FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (4)過酷な運命

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (4)過酷な運命

ああ、もうだめ…、やめて、おねがい…、あっ、声が…、でちゃう、…。
冴子は帰りの電車の中で痴漢の指先に弄ばれて、若い新鮮な肉体を官能の嵐で揺さぶられていた。

う、うへっ、たまらん、いい匂いだ、…。
冴子は軽い気持ちで痴漢体験してみたことを後悔したがもう遅かった。痴漢はますます図に乗って体の中で膨らみきった邪悪な欲望を放出することしか頭になかった。指先を濡れた秘肉に絡ませてその奥のぬかるんだ亀裂に中指を突き刺した痴漢男は、いい匂いのする髪に鼻を埋めて荒い吐息を吹きかけながら、膨らんだ股間を柔らかい尻肉にすりつけていた。

や、やだ…、ああっ、どうして、はあっ、おかしい…、いやなのに、…。
周りに痴漢される恥ずかしい自分を見れらたくない冴子は、顔を伏せて寝たフリを続けていたが、イヤらしい指先にかき回される女体がメスの悦びで震えるのを、押さえることが出来ない。

コイツ、入れてやれ、…。
切なげに顔をしかめる美人の横顔をノゾキ込んだ痴漢は、いつかは使ってやろうと常にカバンの奥に隠していたツールを周りに気付かれないように引っ張り出すと、湿り気を帯びた股間に忍ばせた。

え、なに?…、や、やだ、ああっ、だめえ、…。
濡れた柔らかい秘肉に食い込んだ冷たい感触にはっとなった冴子だったが、抵抗する間もなくそれは奥に押し込まれた。痴漢男は中指でそれを奥まで押し込むと下げていたパンティを元に戻した。

どら…、ちゃんと、動くかな?…。
公衆の面前で美人を官能地獄に突き落とす倒錯した興奮ですっかり有頂天の痴漢男は、カバンに入れたままのリモコンを操作した。

やっ、なに、動いてる?…、や、あ、ああっ、やだあ、…。
下着を元に戻されて開放されると思ったのもつかの間、冴子はナカで動き出したピンクローターにまた女体のうずきに襲われて、声が漏れないように懸命にこらえていた。

感じてやがる、この変態女め、…。
スイッチを入れるのと同時にビクンと震えた肩にニンマリした痴漢男は、リズミカルに強弱をつけて、冴子がもだえる様を楽しんでいた。

だめえ、ああっ、もう、ゆるして…、おかしくなる、…。
ビリビリとナカの粘膜を刺激するプラスチックの固まりに、メスの本能を翻弄される冴子は平静を保つのが精一杯で、ピンクのモヤがかかった意識は周りの状況など全く見えてなかった。

「来い」
耳元で男の声がしたと思ったら、冴子の体は押されて電車の外に出ていた。ピンクローターの刺激でまともな判断力さえなくしていた冴子は、電車が駅に着いたことにも気付いてなかった。

「や、あ、あんっ、は、ああ」
ああ、だめ、やっ、あっ、声が、ああっ、でちゃう、…。
電車を降りる乗客に火照った女体をムチャクチャに揉まれた冴子は、なんども小さな絶頂を味わって、あえぎ声さえ漏らしていた。しかしその声は乗降する乗客の雑踏にかき消されて、若い美人医師が痴漢に感じていることなど知る者はいなかった。

「来い」
男はリモコンを緩めるともだえる女体を押して駅を出て、タクシーに冴子を押し込んだ。

はあ、逃げないと…、でも、カラダが、動かない…。
ホテル街に行くように運転手に告げると痴漢男はリモコンを最大にした。これから自分が何をされるのかぐらいは理解出来た冴子は逃げたかったが、ナカで傍若無人に暴れ回るピンクローターにもだえて、ミラーを覗く運転手のイヤらしい視線からカラダを隠すだけしかできなかった。

「来い」
毒々しい電飾がまぶしい一角に到着したタクシーから降ろされた冴子は、それとしか見えないラブホテルに連れ込まれていた。

「お、おねがい…、もう、ゆるして…」
エレベーターに押し込まれていよいよ逃げ場の無くなった冴子は、ピンクローターの刺激にうずくカラダを押さえつけるように両手でカラダを抱いて、潤んだ目で痴漢男を見つめて哀願した。カラダのナカで暴れ回る小さな玉は冴子から抵抗する気力さえ奪っていた。

「何言ってやがる、ヒーヒー、言わせてやるからな」
弱気にお願いする美人にサディステックな興奮を昂ぶらせた痴漢男は、たっぷりした乳房をわしづかみと、のけぞってもだえる冴子の顔をベロリと舐めつける。

「い、いや…、ゆるして」
とうとう部屋の前まで連れてこられた冴子はしゃがみ込んでせめてもの抵抗を見せたが、男は火照った女体を抱えると部屋に押し込んだ。

「こんなに濡らして、やめてはねえだろ」
イヤイヤする冴子を引きずってベッドに押し倒した痴漢男は、スカートをまくり上げてうつぶせになったお尻をムキ出しにすると、パンティをズリ下げてあそこに指を差し込み、グチュグチュとかき回した。

「あ、あっ、あっ、だ、だめ、あっ、あっああっ」
やっ、だっ、あっ、あっ、だっ、いっ、やっ、あっ、あっっ、…。
濡れた秘肉をかき分けてナカをかき回す指に冴子は背中をのけぞらせて、あえぎ声にまみれていた。柔らかい尻肉がピクピク震えてがー多ストッキングの太ももがビクビク震えていた。

「さっそく、やらしてもらうぞ」
痛いほど股間を膨らませた痴漢男はさっさと下半身裸になると、ビクビクと震える息子をつかんで、あそこの入り口に突き刺した。

「ひっ、あっ、やっ、ああっ、だっ、やっ、あっ、あひっ、いいっ」
い、いっ、あ、ああっ…、入って、だ、め…、あっ、や、ああっ、あ、あたる…、し、しぬうっ…。
濡れ濡れの秘所は邪悪な欲望で膨らみきった肉棒を易々と受け入れていた。入れたままのローターが子宮口に食い込んで、ビリビリと震動を与えられた冴子は、口から汁気を飛ばしてもだえ狂っていた。

「おっ、くるっ、コイツは、ちょっと」
しかしそれは痴漢男も同じだった。先端をビリビリと刺激された痴漢男は溜まらずに抜き出すと、ローターを引っ張り出そうと、指を二本入れてナカをかき回していた。

「ひっ、だっ、あっ、やっ、あっ、あひっ、ひいいっ」
やっ、だっ、死ぬっ、死んじゃうっ…、やっ、やめて、ひっ、ひいっ、壊れちゃうっ、…。
奥まで入ったローターは簡単に出てはくれなかった。膣の奥を散々荒らされた冴子はこらえきれずに失禁した。ビシャアッとハデな音を立てた冴子は、噴水のようにオシッコをばらまくとガーターストッキングをビショビショに濡らしていた。

女医冴子 (5) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:46:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2342-698c8c6c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next