FC2ブログ

== 新人OL真里 ==

新人OL真里 (7)フィニッシュ

ろま中男3 作品リスト
新人OL真里 目次

新人OL真里 (7)フィニッシュ

そろそろ、イクか、…。
ゆっくりした挿入で切なげにもだえる真里の痴態を存分にケータイカメラに納めた市田は、裏スジがジリジリする感じに放出を予感して、激しく腰を振り始めた。

「ふっ、ぶううっ」
あっ、いっ、いいっ、いっ、いっちゃうっ…。
勢いを付けた突入を受けてヒモで固定された女体が激しく前後してヌメリ気をかき回し、ずぼっ、ぬぽっ、ぱちゅっといやらしい音を立てる。
「ふうう?」
あっ、ああっ、はっ、ああっ、いっ、ばかに、あっ、なっちゃうっ、…。
突き上げたお尻に激しく挿入される勢いでガクガクと頭を揺らす真里の、パンティで猿轡された口からうめき声のような頼りなげな吐息が漏れてくる。

「くうっ、うっ、おっ…」
いっ、いいっ…、きもち、いいぞっ…。
奥まで到達して一瞬の間をおいて腰を引くと、ズビュと音がして息子があそこの肉を引っ張りながら抜け出してくる。
「ふうっ」
あんっ、あっ、ああっ、すごいっ、しんじゃうっ…。
子宮口を突かれた真里の苦しそうなうめき声がする。今度は間髪おかずに腰を突き立てると、ズジュブッと大きな音がして、息子が子宮まで突き刺さる。強姦で初体験した真里の苦しそうな荒く鼻息が薄暗いアパートに響いていた。

「ふぬっ、ふなあっ」
ああ、はあっ、あん、ああっ、いっ、いいっ、もっとおっ…。
誰ともわからない男に陵辱されて発情した女体をもだえさせる真里は、秘肉をかき分けて出入りする肉棒の刺激に、遠くなりそうな意識の中で痙攣する全身の柔肌の感覚を異常に高めていた。

ああっ、どうしてえ…、いいっ、もっと、欲しい…、ああ…。
欲情した意識の片隅に残った理性は、あり得ない辱めを受けながら感じてしまう自分に嫌悪感を覚えながら、貪欲に快楽を求める若い女体の奥に潜んでいた淫らな欲望が理性をかき消そうとする。

はあはあっ…、おおっ、すっげえ、濡れ濡れだっ…。
秘肉の間からかき出された分泌液があそこのまわりをヌレヌレにする。はじめはパンパンと肉がぶつかり合う乾いた音が響いていたが、ビチョッビチャッネチャッと湿った淫靡な音に変わっていた。

「んんっ、ふうっ、ふんっ、んっ…」
ああっ、いいっ、しぬうっ…。
湿った快感の嵐に翻弄された真里は薄れていく意識の中で、ナカの粘膜を荒らし回ってはげしく往復する肉棒から与えられる快感に空中を浮遊するような快楽を覚え、見知らぬ暴漢をいとおしくさえ感じていた。


イクうっ、いっ、ああっ、おかしくなっちゃうっ、はああっ…。
ナマぬるい浮遊感がジェットコースターで急上昇と急降下を繰り返すような戦慄に変わり、若い女体の絶頂が近いコトを示していた。ムズムズするような怖さの混じった快感に酔いしれた真里は、パンティでふさがれた口から大声で悲鳴を上げたいもどかしさに女体をよがらせた。

はああっ、あんっ、ああっ…、まっしろっ…。
ズレそうなヘッドホンからはエンドレスで自分がもだえる声が聞こえている。艶めかしい声と淫らな欲情がシンクロして、ますます女体が熱くなっていく。激しい挿入であまたの中がモヤがかかったように白くなっていく。欲情して汗に濡れた女体は、あちこちで小さな火花がパチパチとはじけるような刺激に包まれていた。

「…おおっ、おっ、おおっ」
おっ、あっ…、でっ、いくっ、…。
強姦魔浪人は荒い吐息を響かせて筋肉が浮き出した腰を激しく前後に振る。ケダモノのような欲望に支配された市田はナマ出しで射精することしか頭になかった。
「おっ、くっ、でるっ、いくうっ…」
あっ、イッ、いいっ、…。
下半身を突き上げるシビれるような感覚で市田は絶頂が近いを知った。腰肉にがっちり指を食い込ませて引き寄せると、ビクビクと痙攣する肉棒を深々と突き立てて熱い粘液を真里の膣ナカに放出した。

「ふっ、ふわっ、ふふっ…」
あっ、ああっ、だめえっ、あついっ、いいっ、いくっ、いっちゃうっ、…。
子宮口に食い込んだカリに発射の予感を感じた真里はナカ出し妊娠の恐怖が頭をよぎったが、子宮を満たす熱い粘液に快感の絶頂に突き上げられ、ドクドクと注ぎ込まれる白濁液に女体を切なげによじってのけぞらせ、頭の中を真っ白にしていた。

新人OL真里 (8) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:58:25 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2395-73092fca
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next