FC2ブログ

== 新人OL真里 ==

新人OL真里 (30)痴漢ごっこ2

ろま中男3 作品リスト
新人OL真里 目次

新人OL真里 (30)痴漢ごっこ2

くう…、にゃろおっ、やっ、やったなあ…、そっちがその気なら、…。
市田は尻タブの間に差し込んだ指をはずすと、両手を腰に回してパンティをズリ下げる。

「ひゃんっ…、や…」
ひっ、えっちっ、やだあっ、パンツ、下ろされたあっ…、あ、やんっ、声、出ちゃった…。
思わず声がでてしまった真里は真っ赤になった。パンティが太ももの付け根より下で止まって、あそこがすーすーする。ますます羞恥心がわき上がってきてドギマギしていた。

ばかっぷる…。
先ほどの痴漢発言と違って今度は誰も真里を無視した。周りの乗客はただあきれていた。

「…(笑)」
市田はおかしくて笑いをこらえるのに必死だ。
やったわね、…。
真里はまだ赤みを帯びた顔で市田をにらむと、手を下に移動して袋を握る。
「うっ…」
ひうっ、あううっ…、お願い、そこは、勘弁して、…。
無防備のそこを握られてたちまち形勢は逆転した。股間からわき上がる鈍い鈍痛に身震いした市田は真里に懇願の視線を向ける。
どお、したの、かしら、…。
小悪魔の微笑を浮かべた真里は明らかに優越感の混じった目で、市田を眺めている。
「…!、!、!、!」
た、たすけ、て…。
市田は必死に”お願い許して光線”を送る。

真里は袋をつかんだまま、伸び上がって耳に口を付けると
「(勘弁して欲しかったら、これから言うことを言うのよ)」
笑いの混じった声で威圧的にささやく。真里の豊満な胸が市田の胸に密着して押しつぶされている。

「(…真里様は、世界一の、とびきりいい女、です)」
さあ、テツリン、いいなさい…、タマタマちゃん、潰されたく、ないでしょ…。
真里は得意げな表情でささやく。
「…」
あひい…、なんだ、そりゃ…。
まだ股間の鈍い痛みに顔をしかめる市田はあきれ顔で無視した。

そういうこと…、わかった、わっ…。
市田の表情を見た真里はのぞき込んでにっこり笑うと、袋を握った手に力を込める。
「ぐ…」
ぐああっ…、あぐうう…、た、たすけてっ…。
市田は袋に指が食い込むのに背筋がぞっとして、あわてて真里の耳に口を付けると
「(…真里様は世界一のとびきりいい女ですっ)」
苦しげにささやいた。

「…カワイイ」
う…、真里リン…、か、かわいい…。
真里は市田の顔を見つめて得意げな笑顔を見せる。茶目っ気たっぷりのラブリーな笑顔に、市田は鈍い痛みを忘れておもわず真里を見つめてつぶやく。

え、やんっ、カワイイ、だって…、はずかしい…。
真里は偶然のサプライズアタックにひるんだ。はにかみながら市田を見つめて頬を紅潮させると、所在なさげに視線をあちこちに移動させる。
へっ?…、チャンスッ、…。
市田はこの機を逃さずに前後からモジモジする女体を責めはじめる。

「(…、ずるいわ)」
や、やあんっ、えっち…、あんっ、へんたい…、かんじちゃう…。
後ろと前を同時にイジられる真里は強がったが、突起とあそこを指先でグリグリ責められて今度は真里が懇願の視線を浮かべる番だ。
うひひっ、感じてるよ…、もっと、イジメてやれ…。
真里を無視してノーパンの股間を抱え上げるようにして、前からクリに後ろからあそこに指を当ててマッサージした。
「(うう…、ああんっ、やだあ…)」
うわっ、あんっ、やんんっ、はあっ、ああっ、だめえ…。
両アナの刺激に女体を振るわせる真里は、市田の胸に顔を埋めてなんとか声が出そうになるのをガマンする。

真里ちゃん、感じすぎだろ…、エッチな顔も、かわいいぞ、…。
そんな真里がかわいくてしょうがない市田だったが指先の動きはゆるめない。
「(…、お嬢ちゃん、泣いちゃだめでちゅよ、わるいのはママでちゅからね)」
うひひ…、さっきの仕返しだ、…。
切なげな視線を向ける真里を市田は優越感に満ちた目で見おろす。クリをいじるリズムに合わせて、真里のからだがふるえてあそこからは滴があふれてくる。

「(…ああっ)」
だ、だめ…、声、ああんっ、出ちゃう…、きゃう、やんっ、ああ、だ、やあ…。
真里は市田の胸に顔を埋めて、二カ所責めに耐える。熱い吐息が胸を刺激する。

すっげえ、エッチだよ…、指がビショビショだ、ほんと、感じやすいな…、やべっ、立っちまった…。
快感にもだえて艶美な表情をチラ見せする真里に、股間を膨らませた市田はバレバレだと自覚しながら、それを隠そうとして火照った柔らかい下半身に押しつけていた。

「(…だめえ、ああん)」
ひ…、きゃあん、あっ…、ああ…、や、許して…、あひっ、あ、いっ…、ら、らめえ、いっちゃ、ううっ…。
感じる部分を愛撫されて切なげな吐息を漏らす淫乱美少女は、変態浪人生に抱きついて背中に回した手に力を込める。秘所の奥からわき上がる湿った快感に、ラッフルレース付きストッキングが食い込む太ももをプルプル振るわせて、崩れ落ちそうな女体を何とか支えていた。

新人OL真里 (31) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:26:21 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2418-fcfa7c51
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next