FC2ブログ

== 毛双太郎 ==

毛双太郎 5.ヤヨイ(3)メガネッ娘の誘惑

ろま中男3 作品リスト
毛双太郎 目次

毛双太郎 5.ヤヨイ(3)メガネッ娘の誘惑

次の日から委員長と目があうことは無くなった。たまに目があってもすぐに目をそらして笑顔を見せることはなかった。

その日の放課後オレは忘れ物を思い出して、人影がまばらな校舎を教室に向かっていた。教室に入ろうとしたが見慣れない美少女がたたずんでいるのを見て思わず足を止めた。

なんだか憂鬱そうな雰囲気を漂わすミニスカ美少女に見とれたオレは、彼女がメガネを取った委員長だと分かるまでしばらくかかった。

振り返った委員長に思わずオレは入り口の陰に隠れた。オレに気づかなかったのか委員長はオレの机に近寄ると、抱きつくように机にしがみついた。

つきだしたお尻がミニスカからあらわになってモロパンしていた。オレはドキドキしながらカワイイフリルの付いた純白パンティを見つめていた。エッチな雰囲気を漂わせた美少女の媚態に、オレは股間と劣情を昂ぶらせて鼻息を荒く鳴らしていた。

オレの机に座った委員長はシャツのボタンを外して、豊乳を窮屈に押し込めて丸く膨らんだブラを公開した。緊張感の漂う一瞬の間があったあと、手を下げるとミニスカをまくり上げて紺ソックスの足を広げ、パンティのあの部分に指を行き来させてオナニーをはじめる。

ほとんどの生徒は帰ったとはいえ、校庭から部活をする声が聞こえるのに、切なげな表情を見せて自分の世界に入り込んだ委員長は、大胆なポーズで十分に女らしいカラダをもだえさせていた。

メガネを取った美少女委員長のエッチな媚態に、生唾を飲み込んだオレは心臓をうるさいほどバクバクさせていたが、右手はふくらんだ股間を忙しくさすっていた。

「…ねえ、そんなトコで見てないで、こっち来たら?…、私がしてあげるよ」
湿った息にまみれて股間の刺激に没頭していたオレは、突然委員長から声を掛けられてビクッとのけぞって背にしていた入り口の戸に思いっきり頭をぶつけた。そして「してあげる」って言葉の意味に喜ぶよりキョドっていた。

「ぷっ、ふふっ…、大丈夫だよ、誰も来ないから、おいでよ…、それにコレ取りに来たんでしょ」
頭をぶつけた大きな音に吹き出した委員長は楽しそうに笑うと、優しくささやいてオレを誘った。右手にオレが取りに来たケータイをブラブラさせていた。

逃げ出すことも出来たが、ケータイにロックしてないのでエロサイトを見ていることがバレるかも、とオレは情けない心配をしていた。

「…見られるだけって、結構、恥ずかしいんだから…、三つ数えるうちに出て来ないと、ケータイ、窓から捨てちゃうよ」
可愛い声でオレを誘う委員長は、ケータイを人質にとって脅してくる。

覚悟を決めたオレは、ふくらんだ股間に腰を引いたみっともない姿で委員長の前に出た。

「…、ケータイ、ここよ」
イスに座った委員長は片足を上げてかかとを座面に乗せると、ミニスカをまくり上げて股間の柔らかい肉に食い込んだパンティを丸出しにした。

はだけたシャツから丸く膨らんだ純白ブラとクッキリした谷間を見せつける委員長は、カワイイ笑顔にかすかに卑猥な空気を漂わせてケータイをパンティの中に入れた。

「なっ、…、手、手を入れるぞ、いいのか」
パンティの二重になった部分を不自然に膨らませてメスの色香を漂わす委員長に、オレは口にたまったツバを無意識に飲み込みながら精一杯強がった。

「うん、そうしないと、取れないよ…」
すごむオレにまったく動じる様子のない委員長は可愛い笑顔を見せると、ケータイでふくらんだパンティの股間を突き出してきた。

毛双太郎 5.ヤヨイ(4) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:07:49 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2530-a6c8df7e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next