FC2ブログ

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (30)おいしいカルピス

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (30)おいしいカルピス

「くうっ、いいぞ、しまるっ…」
くっ…、おおっ、いいっ、たまらんっ…。
尻アナは膣のように妖しくくねって締め付けたりしないし、カズノコ天井でもなければミミズ千匹でもないので、しっとりした肌の尻肉を抱えたオレは安心して腰を振って、拡張したアナに肉棒を出し入れしていた。

「やっ、あっ、やだっ、ああっ」
肉棒の挿入に合わせてズンズンと突き上げられるみなみは、苦しそうな声を漏らして排泄器官の陵辱に耐えていたが、マゾ女の本性は秘肉の亀裂からダラダラと愛液を垂らして、ニーソトップまで濡らしていた。

「いいだろ、こっちのアナも、なっ」
おおっ、でけえっ、気持ちいいっ…。
オマ○コでの本番やフェラでは押されっぱなしのオレは、みなみが尻アナを犯されて切なげによがるのがうれしくて上機嫌だった。だらしないニヤけ面をぶら下げたオレは苦しそうにお尻を突き出すみなみを抱き起こすと豊満な乳房を揉みながら、立位で腰をカクカク振り続けた。

「いやあ…、あんっ、許してえ…、あっ、変態、ううっ、よお…」
胸をはだけられたみなみは続けられる陵辱に苦しそうに頭を振って、触覚ヘアを左右に揺らす。手で支えられなくなって懸命にバランスを取る女体は、時折尻アナに力を入れて息子をキツク締め付けてきた。

「うっ…、くっ、で、るっ」
くうっ、きついっ…、おわっ、でるっ…。
括約筋できつく根本を絞られたまま調子に乗って息子を抜き出したせいで、いっきに発射の予感に襲われたオレは、あわててみなみをしゃがませると
「飲めっ、カルピスだっ、うっ」
裏スジに熱い奔流がこみ上げてくるのを意識しながら、さっきまで尻アナに入っていた息子の先端をカワイイ唇に咥えさせた。

「おっ、おおっ…、はああ…」
ああっ…、うっ…、ううっ…、お、おお…。
裏スジのしびれにのけぞったオレは、ドクドクとズルムケチンポを脈動させて粘っこい白濁液をカワイイ口の中に放出した。気が遠くなるような気持ち良さを味わっていたオレは、無意識に尻に力が入って尿道の精子を注ぎ込んでいた。

「うっ、んっ、んんっ…、くんっ、こくっ」
嫌がるそぶりもなくカリを咥えたみなみは口内発射されたネバネバを口いっぱいに受けると、舌に集めて転がすように味わってから、全部飲み込んだ。

「んっ、はあ…、おいしかった…」
特濃カルピスをキッチリ全部胃に収めた先輩美少女は、唇のハシに淫らなおツユを見せるウットリした笑みでオレを見上げた。

「キレイにしてあげる」
着乱れた姿で豊乳をひりだしたみなみは特濃カルピスを存分に味わってうれしそうな声を漏らし、後始末のご奉仕でペロペロと肉棒を舐めはじめる。
「おっ、おお…、くっ、ちょっ、タンマ…」
うわっ、くうっ、よすぎる…、だ、だめっだっ、…。
勃起した乳首を揺らすみなみの絶品フェラでしぼみはじめた息子がたちまち元気になってきた。続けざまに発射する予感に慌ててオレは腰を引いてしまった。

「やんっ、どうしたの…」
名残惜しそうに手を伸ばしたみなみは、オレの弱気などおかまいし無しにすがりついてくる。

「そろそろ、休み時間終わりだろ、戻らないと、な」
あのままじゃ、すぐにイッちまうよ…。
悲しそうに見上げるみなみに背を向けたオレは、慌ててズボンを上げる。
「…、そうね…、じゃあ、続きは試験が終わってからね…、あ、そうか、試験の相手、私だった」
渋々納得したみなみは、しかし次の試験のパートナーであることを持ち出すと、丸出しの乳房を隠してうれしそうに腕を組んでくる。

「それって、ホントだったのか」
うそ…、冗談だろ、…。
あれは3人を引き下がらせるための方便だと思っていたので、オレは素になったマヌケ面で聞いていた。

私立聖光威学園 (31) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:18:33 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2519-5a4d84c5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next