FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 1.真由美 (25)悦びにとろける

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 1.真由美 (25)悦びにとろける

「くっ、絞めて、きやがる…、どうだ…、いいのか」
ハーフ顔美女のアナルを犯した男は、M字開脚した発情した女体に覆い被さると、切なげに目を閉じる顔をのぞき込んだ。

ああっ、見られてる…、や、なのに…、感じちゃう、お尻が、熱い、…。
男の荒い鼻息をかすかに汗のにじんだ顔で受けた真由美は、ゾクゾクするような倒錯した興奮に魅惑的な女体を熱く昂ぶらせて、ピンと立った乳首をプルプル揺らしていた。

「おら、言え、この変態、ケツを犯されて、気持ちいいんだろ」
悩ましげにゆがんだ美顔を見つめて荒い息にまみれた男は、かすかに開いたセクシーな唇をつかんでプックリしたキレイなシェイプをゆがめると、指を口に突っ込んでいた。

「ふあっ、ああっ」
ああ、責められてる…、私が、淫乱だから…、はあっ、お尻が、…。
男の言葉責めで侮辱されて被虐色情を煽られる真由美は、あそこの亀裂からイヤらしい汁を後ろのアナまで垂らして、菊文様のアナをムリヤリ拡張する肉棒にヌメリ気を与えていた。男の問いかけに答える代わりに真由美は指に舌を絡めてネットリ舐め上げていた。

「いいらしいな、この変態…、じゃあ、してやるよ」
指を愛撫する美人顔に興奮した男は火照った女体に抱きつくと、荒い吐息を真由美の首筋に吐きかけながら腰を振りアナを陵辱する。

「ひっ、あ、ああっ、ああっ」
ああっ、お尻っ、がっ…、あっ、ああっ、いいっ、いやっ、ああっ、…。
広げられた尻アナの括約筋を猛り狂った肉棒で拡張される真由美は、A感覚の興奮で汗ばんだ女体をのけぞらせてイタ痒いような快感に打ち震える。ヒクヒクと震える秘肉から溢れてダラダラと垂れてくる愛液が肉棒を浸し、潤滑油として働いて挿入をスムーズにしていた。

「くっ、絞めてきやがる…、うっ、いいぞっ、おっ、出るっ」
真由美の尻アナを陵辱する倒錯した興奮に腰を振りまくった男は、キツイ締めつけに早くも限界に達した。汗ばんだ女体をきつく抱きしめて股間を尻アナに押しつけると、熱い粘液を直腸にまき散らした。

「ひいっ、いっ、あ、ああっ」
あ、熱いっ、ああっ…、お尻が、焼けるうっ…。
キツイハグに上半身の自由を奪われた真由美は、ベッドに広がったみだれ髪に顔をなすりつけるようにもだえながら、M字開脚したナマ足をピクピクと震わせていた。

「く…、ううっ…、はあっ、よかっただろ」
めいっぱい膨らませた愛棒で真由美のアナにザーメンをまき散らした男は、放出の満足感でニヤけた笑いを浮かべながら、ツンと突き上がった乳首をなぶっていた。

「ああ、はあっ」
ああっ、はあっ、ああんっ、はあ、…。
倒錯した暴力的な陵辱が止んでしばしの静寂が訪れる。直腸にベッタリと張り付いた粘液に残便感のようなムズムズしたもどかしさに襲われて、真由美は排便をガマンするような落ちつきなさを感じていた。

「じゃあ、キレイにしろ」
男はしぼみはじめた息子を尻アナから抜き出す。硬い便秘便が挟まっていたのが急に抜けたように、尻アナは開けていた口をゆっくりとすぼめていったが、カリにかき出された白い粘液が菊文様の中心から垂れていた。

「あ、ふあっ、ふあっ」
やっ、汚い…、ああっ、はあっ、いやあ、…。
男は真由美の顔にまたがって半立ちの息子を口にムリヤリねじ込んできた。さっきまで自分の排泄器官を犯していたそれに、不潔な嫌悪を感じて怖じ気に震えた真由美だったが、男の強圧的な態度に逆らえずに、それを咥えていた。

「おらっ、ちゃんと、ペロペロしやがれっ」
男は真由美のキレイな顔を見おろしながら、この美しい女体を汚い珍宝で穢す倒錯した興奮にまみれ、サラサラした髪ごと頭を押さえて腰を振り、湿った吐息にまみれていた。

「ふっ、ちゅっ、ちゅぶっ、ふああっ」
いやっ、やっ、ああっ、やめ、て…、あ、ああっ、…。
真由美は狂気に満ちた興奮に翻弄されていた。唇に突き刺された肉棒はすぐに膨張して口の中を一杯にしていた。唾液が溢れるほど湧いてきてジュブジュブと音を立てる。嘔吐感に耐えながら真由美は懸命にお口の愛撫を続けていた。

「よし、今度は前からしてやる」
ハーフ顔美女の極上フェラに満足した男は、腰を引いてツバでテラテラに濡れた息子を満足そうにシゴクと、だらしなく広げた足の中心部にあてがう。

「うげえ、げええ…」
う、きもち、わるい…、ああっ、やだあ…、あ、あああ、…。
膨らみきった肉棒から開放された真由美は、口に溜まったツバにウンコが混じっている気がして、口のナカのモノをすべてはき出していた。しかし男はかまわずに膨らんだ先端を濡れた秘肉にこすりつけて、真由美のメスを煽っていた。

「おら、入れてやる…、うっ、ううっ」
美女を陵辱する興奮にまみれた男はイヤらしく笑うと、先端が食い込んだ亀裂に腰を押しつける。するりと飲み込まれた肉棒はカリを広げて内壁のヒダヒダにこすりつけられる。

「あ、ああっ、はいって、るうっ」
あ、ああっ、おっきいっ…、おちんちん、おっきいよお、…。
今度は前のアナを血管の浮き出た肉棒で一杯にされた真由美は、汗に濡れて発情した女体をのけぞらせ、今まで感じていた嫌悪感などすっかり忘れてただれた快感を楽しんでいた。

「そうか、そんなにいいかっ、このドスケベ女め」
快感にもだえ苦しむハーフ顔美女を見おろす男は、魅惑的な女体を征服した気になってご主人様気取りで機嫌良く腰を振る。肉棒がジュブジュブとイヤらしい音を立てて愛液をかき出して、パンパンとぶつかるお互いの腰に細かい糸を引く。

「あ、ああっ、いいっ…、もっと、もっとおっ、突いてえっ」
はあっ、ああっ、いいっ、狂っちゃうっ、ああっ、もっと、してえ、…。
メスの喜びに浸りきった真由美は、美顔に淫らな笑みを浮かべてケモノじみた陵辱を受け止めていた。男の腰の動きに合わせて柔らかい女体が踊るようにのたうち、肉棒を咥え込んだ濡れ濡れの秘肉が忙しく伸縮していた。

ろま中男劇場 1.真由美 (26)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 01:51:45 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2521-187b97e8
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next