FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 8.幽霊アパート (11)潤治の悦び

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次3

ろま中男劇場 8.幽霊アパート (11)潤治の悦び

そろそろ、いくか…。
泣き声混じりに苦しそうな声を漏らす雅美に同情しないでもなかったが、魅惑的な女体を犯す妄想に取り憑かれた潤治は、変態万引きGメン仲本のカラダに取り憑くことにした。

「これじゃ、奥まで調べられんな…、うへへっ、とっておきの棒で、調べてやる」
性悪な霊魂に取り憑かれたとも知らずに、仲本は下半身裸になるとビンビンにそそり立つ息子をさらけ出した。

「ひっ…、お願いです…、勘弁してください…」
やだ、やられちゃう…、誰か、助けてっ…。
ヤル気満々な醜悪な肉棒を見た雅美はその場にしゃがみ込んで我が身を抱え込む。しかし床スレスレのあそこからはネットリした汁が垂れて糸を引いていた。

「オラッ、立てっ、調べて欲しいんだろ」
床にうずくまった女体をムリヤリ立たせた仲本は、乳房を押しつぶすように上半身を机に押しつけると、サオを握ってあそこに狙いを定めた。

「やっ、やだ、あっ、やあっ、あっ、ああっ」
やっ、ああっ、はいって、くるうっ…、やだっ、ああっ、はあっ…。
愛液まみれのあそこは血管の浮き出た醜悪な肉棒をパックリと咥え込む。腰を押しつけて根本までねじ込んだ仲本は満足そうに深い溜息を吐くと、シャツを脱いで全裸になった。

くううっ…、やっぱたまらんな、このカラダは…。
仲本に憑依して肉体の感覚を共有する潤治は、肉棒がネットリ濡れた粘膜で包み込まれる気持ち良さにウットリして、だらしないバカ面をさらしていた。

「あ、や、やだっ、あっ、ああっ、許してえっ」
やっ、やだあっ、やめてえ…、あっ、あんっ、いやっ、あっ、ああっ…。
ハダカになった仲本は発情した女体に覆い被さって腰をカクカクと振り始める。柔らかくて温かい女体の感触をカラダ全体で楽しむ変態万引きGメンは、愛液をまとった肉棒を出し入れする気持ち良さに浸っていた。

「くっ、こ、この、おおっ、締めつけやがって、このっ、もっとだ」
キツキツマ○コの気持ち良さに腰のグラインドが止まらない仲本は、ワケのわからないセリフをわめいていい匂いのする髪に顔を埋めていた。

ほんと、くうっ、たまらんっ、なあっ…、かあっ、たまらんっ…、エロマン○だぜ…。
仲本のオスの欲望と完全一致した潤治は、極上の女体を陵辱する悦びに没入していた。

「いっ、いやあっ、ああっ、助けて、い、いやあっ」
ああっ、いやあ…、あっ、ああっ、助けてえっ…、あ、あんっ、くっ、あっ、ああっ…。
仲本と机にサンドイッチされて身動きできない雅美は、ただこの理不尽な陵辱が終わるのを待つしかなかった。そんな気持ちとは裏腹に発情して汗を垂れ流す悩ましげな女体は、オスの本能を昂ぶらせる濃厚なフェロモンを発散し、肉棒が忙しく出入りする亀裂からネチョネチョの愛液を垂れ流していた。

「んんっ、いいんだろっ…、うれしいだろっ、コノ犯罪者があっ」
とろけそうな女体に酔いしれた仲本は、脱力した女体によく簿の限りをたたきつけていた。パンパンと肉と肉がぶつかり合う乾いた音に混じって、陰汁がこねくり回される湿った音が狭い部屋に響いていた。

「くっ、おっ、おおっ、で、出るっ…、うっ、くっ、おっ、おおっ」
ペース無視で腰を振りまくった仲本は限界に達した。ナカ出しするとあとが面倒なのでいつも外出しする卑怯者は、慌てて腰をひくと鈴口からあふれる白濁液を汗に濡れたお尻に塗り付けていた。

くうっ…、あ、はあっ、えがった…、コイツ、ほんとにいいカラダ、してんな…。
仲本と快楽を共有する潤治も今日二度目の放出を味わっていた。変態万引きGメンのバカ面に同期するように変態幽霊も、放出の悦びに幽霊らしくないマヌケ面をさらしていた。

ろま中男劇場 8.幽霊アパート (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:53:43 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2625-5014b638
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next