FC2ブログ

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (13)女子トイレで

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (13)女子トイレで

「あ、やだあ…、あっ、ああっ、あんっ、や、ああっ、漏れちゃう」
ヒザ立ちに起き上がらせたみなみに抱きついてヌルヌルのスジに息子をコスりつけていると、下腹がゴロゴロ鳴ってみなみはモジモジし始めた。

「お、来たな、じゃあ、トイレ行くか」
服を着て黒ラバーの拘束衣で緊縛されたどM女の体をドアまで連れて行くと、
「ああっ、お願い、なにか着せて、これじゃ、恥ずかしい」
内マタにムッチリ太ももを緊張させ、便意をこらえたみなみが恥ずかしそうにかぶりを振る。

「これでいいか」
壁に吊ってあったブレザーをみなみの肩に掛けて部屋を出た。とりあえず背中は隠していたがスベスベのケツは丸出しで、前屈みに股間をすり合わせてもアンダーヘアがバッチリ見えていた。
「ああっ、おねがい、はやく、漏れちゃう」
苦しそうに息を吐きながら股間をすり合わせるみなみは、拘束衣で引き絞られた女体からアブラ汗を垂らし、菊門をプルプル震わせて懸命に便意に耐えていた。

「あれ、トイレ、どこだっけ?」
下腹を突き上げる鈍い痛みに苦しそうにカワイイ顔をゆがませるみなみに、どSな興奮で顔がニヤけそうになるのをこらえたオレは、わざとトボケてジラしていた。
「お願い、こっち、はやくしてえ、漏れちゃうっ」
イジワルをするオレをチラ見したみなみは内マタの千鳥足でトレイの方に歩いていく。

「ココはダメだ」
みなみが来たのは女子トイレだった。生まれてこの方女子トイレには入ったことがないので、よろよろと入ろうとするみなみを引っ張って男子寮に行こうとした。
「だめえ、もう、漏れちゃうっ、お願いっ」
便意は限界に来たようで、アブラ汗を額から流した触覚ヘア美少女は、懸命に後ずさりしていた。
「しょうがねえなあ」
風呂も混浴だし、女子トイレぐらい入っても大丈夫だろうと軽く考えたオレは、みなみに着いていった。

「やだあっ、おねがい、閉めてえっ」
「だめだ、このままでしろ」
幸い女子トイレには誰もいなかった。緊縛されたまま個室に入ったみなみが便意の悪寒に震えながら便座に座り込む前にしゃがんで、オレもウンチ見物を決め込んだ。

「ああっ、もうだめえっ」
ドアを押さえられ、後ろ手に緊縛されたままでどうしようもないみなみは悲鳴じみた声を上げると、恥ずかしい破裂音を響かせて、半液状の便を便器に噴出した。

「やっ、やだあっ、見ないで、聞かないでえっ」
さすがにかわいそうでクサイとは言えなかったが、男子の目の前でウンチする行為だけで美少女の自尊心は粉砕されていた。羞恥にまみれて目にいっぱい涙を溜めたみなみは、ハンドカフスに縛られた手を懸命に伸ばして水を流そうとするが、それはムダな努力だった。

「ううっ、う…、やだ、もう…」
「流してやるよ、ほら、ケツもキレイにしろ」
スカトロ趣味はないので便器に浮かんだウンコを流してやると、嗚咽をこらえるみなみを見ないようにしてウォシュレットのスイッチを入れた。

「ああっ、や、ああっ…、見ないでえっ」
ウンコはキレイに流れたので、オレは内マタにヒザを合わせた股間をのぞき込んで、尻アナがキレイなったか確認していた。出すモノを出してスッキリしたのか、悲しそうな嗚咽はやんでその声には淫靡な響きが混じっていた。
「じゃあ、続きするか」
尻アナを叩く水流がヨゴレを流したのを確認したオレは個室に入り込んで鍵を掛けると、緊縛されたみなみを壁に向かって立たせた。

「やだあっ、こんなとこで…、やめてえ、へんたいよお…」
口では抵抗するみなみだったが、素直に壁に寄りかかるとお尻を突き出していた。
「おら、いれてやる」
ブレザーをドアに掛けると汗とアブラ汗でヌルヌルするお尻を抱えて、その奥の洪水状態のスジにチンポをブチ込んだ。

「やっ、ああんっ、おちんちん、はいってるうっ」
ヌルヌルマ○コはあっさり息子を咥え込むとすぐにキュッキュと締め付けてきた。切なげにのけぞる緊縛美少女は生乾きの髪でオレの鼻をなでつけていた。

「うっ、お、おおっ、い、いいぞっ」
みなみは麻里子ほどの名器ではなかったが8の字筋を鍛えているのか、カリからサオにかけて膣粘膜がリズミカルに締め付けてくる。うかつに動いたらまたすぐに暴発しそうで、オレはムッチリシットリした腰肉を抱えて慎重に腰をグラインドさせていた。

私立聖光威学園 (14) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:16:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2501-f1f0da08
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next