FC2ブログ

== 毛双太郎 ==

毛双太郎 番外編アイリ(13)世界でいちばん幸せ

ろま中男3 作品リスト
毛双太郎 目次

毛双太郎 番外編アイリ(13)世界でいちばん幸せ

「いや…、お願い…、死んじゃう、死ぬ…、あっ…、やっ、だ、め、あ…」
あ、あ、ああっ、い、いっちゃ、うっ…、まっしろ…、あ…、いくう…、やっ、またっ、ああっ、や、やだ、ああっ…、あんっ、やあっ、ああっ…。

制服に包まれた女体を緊張させたアイリは、稲光で頭の中が真っ白になったような初めての体験に怯えながら、大人の女の悦びを全身で感じていた。

はじめてエクスタシーを味わった美少女はグッタリしてベッドに突っ伏した。ベッドに倒れ込んで突き上げたお尻にしがみついた太郎は、気が遠くなるような快感で弛緩する女体にお構いなしに腰を振って、肉棒の出し入れを続けてあふれ出る愛液をかき出していた。

「お願い…、あっ、あんっ、ああっ、また、ああっ、いいっ、はあっ、いや、あっ」
あっ、またっ…、いっ、やっ、だっ、ああっ、また、ああっ、やっ、感じ、すぎるっ、ああ、やあっ、ああっ…。

メスの悦びでカワイイ顔に艶めかしい表情を浮かべたアイリにいきり立った太郎は、興奮した鼻息を響かせながら発情した女体を覆う薄皮のようなシャツをはぎ取る。震える指先でなんとかホックを外してまぶしい純白ブラを奪い取ると、胸にぶら下がった乳房の先端で勃起した乳首が、太郎の劣情を誘うようにプルプルと震えていた。

肩胛骨の浮き出た背中に抱きついた太郎は肉の悦びにまみれて肉棒の出し入れを続け、汁気がシェイクされて肉に打ちつけられる淫靡な音を、美少女のプライベートルームに響かせていた。

「…今度は、前からだ、またがれ」
ミニスカと紺ニーソだけになった女体を仰向けにさせた太郎は、対面座位に切り替えるとさっきのスマタを思わせる体勢でナマ本番を再開した。

「あっ、あんっ、もう、許して、あっ、いやっ、あんっ、変になる、また、あんっ、壊れちゃう…」
あっ、ふかいっ、あっ、やっ、あたるっ、ああっ、だ、あっ、壊れるっ、やあっ、あついっ、おちんちんが、ああっ…。

M字開脚した汗のにじんだ太ももをプルプル震わせるアイリは、突き出した股間を密着させて発射寸前の肉棒を奥まで迎え入れていた。ズコズコと出入りを繰り返す肉棒にのけぞったカラダが痙攣したように弓ゾリになって、とうとうガマンしきれずにベッドに倒れ込んでいた。

「…、おっ、おうっ、いくぞ、出すぞ」
仰向けになった若い女体を追いかけるようにのしかかった太郎は、ケダモノじみた興奮に支配されて激しく腰を振りまくる。思いっきり腰を押しつけてカリを子宮口に食い込ませた太郎は、裏スジに電流が走ったような衝撃を受けた。瞬間動きを止めてナカ出しイコール妊娠のイメージを頭に浮かべ、慌てて腰を引いた。

「あっ、もう、だめ、あっ、あんっ、あっ…」
くっ…、あっ、もう、だ、あっ、やっ、ああっ…、い、いいっ…。

いったん動きを止めた太郎は肉棒をカリまで引き抜いたが、本能には逆らえずまた挿入を繰り返した。ズンズンと突き上げられて上向きに若干ひしゃげた乳房の中心で、ピンと突き上がった乳首を忙しく前後させるアイリは、また快感の頂点に突き上げられていた。

「…だすぞ、ほらっ、うっ、ううっ」
尿道をこみ上げる熱い粘液を意識した太郎は、かろうじて本能に打ち勝って愛液まみれの肉棒を抜き出すと、艶めかしい表情を浮かべる美少女の顔にまたがった。

「…で、ううっ、くっ…」
ふくれあがった肉棒の先端から白濁液が噴出し、艶めかしい表情を見せるカワイイ顔に白いまだら模様を作る。間に合わずに口内発射はできなかったが、美少女の顔にドピュドピュッと間欠にザーメンをばらまいた太郎は、性欲まみれのただれた満足感にだらしなく顔を緩め、愛液でヌルヌルのサオをシゴいて尿道に残った残滓をひりだしていた。

「うっ、やだ、あんっ、…」
あ、あんっ、目が…、や、ああっ、熱い、ナカが、ピクピクしてるうっ…。

ギュッとつぶったまぶたの上に熱い粘液を感じた。快感の頂点で浮遊感を味わう女体は、栗花クサイ香りで鼻腔を刺激されると、本能的に膣を収縮させて精子を受け入れるメカニズムを発動させていた。

「…」
ありったけの精を絞り出した太郎は、初体験の女体をザーメンまみれにして自分色に染めた満足感の帯びただらしない笑みを浮かべると、そのままベッドに倒れ込んで意識を無くしていた。



「…、起きた?…、太郎って、ヒドイよね、顔に出すなんて…、目に入って、スゴイ痛かったのよ…、それに…、私が、やめて、っていっても、やめないで…、いつまでも、して…、すごくて…、変になっちゃいそうで…、死ぬかと思ったんだから」

あ、太郎…、起きた?…、すごかった…、セックスって、あんな、なんだ…、私、溺れちゃいそう…、あん、また、私、素直じゃない…、どうして、言っちゃうのかな…、でも、ほんと、おかしくなっちゃいそうで、でも太郎、いつまでも、やめなくて…、よかったけどね、えへへ…。

いぎたなくいびきをかき始めた太郎のよこで、ザーメンまみれのカワイイ顔をキレイにぬぐったアイリは、窓際に座って太郎の意識が戻るのを待っていた。

思ったより早く起きた太郎にウットリした顔を向けたアイリは、照れ隠しなのか饒舌になって思いつくままつぶやいていた。

「そうか…、ゴメン」
全身を襲う心地よい倦怠感を意識しながら立ち上がった太郎は、エロかわいいアイリをぼんやり見ながら、いつもの毒舌にもどったのか、と警戒して心持ち腰が引けていた。

「今度は、ちゃんとしてね…、ちゃんとしないと、許さないからね」
今度は、もっと、もっと、気持ちよくしてね…、じゃないと、許さないんだから…、太郎、スキ…。

ぼんやりする太郎にイラズラっぽく笑ったアイリは、形のいい乳房を恥ずかしそうに両手で隠していた。

「うん…、今度は、気持ちよくて、死んじゃうくらい…、してやるよ」
淫靡な雰囲気を漂わせる美少女の小悪魔な笑みに見とれた太郎だったが、ツンデレなおねだりにデレデレの笑い顔を浮かべると、蜜に誘われるミツバチのようにミニスカだけの魅力的な女体に近寄っていた。

「…もう、また、エッチな顔になってるよ、…また、する?」
やんっ、そんな目で見ないで…、また、エッチな気分に、なっちゃう…、さそっちゃおかな…、えへへっ、私って、エッチ…、やあんっ…、でも、ホントに…、太郎、スキッ…。

迫ってくる太郎のスケベ面に恥ずかしそうに顔を伏せたアイリは、しかし急に立ち上がって抱きつくと心地いい弾力を返してくる乳首の尖った乳房を、少年の胸板に押しつけていた。

太郎の温かいカラダを意識して、下着を着けてないあそこが火照って湿ってくるのを意識した美少女は、甘い吐息を吹きかけるように耳元にカワイイ声をささやいていた。



私はアイリ。ずっと片恋で思い続けてきた男の子と今日結ばれた、世界でいちばん幸せなかわいくて元気な女の子よ。

毛双太郎 番外編アイリおわり
毛双太郎 5.ヤヨイ(1) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:26:11 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2527-7ec86423
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next