22 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2683-4a5e35c3
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next