FC2ブログ

== お天気キャスター ==

お天気キャスター (18)連れ去られる

ろま中男3 作品リスト
お天気キャスター 目次

お天気キャスター (18)連れ去られる

「もう、いいわよ、じゃあね」
朦朧とした意識でかろうじて笑顔を作って立っていた友里に、近藤が忙しそうに近寄って来てすぐにどこかに行ってしまった。

青年が去ってからも友里はオタクどもに嬲られ続けていた。イキそうになるとバイブを止められるという繰り返しに、女体の感覚はそよ風に吹かれてもイキそうなほど鋭敏になり、気が狂いそうなほど欲情して焦燥していた。

帰って、いいんだ…。
今にも崩れ落ちそうな艶めかしい女体をなんとか立たせた友里は、離れた場所でバイブ調教を続けたオタクどもを気にする余裕もなく、控え室に着替えに戻っていった。

やっぱり脱げない…。
控え室になっているタコ部屋には幸い友里以外にはいなかったので、バイブ付きの鍵付パンティを見られるコトはなかったが、やはり頑丈で脱ぐことは出来なかった。

いつものパンプスに履き替えて歩くのはだいぶ楽になったが、それでも歩くたびにバイブが粘膜にこすれてあそこ辛いヤラシイ汁があふれていた。Pに挨拶するなんて気を回す余裕などなく、帰ることだけ考えていた。

「えっ…」
やだ、あのひとたち…。
友里がお台場テレビを出ようとすると、オタクコンビが待ち構えていた。

「お疲れ様でござる、送っていくでござるよ」
「夜道の一人歩きは危険であります、しっかり護衛するでありますよ」
イヤらしい笑いを浮かべたオタクコンビは、高い欲情状態にある鋭敏な女体をまさぐりながら、お為ごかしを抜かしていた。

「ああ…、おねがい、外して下さい」
カギ、もってる…、はずして、ほしい…、もう、狂っちゃう…。
今にも泣き出しそうな友里は、鍵付パンティを外すようにお願いしていた。

「いいでござるよ、でもココでいいでござるか」
「それはまずいであります、友里殿が恥ずかしいであります」
またふたりでヒソヒソ話をしてイヤらしい笑いを浮かべたオタクコンビは、フェロモンを漂わせるカワイイ顔をチラチラ盗み見ていた。

「じゃあ、来るでござる」
「あっ、はい…」
オタクに背中を押された友里は、選択の余地はないのだとあきらめて二人についていった。

「あの、どこに?…」
友里は駐車場に連れて行かれた。ワンボックスカーに乗せられた友里の隣りにもう一方のオタクが座った。

「うひひ…、ちょっと見せるであります」
やっぱり質問に応えようとしないオタクは、いきなりフェミニンなスカートをまくり上げた。
「きゃっ、や…」
えっ、やだっ、なに?…。
オタクの唐突な行動にいまだに慣れない友里は反対側のドアに体を押しつけていた。

「外して欲しいなら、おとなしく言うことを聞くであります」
逃げた友里に不満そうなオタクが表情のない顔で迫ってくる。
「は、はい…、わかりました、脱ぎます」
逃げ場のない車の中であることを観念した友里は、自分からスカートを脱いで鍵付パンティが食い込む股間をさらした。

「じゃあ、しゃぶるであります」
素直な友里にだらしなく顔を緩めたオタクは、自分も下半身裸になって息子を出した。

「え…」
しゃぶる?…、フェラ、するの?…。
「早くするであります」
オタクに肩を引かれて股間に顔を押しつけられた友里は、ダランとした息子を目の前にしていた。

「さあっ」
ああっ、するしかないのね…。
頭の上でする不満げな声に震えた友里は、皮カムリから顔を出した先端を咥えて唇で優しく剥くと舌でペロペロした。

「はあっ、タマランであります、でも、こうした方が顔を見られないから、いいでありますよ」
カワイイ顔の友里にお口の奉仕を捧げられるオタクは、だらしない笑顔で上機嫌だった。

ああん…、たしかに、言う通りかも…。
オタクの股間に顔を伏せていれば信号で止まっても隣の車から見られる心配はないと、段々元気になる息子に懸命に舌を絡ませる友里はエロボケした頭で納得していたが、まさに頭隠して尻隠さず、で鍵付パンティの下半身を見られるコトを忘れていた。

お天気キャスター (19) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:17:11 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2607-ff776ba7
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next