FC2ブログ

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (25)試験で本番

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (25)試験で本番

「またお漏らししやがって、見られるのがそんなにうれしいか、どんだけスケベなんだ」
うへえっ、やらしいっ…、
ネチョッとオマ○コに垂れた粘液がシーツに糸を引くのを見届けたオレは、つらそうに顔を伏せる優子をのぞき込んで言葉責めを続けた。

「ああっ、ううっ、お願い、もう、許して…」
いかめしい顔で迫ってくるオレから逃げるように顔を背けたハデメイクの顔は、ポロポロと涙をこぼしていたが、それ以上にあそこは愛液をあふれさせていた。

「どうだ、欲しいか、おしゃぶり、したいだろ」
スケベな顔しやがって…、この淫乱め…。
加虐色情の倒錯した興奮に昂ぶったオレは、ビンビンの息子を取りだして優子の鼻先に突きつける。
「はあっ、ああっ、ほしい、です…、おちんちん、おしゃぶり、させてえ…」
カウパー汁でネチョネチョの先端から漂うケダモノじみた匂いを、鼻腔いっぱいに吸いこんだどM美女は、しっぽを振るように突きあげたお尻をフリフリしてはしたないおねだりをしていた。

「おらっ、しゃぶれっ」
「はあっ、ああっ、ちゅうっ、ちゅくっ、ちゅっ、んっ…」
ご主人様のOKがでると同時にどMメス奴隷は息子をしゃぶりはじめた。先端に唇が吸い付いて、舌が絡んできて、カリが口に含まれて、サオまで咥えて喉の奥まで使って優子はしゃぶり付いてくる。
「ふわっ、ちゅぶじゅうっ、じゅるるっ、ちゅぶるじゅぶっ」
汗の浮き出た顔で股間にしがみつく優子は、息子におツユが絡みつく淫靡な音を響かせていた。

「お、おおっ、い、いいぞ…」
た、たまらん…、くっ、良すぎるぞっ…。
エロの名門聖光位学園の教師は伊達ではなかった。触れただけで腰がとろけそうなフェラは、学生のみなみをはるかに凌駕するハイパーテクだった。

「もういいっ」
鎧袖一触のフェラにたちまち発射しそうな予感に襲われたオレは、慌てて腰を引いて妖艶な唇から逃れた。
「え、やだっ、もっと、おちんちん、ちょうだい」
メスの本能に支配されて淫靡に腰を振る淫乱奴隷は肉棒を求めてすがりついてくるが、トップ合格するには先にイカされ無いことが最低条件だとおもっていた。
「下の口に食わしてやるから、おとなしくしろ」
一か八かでベッドに仰向けになるとエロ美人教師にまたがるように命令した。

「はい…、あ、あんっ、おちんちん、はいってくるう…」
網タイツの足を広げて腰の上にまたがった優子は、いやらしい汁を垂らす亀裂にカリを咥え込んでゆっくりと腰を落としていった。息子の形に広げられた柔らかい肉はネットリした汁を溢れさせて、サオに幾筋も滴を垂らしていた。

「くっ、い、いいぞ、うっ、うう…」
淫らにおっ広げた網タイツの太ももがプルプル震えていた。とろけそうな肉門に入り込む息子に粘膜が絡みついてきて、オレは早くも発射の予感に襲われていた。
「ああっ、はいった、おちんちんが、優子のナカに…」
自慢のズルムケチンポを根本まで咥え込んだエロ教師は、のけぞって天井を仰ぎながら、いやらしい声を漏らしてオレのオスを煽ってくる。

「ま、まて、動くなよ、このどスケベ女」
「え、や、やだあ…、ズコズコしてえっ」
とても一筋縄では太刀打ちできないとわかっていたので、部屋の一角に置いてあった性具を隠し持っていたオレは
「コレを入れてからだ」
特大アナルビーズを差しだした。

「コレ入れたら、ズコズコしてくれるのね」
抵抗するよう様子など全く見せない優子は、宝石のような輝きを帯びた特大ビーズをペロペロ舐めてツバをすりつけると、
「あ、あんっ、おしりに、ああっ、はいって、くるうっ」
頓着無く自らのケツ穴に差し込んだ。

「くっ、ぜ、ぜんぶ、いれろよ」
やべえっ、きもち…、良すぎる…、う、ううっ、まだだ、ぞ…。
ケツ穴も開発済みの女体は特大ビーズを一個ずつ直腸に挿入するたびに、シワの寄った菊門を大きく広げて着実に咥え込んでいく。窮余の策は諸刃の剣で直腸の内壁越しにビーズがこすれて息子を刺激し、興奮にした女体は膣粘膜で締め付けてくる。暴発しそうな息子をオレは懸命になだめていた。

「あっ、ああ、あんっ、ぜ、全部、入れました…、ズコズコ、してえっ」
特大ビーズを全部ケツ穴で飲み込んだ発情した女体はハアハアと肩を揺らし、汗がにじんだ乳房をタプタプと上下させる。ギュッとしぼんだケツ穴から引っ張り出す時の持ち手だけ突き出した優子は、肉棒の出し入れをおねだりする。

「まだ、まだだっ、オ○ンコ見せろっ」
自分から腰を振ったらあっさり果ててしまうのは目に見えているので、最後のあがきでオレはエロ美人教師に、濡れ濡れスジの先端にある一番感じるポッチを見せるように命令した。

私立聖光威学園 (26) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 17:28:48 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます





        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2514-7a7354e5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next