FC2ブログ

== 今日のネコ ==

今日のネコ (21)アイコラ

ろま中男3 作品リスト
今日のネコ 目次

今日のネコ (21)アイコラ

「…、これ、何?」
ざわざわするような嫌悪感に叫びそうな自分を押さえてネコは低い声で聞いた。

写真はネコがにこやかに笑うアイコラで、大きく開いた足に恥ずかしい部分をあらわにした姿が克明に写っていた。

「良くできてるでしょ…、ここなんか、合わせ目ほとんどわからないし、苦労したんですよ」
自慢げに不気味な笑みを浮かべた男は忙しくハンカチで顔の汗を拭きながら、時折ネコと視線を合わせては照れたように目線を反らした。

「失礼します」
こんなのと関わらない方がいい、…。
そう思ったネコは、足早に歩き出した。

「おいっ、サインは」
急に横柄な口調になって追いかけた男は、ネコの肩をつかんだ。
「触らないでっ」
肩に触れた手のおぞましさに、乱暴に振り払うと
「…、お高くとまるなよ、たいしたカラダでもないくせにっ」
男はイキナリ抱きついてネコの白い首筋に舌を這わせてきた。

「…きゃああっ、やだあっ、やめてえっ」
ヒルに吸い付かれたような感触に生理的嫌悪感で心底震えたネコが大声を上げると、騒ぎを聞きつけた周りの学生が男を取り押さえてくれた。地面にねじ伏せられた男は憎々しげな視線を向けて
「覚えてろよ、復讐してやる」
逆恨みの怨嗟を吐いていた。

大学の警備員に連れて行かれる男を眺めながらため息をついたネコは、嫌悪感に混じった女体の興奮を感じて身震いすると四限目の教室に向かった。

「…、というわけで、危なかったのよ」
夕刊の配達を終わったその足でネコの部屋を訪ねたアキオは、シャワーを浴びて濡れた体を拭きながら、ネコの災難の一部始終を聞いていた。
「おかしなヤツは、どこにでもいるんだな…、心配だし、明日は一緒に行くよ」
アキオが心配して声をかけると
「大丈夫、明日は大学行かないから」
ネコは平気そうに笑った。

「単位、大丈夫か?」
グラドルの活動で大学を休みがちのネコをアキオが心配すると
「大丈夫よ、試験はちゃんと受けてるし、なんとかなるわ」
ギリギリだが進級には足りているはずだった。
「でも、怖かったあ、アキオ、イイコ、イイコ、して」
さすがに今日一日、発情してムラムラしていたことは恥ずかしくて話せなかったが、バスタオルを腰に巻いたアキオの筋肉質の胸にもたれかかってネコが甘えていた。

「…、アイコラみたいに、してほしいのか?」
抱きつくネコの柔らかい腰に手を回したアキオが指を股間に忍ばせてスジをこすりつけると
「やだっ、思い出させないでっ」
股間の刺激に淫靡な雰囲気を漂わせたネコは本気でイヤそうな顔を見せると、アキオの胸に抱きついて乳首に歯を立てた。
「いてっ、…、今頃、その写真見てシゴいてるかもな」
乳首の厳しすぎる愛撫に、
仕返ししてやる、…。
気分を害したアキオはネコの嫌がる顔を見てやろうとイジワルを続けた。

「もうっ、やだっ、って言ってるでしょ」
イジワルするアキオにネコは背中に回した手の爪を立てると軽くひっかいた。
「てっ、…まるで猫だな、…でも抱きつかれたんだろ、ひょっとしたら、犯されたかもしれないな」
背中の痛みに軽くのけぞったアキオはどSな加虐心を昂ぶらせてネコをさらに追い込んでいた。

「もうっ、アキオ、キライッ」
アキオの胸を突き飛ばしたネコはベッドに顔を埋めた。しかしメス猫がしっぽを振るように揺らすお尻に誘われたアキオが
「…こんな風に、手を入れられてえ」
おどろおどろしい声を作ったアキオが、パンティをズリ下ろして蜜をたたえたスジに直接指をこすりつけた。

「もうっ、やめてよ、変態っ」
振り返って細めた目でにらんだネコがアキオの手をつかんだが、その声には甘えたエッチな雰囲気が漂っていた。
「だれも、助けてくれないぞお、…ネコは粘着質なキモ男に、こおされるんだ」
ネコを無視して指先を蜜壺に侵入させたアキオは、グリグリとかき回した。
「やめてよおっ、いやっ、やだっ」
不気味な声を耳元でささやかれたネコは、アキオに掻き回されたあそこからイヤラシイ蜜を垂らしながら、Mっぽい倒錯した興奮に女体をかすかに揺らしていた。

「…こんな風に、舐められて、ホントは興奮したんじゃないか」
ネコの首筋にべっとりと舌を当てたアキオがベロンッと舐め上げると
「ああんっ、…、変態っ」
弓のように背筋を反らしたネコはあの生意気な笑顔を見せると、魅惑的な目で見つめてアキオを誘っていた。

あそこから溢れる蜜で差し込んだ指以外もネットリ濡れるのを感じたアキオは、つややかな髪に顔を埋めて、興奮した荒い鼻息を吹きかけていた。

今日のネコ (22) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:28:04 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2665-1784adb6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next