FC2ブログ

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (21)合格?

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (21)合格?

「じゃあ、はじめて、アナタ、来て」
ブラウスの大きく開いた襟からタプタプ揺れる大きな乳のナマ肌と深い谷間を見せるフェロモン美女は、試験開始を宣言すると所在なさ気に立つオレに声をかけて教室を出た。

「あの、どこに?…、試験は?」
確実にフェロモンが混じっている気がするパフュームに鼻孔をくすぐられ、プリプリ揺れるタイトミニのお尻と、深く入ったスリットにチラチラする白い太ももを眺めて股間を熱くするオレは、どこに行くのか、試験がどうなるのか聞いていた。

「昨日はずいぶんがんばってたわね」
オレの声に横顔を見せて目のハシにかすかに笑みを浮かべた彼女は、急に振り返るとたわわな胸の下で腕を組んで、大容量の柔らかい肉をタプタプさせながら、小悪魔な笑みで見つめてくる。

「あの…、それは?」
麻里子たちとイタしたことだとわかったが、それをこのフェロモン美女が知っているとは思えなかったので、オレは曖昧に聞いた。

「ここよ」
何も答えずに歩き出した彼女は、ドアが並んだ廊下に出ると最初のドアを開けた。
「ここは?」
そこはどう見てもラブホの一室だった。まだ状況がよくわかってないオレは、それをわざわざ聞くマヌケぶりを意識してなかった。

「アナタの試験はここでやるの、課題はさっき言った通りよ」
ベッドに腰掛けて、ガーターベルトで吊られたレーストップ網タイツの太ももをゆっくり組んだ美女は、上目遣いのネットリした視線でオレを誘っていた。
「はあ、そうですか」
どうやら試験は聖光位学園の教員らしいこのエロ美女が特別にしてくれるらしい。

「でも、なんで?」
またもマヌケな質問をしてしまったが、オレは至って真面目だった。
「そうね、一応説明した方がいいわね、座って」
上にしたひざに肘をついてその手にアゴを乗せて前屈みになり、大きく開いたエリからたわわな乳房を見せつける様な美女は、隣に座るように促す。

「はい…」
タイトミニの深いスリットが大きく開いて、網タイツをはいてない太ももをまぶしく見せていた。オレはそれが見える程度に距離を置いて座る。
「小嶋麻里子、大嶋敦子、板野みなみ、篠田友美だったわね」
前を向いて端正な横顔を見せる美女は、昨日イタした女の子の名前を順に挙げていった。

「う…」
はっきりしたその声にまるで悪事を暴かれたような気がしたオレは、みっともなくキョドっていた。
「みんな気持ちよさそうだったわね…、で、アナタ、合格よ」
落ち着かないオレを見下すように笑った彼女は、オレの膝に手を置いて合格だという。

「へ…、そうですか」
威圧的な迫力美女から叱責されるのを予想して身構えていたオレは、気抜けしてまたマヌケな声を漏らしていた。
「でも、首席合格が目標なんでしょ、だから特別に試験することにしたの、私をイカせたら、トップ合格ということ」
まだ要領を得ないオレに彼女はゆっくりと足を組み直すと、ネットリした笑みでオレを見つめた。
「う…」
いったん開いたカラダから大量のフェロモンが発散した錯覚を覚えたオレは、オンナ臭さにむせそうになるのをこらえていた。

「イヤならいいのよ、もう合格は決まってるんだし、どうする?」
胸の下で腕を組んで大きく開いた襟から乳房が溢れそうなエロ美女は、オレの膨らんだ股間に挑戦的で蠱惑的な視線を這わせていた。

私立聖光威学園 (22) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:00:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2510-09e916db
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next