FC2ブログ

== 女教師しほり ==

女教師しほり (25)昼休みのサンドイッチ

ろま中男3 作品リスト
女教師しほり 目次

女教師しほり (25)昼休みのサンドイッチ

「じゃあ、コイツの顔にまたがれ」
美人養護教諭の発情した女体を押さえつけた省吾は、不安そうに立つ恭子に命令した。

「え?…」
またがる?…、そんなことしたら、見られちゃう…、恥ずかしい、できない…。
そんな事をしたらノーパンの恥ずかしい部分を実季に見せつけることになる。恭子はコブシを握って身動きできずにいた。

「いいから来い」
しかし省吾に強引に手を引かれた恭子は実季の頭の両側に膝をつかされると、後ろの回った省吾にミニスカをまくり上げられて問答無用に貫かれた。
「あ、いやあっ、やだあっ、あんっ、あんっ、いいっ、ああっ」
あ、入って、あんっ、きた…、はあっ、せんせいに、見られてる…、ああっ、ひどい、…。
また省吾にかまってもらえるうれしさと、肉棒に貫かれてはしたなく愛液を垂れ流すあそこを養護教諭に間近に見られるという恥辱で、マゾ気を熱くして混乱した恭子は、目を潤ませて悲鳴と甘えた嬌声を交互に漏らしていた。

「コイツの、ココ、かわいがってやれ」
腰を前後にグラインドする省吾は肉棒を忙しく出入りさせて、実季の困惑した顔にネットリしたしぶきを飛ばしていた。切なげのけぞる恭子の頭越しに、養護教諭のはしたなく開いた足を見たケモノは、彼女の感じる部分を愛撫するように同級生に強要する。

「ああっ、やっ、おねがい、ああっ、ゆるしてえ」
あっ、やあっ…、あ…、や、あっ、や、できない、あっ…、や、ああっ、…。
省吾に後ろから犯される悦びをどMな心で感じる恭子は、火照った女体の柔らかいクッションに倒れ込んで、実季と省吾にサンドイッチされていた。命令された目の前の女性器に手を出すことは出来ずに、ただ貫かれる恥辱混じりの悦びに翻弄されていた。

「ううっ、ああっ、や、はっ、何、はあっ、しているのっ」
重い…、やっ、ひどい、どうして、こんなことに…、
実季は高校生二人にのしかかられて、少女のおそそに湿った音を立てて出入りする息子を目前に見ていた。それが飛ばすぬめり気のしぶきに顔をしかめた養護教諭は悲鳴に近い声を上げたが、
「早くしろっ、こうするんだよ」
「やっ、ああんっ、せんせ、い…、あ、あんっ、ごめん、はあっ、なさい」
「んっ…、あっ、やっ、ああっ、はっ、やめ、て…、あっ、やっ、ああっ」
やだ、やめてえ、あ、だめ、そこお、…。
省吾に操られた恭子に感じる部分をイジられて、甘えた調子に声色を変化させていた。

「おらっ、気持ち、いいだろっ」
美少女同級生と美人養護教諭を組み敷いた省吾は支配者気取りになって、有頂天で腰を振っていた。

「あっ、やっ、ああっ、やだあっ、いやあっ」
やっ、やだあっ…、あっ、くっ、やめて、ああっ…。
少女の指先で恥ずかしい部分をイジられる実季はおぞましさに震える反面、生理前で感じやすい女体は稚拙な指先の動きにも反応して、開きぎみのスジからのぞく亀裂からエッチな汁をにじませていた。
「あ、ああっ、だめえっ、あんっ、いいっ、やっ、あんっ」
あんっ、あっ、ああっ、いっ、ああっ、やっ、だめえ、でも、やめられない、…。
省吾の性奴隷にされて逆らうコトのできない恭子は、後ろから突入する熱い肉棒に悲鳴混じりのあえぎ声を上げながら、懸命に実季のあそこをいじっていた。

「交代だ」
恭子のきつめの膣を充分に味わった省吾は、腰を引いて肉棒を抜き去ると二人のカラダをごろんと転がした。今度は実季がサンドイッチされる番だ。シックスナインで絡み合う女体の反対側に回った省吾は、モッチリしたお尻の谷間にそそり立つ息子をこすりつけると、恭子の愛撫でトロトロに出来上がった秘肉に食い込ませる。

「あ、やっ、ああっ、やめてえ…、ああっ、いやあ…」
あ、また…、犯された…、あっ、ああんっ、はあっ…、いやっ、なのに、ああっ、どうしてえ、…。
のしかかってくる省吾に柔らかいお尻をひしゃげさせた実季は、あそこに突入してくる熱い肉棒が発する淫靡な湿った音に合わせてのけぞり、官能的な悲鳴を漏らす。理不尽な性的暴力を嫌悪しながら、養護教諭は生理前の女体の抗いがたい性的欲求に歓喜してよがっていた。

「あんっ、どうして…、ああっ、いやあ、やだあっ」
いやっ、どうして、こんなコトするの?…、ひどい…、助けて、…。
目前でイヤらしい音を立てて出入りを繰り返すぬめり気を帯びた肉棒を見つめる恭子は、二人の体重で押しつぶされる苦しさにマゾ気を熱くしながら、敗北感にまみれて落ちた気持ちで悲痛な叫びを上げていた。

女教師しほり (26)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:07:21 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2460-53e8b136
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next