FC2ブログ

== お天気キャスター ==

お天気キャスター (17)調教される友里

ろま中男3 作品リスト
お天気キャスター 目次

お天気キャスター (17)調教される友里

はあ…、やっとついた…、えっ、や、ああっ…。
前後のバイブが粘膜にコスれる快楽地獄に耐えて、なんとか番組の特大ポスターの前にたどり着いた友里は、中のバイブが急に動き始めて腰砕けに尻もちつきそうになったが、かろうじて内マタに力を入れて耐えた。

なに?…、ああ、やあ…。
何が起こったのか理解出来ない友里は膣ナカと直腸で暴れ回るバイブに、ニットワンピが張り付いた魅惑的な女体を妖しく振るわせ、エロかわいい表情を見せてロビーを行き来する男たちのスケベな視線を浴びていた。

いやあ…、狂っちゃう…、はあっ…、あ…、あの…、人たち…。
汗でしっとり濡れたニーハイの内マタをすりあわせる友里は、震える手で股間を押さえそうになるのをかろうじてガマンする友里は、快感責めで遠くなりそうな意識をなんとか保っていたが、離れた場所でイヤらしい笑いを浮かべるオタクコンビを見た。

「お、ねがい、やめて、しんじゃう…」
この人たちだわ…、ああっ、しんじゃう…、もう、やめてえ…。
慣れないピンヒールでなんとかオタクどもの近くまで歩み寄った友里は、やっぱり目線を合わせようとしないオタクにお願いしていた。

「どうするでござるか?」
「でも、気持ちよさそうであります、どうしてやめるでありますか?」
オタクコンビは卑猥な笑いまじりに、ニットワンピに乳首がピンと突き出た女体を眺めていた。

「ああっ、もう、だめ、助けてえ…」
くうっ…、おかしくなる…、はあっ、だめえ、いっちゃう…。
衆人環視のロビーで二本のバイブに嬲られる友里は、イク寸前の快感にニーハイの足をガクガクと振るわせていた。

「止めてあげるでござる」
ひそひそ話をしていたオタクは、友里のイク寸前の悩ましげなカワイイ顔を盗み見ると、リモコンスイッチをOFFにした。

「あ…、は、ああっ、はああ…」
あ、止まった…、はあっ…、いや、ああっ…。
前後のアナで暴れ回っていたバイブが静かになってホッとした友里だったが、メスの本能はあと少しでイキそうなのにイカせてもらえない不満を感じていた。

あ、ああっ…、戻らなきゃ…。
オーガズムの波に翻弄されて朦朧とした意識の友里だったが、初仕事をやり遂げる責任感だけで元の位置に立ち戻った。

「ひっ…」
あひっ…、や、また、あ、ああ…。
しばらく静かにしていたバイブがまた暴れ出して妖しい声を漏らした友里は、喉の奥から湧き上がってくるあえぎ声をなんとかこらえると、あそことお尻から広がる快感の波に翻弄されていた。

ああ…、笑わなきゃ…、見られてる、はあ、やだあ…。
友里は二カ所責めの快感にもだえながら懸命に笑顔を作ろうとする。妖しくくねる女体にお尻をかろうじて隠す長さしかないミニワンピがずり上がって丸い下ナマ尻がさらされるが、特大ポスターを背にしているので、横から腰のナマ肌を見られる程度で済んでいた。

ああ…、だれ?…、来ないで…、だめ、ああ、イッちゃう…。
快感まみれの友里が漂わせるフェロモンに引き寄せられるかのように若い男が近寄ってきた。二本のバイブでイク寸前の友里は、かろうじて残った理性でずり上がったミニワンピのスソを引っ張ったが、何か言ったらイヤらしい声を出しそうで、男が話しかけてこないことを願っていた。

「あの、高見友里さんですよね…、ミスR大の…」
友里が快感地獄で苦しんでいるなどとは思いもしない青年は、にこやかに話しかける。

「はい…」
ああ、だめえ、はやく、ああっ、いっちゃう…。
腰が踊り出しそうな快感に目眩がしそうだったが、なんとか笑顔を作って返事だけした友里はエクスターを予感した。好青年の前ではしたない痴態をさらす妄想をしてまともに彼が見られなかった。

「『目覚まし君テレビ』に出るんですね、ボクもR大なんです、握手してもらってもいいですか」
近くで見る先輩がまさか大人のオモチャでもだえているとは思わない青年は、ずいぶんセクシーな人なんだと思っただけで、握手を求めて手を差し出す。

「は、はい…」
いっちゃう…、はあっ、きっと、いっちゃう…、でも、しないと…。
強く手を握られたら、きっとエクスタシーに達してはしたない声を上げてしまうと思ったが、にべなく断ることなどできない友里は、恥ずかしい姿をさらす覚悟で震える手を差しだした。

「ひっ…」
や、イク…、え?…、あ、はあっ、ああっ…。
しかし手を握る瞬間バイブは静かになった。青年の手が触れて悲鳴に近い吐息が漏れたが、快感にもだえる醜態を見せることはなかった。

「がんばって下さい」
ニットワンピにノーブラの乳房の形をはっきり見せ、悩ましげな表情にそそられた青年だったが、人の良さそうな笑顔を見せて去っていった。

また…、ああっ…、お願い、もう、許して…、狂っちゃう…。
イク寸前でまたおあずけを喰らったメスの本能が火照った女体の中で悲鳴を上げていた。離れた場所でニヤニヤするオタクを泣きそうな顔でチラ見した友里だったが、言ってもムダだとあきらめて今度はその場に留まっていた。

お天気キャスター (18) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:04:31 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2606-9844e53b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next