FC2ブログ

== 今日のネコ ==

今日のネコ (24)匂い

ろま中男3 作品リスト
今日のネコ 目次

今日のネコ (24)匂い

「…スゴイ書き込みだぞ、まるで荒らしにあってるみたいだな」
朝の新聞配達から帰ってきたアキオがブログを見ながら笑っていた。

アキオが書き込みしてからまだ12時間経ってないが、ネコを励ますコメントは100件をゆうに超えていた。急に伸びたアクセス数は、8時前で通常の日の4倍以上になっていた。

「載せない方が、良かったんじゃない?」
朝食の用意をしていたネコはアクセス数が増えたのはうれしいが、キモ男をよけいに刺激する気がして、目隠ししているとはいえ顔写真まで載せたことに後悔していた。

「大丈夫だよ、また来たら、今度こそオレが撃退してやるから、…そうだ、コレ見ろよ」
新聞を取り出したアキオは、遅刷りの地方版にネコのコトが載っているのを見せた。写真もないベタ記事だったが、昨日ネコが襲われたことが書かれていた。
「…やだっ、どうして」
『グラビアアイドル襲われる』と題された短い記事には某グラビアアイドルと書かれて、ネコの名前は出てなかったが、読む人が読めばネコだとわかる内容だった。

「…、今日は、一緒にいようよ」
朝食を終えたアキオはコーヒーを飲みながらネコのキャミ姿を見ていた。昨日の震えて怖がるネコの姿が頭から離れなくて心配だし、なにより一緒にいたかった。
「大学あるじゃん、ついてっていいでしょ」
優しい言葉をかけられてネコは甘えたチョット生意気そうな笑顔を見せた。
「…まあ、いいけど」
別々の大学に通うふたりが一緒に大学行くことはコレまで無かったので、アキオはチョットうれしかった。着替えようとするネコがキャミを脱いで巨乳をプルンと揺らすと
「なんで、脱ぐの?」
エッチな気分になったアキオが、スケベな横目でネコのナイズバディを見ていた。

「…やだっ、ちがうって、寝汗でクサイでしょ」
変な気を起こしそうなアキオにネコは恥ずかしそうに両手に余る胸を隠した。
「ふーん、別に臭くないけどな…」
グラドルの色っぽいあらわな姿を見ながら、キャミを拾い上げたアキオはそれを鼻に当てて大きく息を吸っていた。
「変態、返してっ」
プルンと乳首を揺らしてキャミを取り返したネコは、恥ずかしそうに頬を染めながらエッチに笑っていた。
「こっち、臭うぞ…、替えた方が良くないか」
艶めかしい裸体に昂奮してネコの股間にしがみついて顔を埋めたアキオが、スケベ面で見上げていた。

「ばかっ、変なこと言わないでっ」
股間に吹きかけられる熱い吐息にアソコを熱くして、照れたように口をとがらせたネコはアキオの頭を軽くはたいた。
「臭うぞ、臭うぞ…、発情した淫乱なメスネコの匂いがする」
はたかれたのも意に介さないアキオは鼻をグリグリとパンティの上から食い込ませて、スジに押し当てていた。
「…やだあっ、もうっ、エッチなんだからあっ」
アキオの鼻がスジをかき分けて突起を押してくるのに、ネコは甘えた声を上げていた。

「イイ子でちゅね、パンツ、替えまちょうね」
パンティをずり下ろしたアキオは吸い付くようなしっとりしたナマ尻の感触を楽しみながら、両手で抱き寄せて股間に舌を伸ばした。ペロペロと湿った音をさせて舐められたネコは白い突起の刺激にもだえて
「ああっ、やだっ、エッチ」
アキオの髪に指を食い込ませてペロペロ舐めてくる舌を股間に押しつけていた。
「…すごいぞ、スジから突起が出てる」
顔を離したアキオはスジを指先でこすった。

「…あっ、はあっ、ダメッ」
敏感な突起をイジられたネコは太ももをあわせてアキオの手を挟んでいた。
「こっちはヌレヌレだぞ」
太ももの柔らかい圧力を感じながらさらに手を進ませたアキオは、蜜を溢れさせるあそこをクチュクチュと湿った音をさせていた。

「…もうっ、やだっ」
アキオを突き飛ばしたネコは仰向けに寝たアキオにまたがってシックスナインの体勢になると、ズボンを下げて固くなった息子を口に含んだ。
「しょっぱい、汗の味がする」
新聞配達で汗をかいたアキオの股間に顔を埋めたネコは固くなった息子に舌を絡めながら、甘えた声でささやいた。
「…こっちの蜜は、甘いぞ」
むき出ししたヌレヌレの股間を口いっぱいに含んだアキオはベロベロと舐め回して、実際は少し酸っぱい味がしたが、冗談交じりに節を付けてイヤらしくつぶやいた。

「変態っ…、私、ホタルじゃないよっ」
恥ずかしそうに笑みを浮かべたネコは、カリに軽く歯をあてた。
「って、やったな、お尻を光らせてやるっ」
あそこに口を付けて舐めながら、お尻をぺたぺた叩いた。
「…痛いっ、やめてよおっ」
笑いながら、怒ったような声で出したネコは、あそこをアキオの顔に押しつけた。

「…苦しいっ、マンリキで、つぶされるうっ」
まだふざけるアキオに、ネコは
「ばかっ」
息子の先端をぴしゃっ、と叩くと、
「…ひっ」
アキオは悲鳴を上げて、全身を緊張させた。

今日のネコ (25) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:53:41 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2668-88d79f83
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next