FC2ブログ

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (23) 由貴の部屋

裏ろま中男 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (23) 由貴の部屋

由貴の家にもうちょっとというところで、タダシは右の方を指さして、
「ウチだ」
と言った。

「えっ、…、あっ、…」
由貴のウチはまだ先だと思ったが、すぐにタダシの家という意味だと分かった。
そうなんだあ、…、こんな近くなの…。
ということは中学も一緒だったのだろう。
知らなかったあ、…。
初めて由貴はタダシが同じ中学の同級生だった事に気付いた。

「でもお、…」
由貴の家までの短い道のりで、中学の同級生を思い出していたが、どうしてもタダシの顔は浮かんでこない。タダシのような特徴のない顔は、友達でもない限り覚えていないだろう。考えているうちに由貴の家に着いた。

お願い、…。
たまたま今日だけお母さんがいてくれたらと祈ったが、やはり家には誰もいない。仕方なくタダシを招き入れて二階の自分の部屋に案内する。

…、あっ、…。
由貴は自分の家に着いたという安心感もあって、ノーパンであることをすっかり忘れていたが、階段の途中で、
「丸見えだぞ」
というタダシの言葉に振り向くと、タダシは両手で尻タブをつかんで片足をあげて観てくださいと言わんばかりの、由貴のミニスカートの奥で丸出しになっている大事な部分を舐め始めた。

あんっ、いやんっ、あうう、やだ、…。
だいぶ冷静さを取り戻していた由貴だったが、
「やめてえ」
というのが精一杯だった。
だめ、あん、いっ、…。
しかもこの状態でムリに振り払おうとしたら、階段から落ちてケガをするかもしれない。
「…」
タダシは両手で由貴のおしりを押さえて親指で湿った花びらを両側に広げると、中心部をあらわにして舌を縦横無尽に這わせた。

ああっ、いや、ん…、あん、…。
由貴はタダシがやめるまで耐えるしかなかった。中心部を刺激する舌の動きが由貴の気持ちを昂ぶらせてカワイイ顔を上気させていく。
うあっ、あんっ、ああっ、…。
上半身が不確かに揺れる。
いやあ、あんっ、いっ、うっ、…。
カワイイ口から
「あっ、あっ…」
と声が漏れる。
やだっ、漏れるっ、…。
あそこからは熱い愛液があふれ出してくる。

「はあ、えっ、…」
急にタダシは由貴のあそこから顔を離した。
あ、ああ、…。
イキそうなところで中断された由貴はぼんやりしていたが、
「行け」
とぞんざいな言葉使いで命令されて、足取りも怪しく自分の部屋に向かった。

お茶入れなきゃ、…。
由貴は自分の部屋にタダシを通すと、
「コーヒーを、入れてきまあす」
お客様に失礼をしないようにきちんとお行儀をしつけられた由貴は、タダシにカワイイ声を掛けて階下のキッチンに降りていった。

あそこをイジられて昂ぶった気分がまだ生々しい由貴は、小さくため息を吐くとケトルをコンロにかけてコーヒーカップを用意した。
違ったね、…。
部屋に入ったとたんに押し倒されるのではと心配していたが、意外にもタダシはベッドに座って、部屋の中を眺めているだけでそんな気配はなかった。

「…へへっ、」
エッチな想像をして心のどこかでそれを期待していた自分が恥ずかしかった。そしてタダシがこれまでしたことをすっかり忘れて、お母さんがいつ帰ってくるか分からないし、タダシも常識的に振る舞ってくれるだろうと、うかつにもあまい予想をしていた。
「ふふっ、…」
自分の部屋にはじめて同級生の男子を招いたことに、何だが恋人気分になってウキウキしていた。

「よしっ、いったな、…」
タダシは由貴が下に行くと早速下着を物色し始めた。望遠鏡で毎日のぞき見ている部屋だが、実際に入ってみるといろんな発見があって新鮮な気持ちでドキドキした。女の子の部屋らしくいい匂いがしてタダシは大きく息を吸うと股間をふくらませてウットリした。
「…こんなこと、している場合じゃない」
初めて女の子の部屋に入って浮き足立つ自分に気合いを入れたタダシは、タンスの引き出しをいくつか開けると目的の場所にたどり着いた。
「ある、ある、…」
色とりどりのパンティがキレイに丸められて整然と並べられている。

「うわ~、ちっちぇ~、…」
そのうち何枚かを取り出して広げてみる。
「おほっ、…、」
小さな布きれは驚くほど伸びた。
「へへっ、…」
それを由貴がはいているのを想像して、またタダシは股間を硬くしていた。

女子校生由貴 (24) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:51:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/24-abf46234
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next