FC2ブログ

== 今日のネコ ==

今日のネコ (32)番外編:タダシの奴隷2

ろま中男3 作品リスト
今日のネコ 目次

今日のネコ (32)番外編:タダシの奴隷2

「コレも、スキでしょ」
ポケットからピンクローターを取りだしたタダシは、キャミのちょうど固くなった乳首のあたりに押しつけた。

「あ…、あんっ、あっ、ああんっ」
亀裂と乳首の同時攻撃で女体の昂ぶりが飽和点に達したネコは、あたりにはばかることなく子猫のような嬌声を上げた。

「うひっ…、おねえさん、いい声だねっ、オレもうこんなだよっ」
発情したネコの色っぽい顔を見ながら、鼻息を荒くしたタダシはネコの手を取って股間に押してた。
「あんっ…、おっきいんだっ、ネコ、コレ、大好きだよ」
手のひらを押してくる熱い肉棒にメスの本性を昂ぶらせたネコは甘えた声を出して抱きつくと、ナマ太ももをタダシの足に絡めていた。

「こっちは、本物だからね」
タダシは抱きついてくるネコのお尻をバイブを持った手で揉みまくった。
「あっ、いやんっ、おしりにするのおっ…」
お尻の肉に食い込むシリコンの感触に、ネコはキャミとミニスカに包まれたダイナマイトバディをよがらせてウルウルした目で甘えていた。

「後ろも、オッケーなんだっ」
ネコの色っぽい声にすっかり上機嫌のタダシは菊門のあたりを刺激した。
「…ああんっ、だめええ…、そこはだめなのおっ」
タダシの張り詰めた股間を優しくイジリながら、ネコはお尻の中心部の攻めに切なげな声を漏らした。

「…うわあっ、すげえっ、ヌレヌレじゃんっ」
股間に手を差し込んだタダシは、濡れたパンティをめくって蜜にまみれたプックリした肉とスジに触れた。
「いやあっ、言わないでえっ、はずかしいよおっ」
直接そこをイジられたネコは、女体の昂ぶりを押さえようとタダシに抱きついて豊満な乳房を押しつけながら、ウルウルした瞳で見上げてイヤイヤしていた。

「入れてあげるね」
タダシはピンクローターを亀裂に押しつけると、指で一気に奥まで押し込んだ。
「あっ、ああんっ、うごいてるうっ」
蜜をたたえた亀裂はあっさりとローターを飲み込んでいた。ナカでビリビリと振動するそれの刺激にネコは色っぽい嬌声を上げていた。

「チョット、動かないでね」
タダシはネコのお尻をのぞき込むと、ローターのケーブルをパンティに通してコントローラーをミニスカのウェストから出してポケットに入れた。
「…これでいいや、いこうか」
ネコの腰に手を回したタダシはミニスカのポケットに手を入れて、コントローラーをマックスパワーにすると、ネコの体を押して歩き出した。

「ひっ、痛いっ、…優しくしてえ」
ナカでビリビリと暴れ回るローターにつんのめりそうになって悲鳴を上げたネコは、ミニスカの上からタダシの手を押さえた。

「ゴメン、試しただけだから」
タダシはコントローラーのつまみを調節して振動をマイルドにすると、ローターにもだえるネコを抱えるようにして表通りに出た。

今日のネコ (33) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:44:02 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2677-f1a9695e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next