FC2ブログ

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (16)ロリマンにロックオン

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (16)ロリマンにロックオン

「ううっ、ふんんっ、ふううっ、はふあっ、ふううっ」
うつぶせに床に顔を付けてお尻を突きあげ、ヌルヌルの秘肉を丸出しにされた破廉恥なポーズのみなみは、まだ泣き声混じりのマヌケな声を漏らしたがその合間に、マゾ奴隷らしくオモチャにされて弄ばれる妄想に興奮して甘えた吐息を漏らす。

「せんぱい、きもちいい?…」
膝をついて広げたニーハイブーツの間に手をついて四つん這いになった友美は、カワイイ舌を突き出して濡れたスジをチロチロ舐めだした。

「んん…、ふ…、んっ、ふふっ…」
子猫のような舌使いは思いの外みなみには効いたようだ。ラバー素材の帯で引き絞られたボンレスハムのような女体が切なげに震えて、ボールギャクのスキマからサカリのついた吐息が漏れてくる。

「友美は先輩想いのイイ子だな」
四つん這いになった友美は背筋を反らしてお尻を振り、これ見よがしにセーラー服のミニスカのスソからパンチラしていた。
「ご褒美だ」
湾曲した背中から丸い盛り上がりを見せるお尻、チラ見えするパンティからはみ出してプクッと膨らんだナマ太もも、ニーソのヒザまでいやらしい視線でなぞったオレは、ヒダミニスをまくり上げると太ももの根本に挟まれてプックリ膨らんだあそこに鼻を突きつけた。

「うはっ、おらっ」
濡れたフリルスケパンはあそこに張り付いて、淫靡なスジをはっきり見せていた。鼻をネットリ濡らす愛液にかすかにケモノの匂いを感じたオレは、パンティ越しに舌を這わせる。

「あんっ、きゃうんっ、はあっ、あんっ、はあっ」
再開された舌の愛撫にカワイイあえぎ声を漏らす友美は、セーラー服に押し込めた発情するスレンダーな女体を快感によがらせながら、
「ふうっ、ふあっ、んっ、んふうっ」
先輩に対するご奉仕を律儀に続けて、発情してかすかにスキマをみせるスジからあふれ出る愛液を、母猫の乳房をなぶる子猫のように舌先ですくっていた。

「パンティ脱がせてやる」
スケパンからにじみ出て溢れる愛液はオスの劣情を煽るフェロモンも発しているようだ。ビンビンの息子で窮屈になった股間を解放して、下半身裸になったオレはスケパンをズリ下げてニーソに絡めた。

「あんっ、友美、はずかしいよおっ」
四つん這いの女豹ポーズでお尻を突き出し、愛液でヌルヌルのあそこを突き出す友美は、先輩への愛撫を続けながらうれしそうな声を上げる。
「んっ、んふっ、んっ、んっ」
メスの欲情で昂ぶったロリ美少女に舌を差し込まれてGスポットを舐め上げられたみなみも、後ろ手に拘束した背中を反らせてマヌケな雄叫びを上げる。

「入れて欲しいか」
サカリのついた二つの女体に鈴口からヨダレを垂らし、ヌルヌルになった息子の先端でスジをコスりながら、セーラー服の欲情した女体にのしかかる。
「あんっ、入れてえっ」
熱いズルムケチンポに三つ編みロリ美少女ははしたないあえぎ声を上げる。

「ちゃんと言え、友美のオマ○コにおちんちん入れてください、って言うんだ」
絡みついてくるヌルヌルの花びらに上機嫌のオレは、いやらしいおねだりを要求する。

「はあんっ、友美の、オ○ンコに…、おちんちん…、ああっ、いれて、ください」
汁気で濡れたチンポにかき分けられた秘肉の、合わせ目からダラダラといやらしい汁を垂らす発育途上の女体は、淫らな妄想にまみれてかすかに痙攣しながら、はしたないおねだりを口走っていた。

「よしっ、ご褒美だっ、おらっ」
素直におねだりするアヒル口美少女に上機嫌のオレは、サオを握って膣口に照準を合わせると、湿った興奮で淫らにくねるセーラー服のカラダに抱きついた。

「あっ、いっ、いいっ、友美のオマ○コに、おちんちん、はいってるうっ」
バックから挿入された友美は命令されてないのに、いやらしいセリフを吐いてナマ本番の気持ち良さにスレンダーな女体をよがらせる。一気に突入したチンポで広げられた秘肉のスキマからネットリした汁が溢れ、垂れた滴がニーソトップで引き絞られたへこみに溜まっていた。

私立聖光威学園 (17) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:58:29 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2505-13b91860
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next