FC2ブログ

== H2(ハル子とヒロ) ==

H2(ハル子とヒロ) (46)変貌するハル子

ろま中男3 作品リスト
H2(ハル子とヒロ) 目次

H2(ハル子とヒロ) (46)変貌するハル子

「おちつけっ」
腕の中で暴れる駄々っ子に手を焼いたヒロは、思わず頬をはたいていた。

「あ…」
頬の熱さにビックリしたように大きな目を見開いたハル子は
「申し訳ございません、ご主人様…、だめなハル子を、叱って下さませ」
ヒロの腕からするりと抜けるとその場にへたり込んで、土下座しながら服を脱いでいた。

「…、ごめん、ハル子、機嫌直して…」
メス奴隷の口調を当てつけだと思ったヒロは渋い表情を見せたが、手を上げたことは自分が悪いと思って謝った。

「どうか、この淫乱なメスブタに、ご主人様のお情けを、くださいませ…」
シャツを脱いでブラのホックを外したハル子は、膨らんだ股間にすがると淫靡な鈍い光を湛えた目で見上げる。慣れた手つきでファスナーを下ろすと固くなった息子を取りだして頬ずりしていた。

「ハル子?…、しっかりしろ」
固くなった息子に甘い吐息を吹きかけてくるハル子から腰を引いたヒロは、追いすがる肉感的な女体を抱きしめていた。

「ご主人様、何でもしますから…、お願いします、この淫らなメスブタにお情けを…」
ハル子は焦点の合わない目でヒロを見つめて、邪魔な拘束を取り去るかのようにスカートとパンティを乱暴に脱いでいた。

「ハル子、しっかりしろっ、オレをちゃんと見ろ」
目の前の女がハル子ではなく別の女のように感じたヒロは、恐怖さえ感じていた。恐くてハル子がどこかに行ってしまいそうで、思わず両手に力を込めて抱きしめていた。

「ああっ、うれしい、ご主人様、キタナイ、メスブタにお情けを…」
柔らかい女体をきつく縛られるような感覚に、ハル子は悦びの涙さえ流して股間でそそり立つソレを濡れた亀裂に挿入しようとした。

「ハル子っ、しっかりしろっ」
自ら肉体関係を強要する強引さに恐怖するヒロは、今抱きしめている女がハル子じゃないと思った。ハル子であってハル子じゃない、そんな不気味な思いに恐怖した。

「ああっ、気持ちいい、もっと、ついてえっ」
女のアブラがのった腰を妖しく踊らせるハル子はあそこでしっかりと肉棒を咥え込んで、イヤらしい汁気をまぶして出し入れしていた。

「うっ、いいっ、や、やめろ、あ、はあっ」
ネットリした膣粘膜で息子をキツク締め上げられたヒロは、火照った女体を妖しく揺らす肉感的な女体を拒否できなかった。
「んっ、あっ、はあっ、ああっ…」
成熟した女体がまき散らすメスのフェロモンに酔ったヒロは、いつしか官能の悦びにのめり込んで激しく腰を振っていた。

「ああっ、いいっ、ご主人様、あっ、はあ、もっとおっ、ついてえっ」
もだえる女体にのしかかって激しく腰を振るたくましいカラダに手を回したハル子は、シャツをまくり上げた背中に肉欲に溺れた深い業の印として幾筋もの爪痕を残していた。

「おっ、おおっ、くっ、いっ、いくっ、いくぞっ」
背中をかきむしられてケモノじみた劣情を熱く刺激されたヒロは、筋肉張った体に汗を滴らせてヌプジュプとぬめった淫靡な音を響かせて、蜜をあふれさせる花びらの中心に肉棒の出し入れを続けたが、裏スジに熱いこみ上げを感じて柔らかい肉の亀裂に思いっきり股間を押しつけた。

「ああ、ご主人様、はあっ、いっぱい、ああっ、注ぎ込んで、はっ、くださいませっ」
ハル子はキュッと締めつけた膣を強引にかき分けて子宮口にまで食い込んだ肉棒に、ギュッと目を閉じて白い喉をさらしてのけぞった。

「ああっ、いいっ、いっぱい、はあっ、熱いっ、ああっ、いくうっ…」
暴発する熱いザーメンで女体の中心を焦がされる苦痛混じりの快感にもだえたハル子は、肉の悦びに取り憑かれた女体を淫靡によがらせて、汗ばんだ四肢を緊張させて力を込めた足の指を丸めていた。

H2(ハル子とヒロ) (47) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:43:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2603-47a3c8ac
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next