FC2ブログ

== 新人OL真里 ==

新人OL真里 (27)真里の悩み

ろま中男3 作品リスト
新人OL真里 目次

新人OL真里 (27)真里の悩み

「…、ねえ、テツリン…」
チョット沈んだトーンの声がする。

「…なんだい、真里」
わざとおどけて市田が応える。
「もおっ」
チョット笑顔になった真里がつないだ手を振り上げる。
「わあ、ははっ、…、なに?」
逃げる仕草をしながら聞いた。

「…、昨日、…なんだけど」
うつむき加減に真里が言う。
「…」
かたい表情が深刻そうに見えて、実は自分が強姦魔だとバレた?、と市田は不安になった。
「電車でね、…」
市田が焦っている様子に全く気づかないで、真里は続ける。
「…、はあ」
予想したこととは違うようなので市田はちょっと息を付いた。

「真里、…痴漢にあったの」
いっそう沈んだ声で言う。
「…はじめて」
市田の様子をうかがうように小さな声で付け加える。

「電車、痴漢、…」
市田は口の中でつぶやいた。
「えっ」
真里の方を向くと
「なにされた?」
声が大きくなっていた。

「テツリン、落ち着いて…」
声の大きさに真里が恥ずかしそうに市田の手をまた両手で握った。
「ああ、…うん」
妙に興奮してなんだかよくわからない市田は生返事をしていた。

「…、スカートの…、手が…」
真里は消えいりそうな小さな声で言った。
「スカートの中に、…手を入れられたの?」
市田が思ったままを聞くと、
「…、うん」
真里は下を向いて応えた。
「…」
市田は怒りや嫉妬や悲しみやいろんな感情にとらわれて、真里の顔を見ることが出来なかった。

それきり黙ってしまった真里が可憐なか弱い女性に感じた。思わず真里の手を握る手に力が入っていた。真里は市田の顔をちらっと見た。
「でも、…今日は大丈夫、…と、おもう…」
ぎこちない笑顔を市田に向けた。
「…」
市田は真里がいじらしくて泣きそうだった。

ふたりは駅に着いていた。
「じゃあ、晩ご飯いっしょ、ね」
笑顔の真里。
「…」
市田はその顔を見つめていた。行こうとする真里の手をつかんでいた。

「…?」
真里が振り返る。
「一緒に行って、いい?」
真剣な顔で市田が聞いた。
「えっ」
真里が市田の顔を見つめた。

「…、だって、…真里の、おしり触りたいし…」
照れ隠しに市田が冗談を言うと
「ヘンタイ…」
うれしそうな声で市田の顔をのぞき込むと、くるっと振り返って走っていった。

…、なんだよ、…。
真里の後ろ姿を見送りながら、
大丈夫…、そうじゃん、…。
チョット落ち込んで帰ろうとした。

「ハイッ」
振り返るとキップを差し出す真里の笑顔があった。
「あ…」
真里の笑顔に市田も笑っていた。
「いこっ」
真里は手を引っ張って楽しそうに歩いていく。

「…」
突然真里が振り返る。
「…!」
真顔で迫ってくる真里にあとずさりそうな市田は、びっくりしたような顔で目の前の真里の顔を見つめている。
「痴漢は、駅員に突き出すから」
市田の鼻をちょんとつつくと、ふふんっ、と生意気な笑顔を見せた。

市田はすたすたと歩いていく真里の首に腕をまわすと、
「あんっ、って言わしてやる」
後頭部にささやいた。

その腕に抱きつくと、
「できるもんなら、やってごらんなさい」
真里は振り返って小悪魔なカワイイ笑顔を向けた。

新人OL真里 (28) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:20:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2415-fe8013e6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next