FC2ブログ

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (8)風呂場でチョコ

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (8)風呂場でチョコ

「はああ…」
なんだか、疲れた…。
オレはもう一度大浴場に来てシャワーで汗を流すと湯船に入った。マイペース娘にいいようにあしらわれて、なんだがずいぶん疲れた気がして無意識に大きくため息をついていた。

「おい、見ない顔だな」
二枚目ぶった声がして顔を上げると、ナマコのような息子をダランとさせたフルチン男が目に入った。
「あ、受験生です、お世話になってます」
正常時はオレよりデカイかもしれないが、いざというときの大きさが問題だ、などと考えながら、今度は間違いなく先輩だろうと思って、風呂に入ったままだったが丁寧語で応えた。

「ああっ、ここ、僻地だからな、オマエの他にも何人か泊まってるぞ」
ズルムケチンポを隠そうとしない先輩はオレの隣に入ってきた。スベスベしたチョコレート色の肌で筋肉に被われたマッチョなガタイをしている。きっとAV男優志望なんだろうがどこかで見たような気がして、二番煎じな気がする。

「東海林二朗です、4月から演劇芸能コースの1年生になります、よろしくお願いします」
先輩といえども卒業したらライバルになるのだし、オレは気合いを入れて挨拶した。
「おおっ、オレ、3年の横山圭、チョコ山って呼んでくれ、オレも演劇芸能コースだ、だけど合格できるのか」
浴槽に足を伸ばしたチョコ山先輩は、あいかわらずフルチンをさらしていた。しかもオレの股間をのぞき込んで、爽やかさに優越感のにじんだスマイルを浮かべている。

「はい、首席で合格して、首席で卒業するつもりなんで、そこんトコよろしくです」
ムッとしたオレは一発カマしてやるつもりでメンチを切ってやった。
「ほおっ、威勢がいいな、お、みなみ、いいところにきたな、こいつ受験生だ」
気合いを込めたガンつけをかるくかわしたチョコ山先輩は、ちょうどそこに入ってきた触覚ヘアの女の子に声をかけた。

「なに、チョコ山さん?…、受験生?」
一応タオルで前を隠しているが、一段低い湯船からはアンダーヘアが丸見えの女の子が、触覚ヘアを揺らしてうれしそうに近寄ってくる。やっぱりココは混浴で、男子学生はもちろん女子学生もそれを何とも思ってないようだ。

「わたし、演劇芸能コース1年…、じゃなくて4月から2年の板野みなみ、合格できたらいいね」
タオルを当てた大きめの胸を押しつぶすように腕を組んで、太ももをムッチリさせてしゃがみ込んだみなみ先輩は、ローアングルから見上げるオレが太ももの付け根からのぞくピンクのスジを見ているのに気付いているはずだが、そんなこと気にしてないように親しみのある笑みを向けてくる。

「東海林ジロー、よろしくジローです」
恥知らず?なカワイイ笑顔に、オレは舐められまいとしていかつい顔を作って応える。
「それで、コイツ、首席合格首席卒業するって、言ってんだけど、どう思う」
またまた無視したチョコ山先輩は、みなみにデロリとした笑顔を向ける。

「へえっ、すごいね…、そういえばチョコ山さん、首席だったよね」
相変わらず親しげな笑顔のみなみはあまり驚いた風でなく、チョコ山先輩に話を振っていた。
「おまえだって、1年のリーダーだったろ」
湯船でマッチョなカラダを誇示するように大の字に寝そべったチョコ山先輩は、手を伸ばしてみなみの尻をまさぐっていた。

「私なんて…」
みなみはうれしそうな照れ笑いを浮かべている。
「でさ、おまえ、コイツがホントに首席になれるか、ちょっと相手してやれよ」
チョコレート色のゴツイ手でお尻を触られてうれしそうなみなみに、チョコ山先輩はオレをテストするようにけしかけていた。

「おれは、いつでもOKですけど」
チョコ色のスマイルがなんだか小バカにしているような気がした。ハタから見れば負けん気ムキだしなのが丸わかりだったが、しかしオレはそれを心の秘めたつもりでわざと余裕ぶって応えた。

「ええっ…、そう、じゃあ、ちょっと、してみる?」
わざとらしい反応に吹き出しそうなのをこらえたみなみは、チョコ山先輩をチラ見してから、カワイイ笑顔で手をさしだしてきた。
「じゃあ、お願いします」
今日は2回戦やってるがAV男優なら1日で5、6回戦は当たり前だと思っていたので、オレは湯船を出るとみなみのカワイイ手を取って抱きしめてやった。

「ああんっ、やさしくしてね」
タオル一枚を隔てて肉感的な女体を密着させるくるみなみは色っぽい吐息を漏らし、恥ずかしそうな上目遣いの笑顔で見つめてくる。
「気にすんなっ、思いっきりイカしてやれっ」
湯船でリラックスしたチョコ山先輩は、愉快そうな笑い声あげてたきつけてくる。

「おっぱい、キレイですね」
どうしようか一瞬迷ったオレは背中に手を当てて女体を支えると、タオルをどけてピンクの乳首がツンと立った乳房をしげしげと見つめた。
「やあんっ、はずかしい…、でも、うれしい」
触覚ヘアをプルプルさせたみなみは、はにかんだ笑顔を見せると唇を突き出すようにアゴを上げてキレイな首筋を見せていた。

チューしてやれ、…。
黙って顔を近づけるとみなみはゆっくり目を閉じたので、オレはキスしてやった。

私立聖光威学園 (9) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:58:34 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2496-81c02a84
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next