FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (22)お注射

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (22)お注射

「うっ、ぶぶっ…、ちゅっ、ちゅくっ、ちゅぶっ」
くっ、くるしい…、あんっ、むせた…、ごめん、だいじょうぶ?…、はあ、もっと、よくて、あげるね…。
興奮した金剛地に押しつけられた冴子はちぢれ毛で鼻をくすぐられて思わずむせて、たっぷりした乳房と硬くなった乳首を上下に揺らしたが、すぐにお口の奉仕を再開した。

「あっ、ああっ、きもち、いいっ」
まぶしい裸体を折り曲げてひざまずく美人医師から、セクシーな唇と舌でネットリとご機嫌なご奉仕をされるヘタレ金剛地は、ゾクゾクするような快感に身をよじって情けない声を漏らす。

「もっ、もうっ、消毒は、い、いいよっ、こんどは冴子さんを、消毒するから、お尻向けて」
あまりの気持ち良さにすぐにも発射しそうな気がしたヘタレ医師は、色っぽい表情で息子を咥える冴子を引きはがして、お尻を突き出す恥ずかしいポーズを要求した。

「ああ…、これで、いい?…」
ああっ、見られてる…、はしたなく、濡らした、私の、恥部を…。

いわれるまま自分からパンティを脱いで診察台に上体を預けて手をつき、はしたなく広げた脚線美でお尻を突き出した冴子は、充血した肉の合わせ目からいやらしい汁を垂らすのを自覚して、羞恥露出な変態性向の倒錯した興奮で火照った女体を淫靡に震わせた。

「うっ、うんっ、しょっ、消毒するよ」
前屈運動のように腰を折り曲げてお尻を突き出し、濡れた秘肉を丸出しにするエロカワ女医に鼻息を荒くした金剛地は、キレイな丸みを見せるお尻にしがみついて柔らかい肉に指を食い込ませて広げると、心細げに口を開けたスジにしゃぶり付いた。

「あっ、ああっ、いっ、ああっ、いいっ」
ああっ、いっ、いいっ、いっ、ちゃう、…。
大きく口を広げた金剛地はあそこ全体を含んでベロベロと舐め回す。舌先をスジに食い込ませるとベロベロ舐めながら入り口を探り、引っかかりに舌を突き刺す。

「あっ、いっ、いいっ、いいのっ、ああっ、もっとっ、してえっ」
あひっ、そ、そこっ…、んっ、も、もっと…、はっ、ああっ、して…、もっと、ああっ、…。
ポッチやビラビラをツバまみれに愛撫される美人医師は、全身を駆け巡る快感に翻弄されてセクシーな吐息を漏らし、広げて真っ直ぐ伸びた脚線美を淫靡に震わせる。

火照った女体が快感に耐えきれずにのたうち、背中が反り上がって黒髪が波打つ。

「うぷっ、じゃっ、じゃあっ…、ちゅっ、注射、するよっ、いいっ」
口の周りとツバと愛液でベトベトにした金剛地は、固くそそり立つ息子を握ってネチョネチョに濡れたスジに押し当てる。

「ああん…、お、お注射っ、は、はあっ、してえっ」
あ、ああんっ…、おちんちん、びくびく、ああ、してる…、はあ、んっ、来てえっ、…。
刺激を中断されて悩ましげな声を漏らした冴子は、押し当てられた先端にお尻を突き出し、ヒタヒタに濡れた秘肉で咥え込もうとする。

「うっ…、はっ、いった、ああっ、いいっ」
柔らかい肉にカリを咥え込まれた金剛地は、汗がにじんだ背中に貪欲な本能をムキだしにして慌ただしくしがみつくと、腰を強引に押しつける。

「あっ、ああっ、いっ、いいわっ、ああっ、もっと、してえっ」
あんっ、き、きたっ…、いっ、いいっ、はあっ、おちんちん、いいっ…、もっと、突いてえっ、…。
いきり立つ肉棒でヒダヒダの膣粘膜をムリヤリ拡張されて貫かれた冴子は、しがみつく金剛地に後頭部をぶつけそうになるほどのけぞり、キレイな顔にかすかに淫靡な笑いを浮かべていた。

「うっ、ぐっ、おっ、はあっ、ぐおっ、いっ、おっ、おおっ」
もだえのけぞる肉感的な女体にしがみついたヘタレ医師は胸に手を回して、ぶら下がった柔らかい肉のかたまりを揉み砕きながら、メチャクチャに腰を振ってマヌケな声を上げる。

「いっ、いいのっ、いいっ、ああっ、いっ、いいっ、ああっ」
いっ、おちんちんっ、いいっ、きもち、いいっ、もっと、突いて、メチャクチャにっ、ああっ、…。

今朝陵辱された男たちよりもこぢんまりした肉茎だったが、淫乱なメスになりきった冴子は出入りするソレに、あふれ出る愛液がかき出される淫靡な音を響かせ、全身に汗をにじませ淫らなあえぎ声を上げてもだえる。

「あっ、いっ、でっ、でるっ、あっ、でちゃうっ」
しかし冴子の悦びは早くも終わりを迎える。極上の女体にのめり込んで恍惚としたヘタレはペース無視で腰を振りまくった結果、熱い奔流を暴発させた。

ドクドクと放出する気持ち良さにだらしなく顔を緩めたヘタレ医師は、女体のうずきにもだえる女体にしがみついて、最後の一滴まで注ぎ込もうとケツをカクカク振っていた。

「あっ、あついっ、ああっ、いっ、ああっ」
はっ、あっ、きっ、ああっ、熱いっ、ああっ、はあっ、ああっ、…。
予告と同時にナカ出しされた冴子は、膣粘膜にへばりつく熱い特濃ミルクに発情した女体を震わせて、のけぞった頭からツヤツヤした髪を淫らに踊らせていた。

女医冴子 (23) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:08:12 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2360-01473541
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next