FC2ブログ

== 千人斬りのチヒロ ==

千人斬りのチヒロ (27)チヒロの奥の手

ろま中男3 作品リスト
千人斬りのチヒロ 目次

千人斬りのチヒロ (27)チヒロの奥の手

「なにしてるの、離れなさい」
雪乃の尋常ならぬ様子に切迫した事態だと判断した夏美が緊張した声を上げる。

雪乃は痴漢おとり捜査にこっそり拳銃を持ち出していたが、それは服務規程違反であり、通常勤務の夏美は拳銃を携帯してない。声を荒げて威嚇するぐらいしか出来ず、凶悪な痴漢にたいして有効な制圧力など持ち合わせてなかった。

それに拳銃を携帯していたとしても、警察学校での拳銃操法が赤点(ただし教官に下駄を履かせてもらってなんとか合格)だった夏美にとって、拳銃が有効な武器になるとは思えなかった。

「ああ?…、さっきの童顔婦警さんか…、あとでかまってやるから、そこでおとなしく見てな…、ヘンなコトしてみろ、このスケベな婦警さんが死ぬぞ」
カワイイ声を荒げる夏美を一瞥した痴漢男は腰を振り続けて雪乃をもだえさせながら、どこに持っていたのか小柄を首筋にあてて脅し文句を口走る。

「ああ、死んじゃうっ、私、死んじゃうっ」
突っ伏した机にAカップの胸を押しつけたスリム婦警は、広げられた脚線美の根本に猛り狂った肉棒を突っ込まれて、緊張感のない悩ましげなあえぎ声を上げる。

「おまえ、コレで、コロされるのと、チンポで死ぬほど気持ちよくなるのと、どっちがいい?」
雪乃のあえぎ声を聞いてふてぶてしく笑う痴漢男は、小柄をキレイな首筋に当てて、冗談だか脅しだかよくわからないセリフをうそぶいていた。

「ああっ、いいのっ、はあ、死んじゃうっ」
邪悪な熱気をはらむ肉棒をズコズコと挿入されて足元にネットリした滴を飛ばす雪乃は、男のセリフを聞いてないのが、セミロングの髪を乱してのけぞり、悩ましげな声を漏らしていた。

「ふざけるなっ、雪乃さんから離れなさいっ」
雪乃の媚態に気が抜けそうな夏美だったが、なんとか緊張感を保って犯人を威嚇する。

「あの、やめさせれば、いいんですか?」
はあっ、私も、おちんちん、入れて欲しい…。
緊急事態に静流もチヒロにイタズラするのをやめていた。生殺し状態で気持ちが昂ぶっていたチヒロは、気持ちよさそうにもだえる雪乃に軽くジェラシーを感じながら、ケツ丸出しの犯人のマヌケな後ろ姿に近寄っていた。

「チヒロさん?!…、あぶないっ」
無防備に近寄っていくチヒロに夏美が悲鳴のような声を上げる。
「なんだ、おまえ?…、電車で痴漢されてもだえてたヤツか、おとなしく待ってろ」
尻の筋肉を緊張させて腰を振り、雪乃を陵辱する犯人が、チヒロを認めてバカにしたように笑う。

「おっ、くっ、やっ、やめろ、あっ、ああっ…」
犯人の尻の前にしゃがみ込んだチヒロはケツ穴に指を入れると前立腺マッサージをはじめた。大腸のお腹側のくぼんだあたりを刺激された犯人は、その向こうにある胡桃大の前立腺を刺激されてドライオーガズムにもだえた。

「チヒロさん?…、なにを…」
前立腺マッサージをサービスした経験のない夏美は、犯人のお尻に指を入れたチヒロを不思議そうに見ていた。

「おっ、くっ、ああっ、でるっ」
犯人にとってこのサービスはツボだったようで、たちまちウェットオーガズムに達して雪乃にナカ出しした。緊張した尻肉を震わせてドクドクと白濁液をスリム婦警の膣に注入していた。
「ひっ、あっ、ああっ、イッちゃう、死ぬうっ」
イキナリの暴発で膣壁を熱い白濁液で焦がされた雪乃は、セーラー服をまくり上げられた背筋を緊張させて、苦しそうに頭を振ってセミロングヘアを振り乱す。

「あっ、やめろっ、あっ、あっ、ああっ」
射精に尿道が脈打つ間もチヒロはサービスを続けた。女性のようなオーガズムの連続にもだえる犯人は、肉棒を緊張させたままで2度目の射精をした。
「ああっ、熱いっ、死んじゃうっ、ああっ」
生出しで頂点に達して快感にもだえていた雪乃も、膣ナカに矢継ぎ早のザーメンシャワーを浴びて、快感地獄に苦しそうにもだえて、美人顔を悩ましげに苦悶させた。

「おねえさま、コレ、切っちゃって、いい?」
いつの間にかしゃしゃり出た静流が、犯人の小柄を手にしてビンビンに震える肉棒の根本に当てていた。

「ダメえっ、静流ちゃん、やめてえっ」
セーラー服美少女のアベサダな暴走に慌てた夏美が後ろから押さえ込む。勢い余って紺ミニスカをフワッとまくり上げて純白パンティを丸出しにしていたが、もちろんそんなことにかまっている場合ではない。

「なんでえ?…、悪いヤツでしょ」
童顔婦警に羽交い締めにされた静流は小柄を指先で弄びながら、不満そうにホッペを膨らませていた。

「ああ…、死んじゃう…」
サービスをやめないチヒロに、犯人は3度目の射精に至った。ありったけの精を搾り取られた犯人はひからびたカラダを痙攣させていたが、ナカ出し3連発を喰らった雪乃も3段ロケットのような快感の突き上げにもだえ、だらしなく緩んだ口元からヨダレを垂らし、惚けた美人顔でグッタリしていた。

千人斬りのチヒロ (28) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:05:18 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2586-e00af520
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next