FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (17)今度は後ろ

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (17)今度は後ろ

「うっ、おっ、おうっ、くっ、んっ、くっ、おおっ」
ヒダヒダ膣壁に半ムケチンポをこすり付ける、とろけるような気持ち良さに没入した少年は、酸素補給する荒い吐息混じりにこもったうなり声を上げて、濡れ濡れの秘所にズルムケチンポを何度もたたきつけた。

「あ、いっ、いいっ、もっと、ああ、もっと、責めてえっ」
あんっ、いっいいのっ、あっ、はあっ、もっと、してっ、私を、メチャクチャにしてえっ、…。
愛液とザーメンの混じったヌルヌルが秘肉を無残に広げて出入りする肉棒にかき出されて、はしたなく広げた足の間にしぶきとなって飛び散る。

ああん、すごい目で、にらまれてる…、はああ、恐いけど、はあんっ、うずくう、…。
とろけそうな女体を蹂躙して全力疾走で半ムケチンポの挿入を繰り返す少年の、汗にまみれてこわばった、怒ったようにも見える表情が冴子のどMな奴隷性根を昂ぶらせる。

「うっ、ぬっ、ふぐっ、ぬっ、ぐっ、うぐっ」
全身から汗を吹き出し、ケダモノのようなうなり声を上げて酸素補給する少年は、柔らかくて気持ちいい女体にしがみついて力任せに腰を突き上げる。

「あ、あっ、あっ、あっ、あっ」
いっ、いいっ、もっと、もっとっ、突いて、突き上げてっ、…。
激しい突き上げに翻弄される冴子は快感の頂点を向かって駆け上がっていた。ビル壁に背中を預けて激しい突き上げでリズミカルに上下する女体は、ムキ出しのオッパイをタプタプと揺らし、つま先が浮いた片足を物憂げに揺らしていた。

「うっ、ぬっ、ふぐっ、おっ、でっ、でるっ」
1回目でナマ入れ即出しした汚名返上とばかりに今度はずいぶんがんばった少年だったが、極上の女体の前に早くも果てた。裏スジを駆け上がる熱い奔流を感じた彼は、よがりもだえる柔らかい女体を引き絞るように抱きしめると、腰を思いっきり突き上げて粘った白濁液を膣ナカにまき散らしていた。

「あっ、あつい、ああっ、いっぽい、はあっ、いいっ」
はっ、きっ、きたっ、ああっ、あつい、いっぱい、あつい、ナカが、いっぱいっ、…。
膣ナカで炸裂する熱い奔流に膣を焼かれてのけぞった冴子は、ウエーブのかかった髪を乱して淫らに揺らしていた。

「は、はあっ、よかったか、メスブタ、舐めろっ」
ありったけのザーメンを冴子の体内にぶちまけた少年は荒い吐息で肩を揺らしながら、満足そうにつぶやくと、官能の悦びに震える女体を突き放す。

「あ、はい…」
はあ、ああっ、もっと、ほしいっ…、おちんちん、で、もっと、してほしい、…。
まだ頂点に達してない女体のうずきに狂いそうな冴子だったが、どM奴隷らしくうやうやしく少年の股間にひざまずくと、半立ちの息子に舌を絡める。

「かき出せ、オマ○コに溜まったザーメン、かきだせ」
言いなりに粘液まみれのチンポをおしゃぶりするエロ美人に、どSな昂ぶりをムキ出しにした少年のまたも無茶振りだった。

「ふわ、ふぁい…」
ザーメン…、ださないと、赤ちゃん、出来ちゃうし、あ、あんっ、いいっ…。
サディステックに興奮する少年にマゾ気を熱くしてオマタをゾクソクさせた冴子は、ひざを立てて妖しいテカリを放つ太ももをムッチリ畳むと、あそこに指を入れて膣に充満する粘液をかき出す。自らの指先から受ける膣ナカの刺激で、エロ奴隷女医は湿った桃色吐息を固くなった息子の根本に吹きかける。

「お、出てくるぞ、オレが注入したザーメンが、ダラダラと」
加虐色情に狂った少年はすっかりご主人様気取りでニンマリ笑うと、オマタの下に出来た白い小池を見下ろして羞恥責めじみたセリフをわめく。
「おらっ、そのヌルヌルをケツ穴に塗り込め、こんどは後ろからしてやる」
従順などM奴隷に対して粗暴な暴君になりきった少年は、ムクムクと元気を取り戻した息子がキレイに剥けているのにますます気をよくして、アナルファックを宣言する。

「あ…、は、はい…、おしりに、塗ります…」
ケツ?…、あ、おしり…、こんどは、おしりを、はあっ、犯されちゃう…、ああ、どうなっちゃうの…、私、…。
アナルバージンの冴子はかすかに逡巡したが奴隷根性があっさりそれを駆逐して、言われるままにザーメンと愛液のヌルヌルをシワの寄った尻アナに塗りつける。

「おら、後ろ向いて、ケツ、突き出せ」
ビンビンの息子で冴子の頬をビンタして、少年は冴子を立たせると背中を向かせる。

「あ、はっ、はうっ、どうぞ、ご主人様」
おしり、犯して、ください、ご主人様…、
素直にビル壁により掛かった冴子は奴隷根性に支配されて恥じらいを感じることもなく、キレイなお尻を持ちあげるようにして尻タブを広げ、色素が沈着してやや色の濃い菊門を丸出しにした。

「うっ、くうっ…、あっ、はあっ、はいって、うっ…、あ、はあっ、くるう…、おしりに、おちんちんが、ああっ…、あんっ、あうっ…」
あ、あうっ、はいって、くる…、ぬ、んんっ、あ、はあっ、はいった、おしりに、おちんちんが…、はあっ、ビクビクしてる…。

若くて元気なチンポは括約筋のキツイ締め付けを跳ね返して直腸に侵入する。カリを通り越した時点で抵抗が弱まったのを感じた少年は、思いっきり腰を押しつけてキレイなお尻をひしゃげさせると、一気に貫通して大腸まで陵辱した。

尻肉にしがみついてズルムケチンポを根本まで尻アナ挿入する少年が覆い被さる重みを心地よく感じるエロ女医は、固いウンチが逆流するような感覚に倒錯した官能を感じて、空き家になったオマ○コから悦びのヨダレをダラダラ垂らしていた。

女医冴子 (18) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:53:34 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2355-069bcae3
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next