FC2ブログ

== 新人OL真里 ==

新人OL真里 (23)格闘する交わり

ろま中男3 作品リスト
新人OL真里 目次

新人OL真里 (23)格闘する交わり

「うっ、くおおっ…」
くっ、いっ、くうう…、はいった…。
ケモノじみた欲望をたぎらせてそそり立つ息子をわしづかみした市田は、真里を立たせたままでお尻の奥でネットリした粘り気をあふれさせる泉に突き刺す。

「きゃあう、あ、あ、あっ、あっ、あふあっ…」
ああっ、はいってる、てつりんの、おちんちんが…、まりに…、はいってるうっ、…。
立ちバックで挿入された真里が苦しそうにのけぞる。熱くたぎった肉棒が濡れ濡れの秘肉の裂け目に突っ込まれ、出入りするたびにおツユ混じりのザーメンを泡立たせてジュブジュブッと音を立てる。

「きゃあんっ、ういいっ、あふあ、あうっ、きゃうん…」
ああっ、はあっ、あん、あうっ、はあっ、あああっ、…。
湿った悦びにまみれた淫乱美少女は、後ろからズンズンと突き上げてくる熱い肉棒の衝撃に翻弄されながら、お尻を突き出し弓ゾリして快感の喜びに震える女体を内マタに開いた足でかろうじて支え、茶色がかった髪を振り乱してあえぐ。

「…、うおっ、おおっ、…、おお、…」
んぐっ…、いいっ、くうっ、ぐおおっ、…。
気が狂いそうなほど体中が熱くて荒い吐息で酸素補給する市田は、がむしゃらに腰を突き上げて柔らかい女体を揉みくちゃにして蹂躙していた。
「ああ、いや、あん、いい、やっ」
あっ、ああっ、いいっ、いやっ、ああっ、もっっとおっ、…。
激しい挿入に揺さぶられる真里は耐えきれなくなってガックリと上体を伏せた。ベッドに手をついておしりを持ち上げる格好になる。

「おうっ、おうっ、おうっ、おうっ、」
綺麗な丸みを見せるお尻をつかんで指を食い込ませる市田は、全身が性器になったように柔肌を痙攣させて、ふしだらな快感にまみれてもだえる女体を振り回すように、なおも激しく突き上げる。

「いや、だめえ、壊れちゃう、だめえ、はあうんっ、いいいの、ああっ、もっっとおっ」
あひっ、いいっ、ああっ、もう、はあっ…、どうにか、あんっ、なる…、ああ、くっ、うう…、感じる、あひっ、ひっ、こわい…、あんっ、いいっ、もっと、はあっ、ああっ、…。
市田の勢いに押された真里はベッドに倒れ込み、ベッドに押しつけたたわわな胸をひしゃげさせておしりだけ持ち上げた姿勢で、猛り狂った肉棒に掘削されていた。足がガクガクして膝がベッドに落ちていた。

「おおっ、おおっ、おおっ…」
ベッドに倒れ込んだ真里に後ろからしがみつく市田は、懸命に腰を振ってグチュグチュと肉棒が出入りする音を聞きながら、憐れな獲物を仕留めた肉食獣のように柔らかい女体に食らいついていた、全身を熱くする劣情を昂ぶらせてケモノのようなうなり声を上げていた。

「おおっ、おっ、おおっ、おっ」
狂ったように腰を振り続けた市田は、早くもイキそうになっていた。下半身からわき上がる快感が粘膜の擦り合いを続ける息子に集中して、熱い昂ぶりが充填していくのがジンワリ伝わってくる。

「あ、あ、あっ、ああっ、あっ」
ああっ、もう、いっぱい、はあ、いいっ、いいのっ、もっと、もっっと、ああっ、とんじゃう、はあっ、いっちゃうよおっ、…。
あそこを激しく出入りする肉棒の刺激に意識がなくなりそうな真里は倒れ込み、快感にもだえる女体をベッドに預けて何とか意識を保って、快感の波間に揉まれている。

「おわっ、あっ、いくっ…」
尿道を駆け上がる熱いほとばしりに浮き足だって足を滑らせ、思わず体勢を崩して柔らかいお尻に下半身を密着させた市田は、ふくれあがった息子を根本までたたき込んで、熱い大きな固まりがチンポから勢いよく飛び出す錯覚を感じた。

「ぐぎゅっ、うっ…、くううっ、ああっ、ああ、いいい…」
ぐぎいっ…、ううっ、くっ、んっ、ううっ…、ああっ、いいっ、いいの、いっちゃっ、ああっ、…。
変態浪人生のカラダで押しつぶされて窒息しそうになりながら、熱いほとばしりでオマ○コを満たされるのを感じた真里は、カラダ全体を揺さぶるエクスタシーの熱い波動にもだえ、意識がだんだん遠くなっていった。

二人はそのまま意識をなくしてベッドに倒れ込んでいた。

新人OL真里 (24) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:56:55 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2411-70276659
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next