FC2ブログ

== 女子アナ由香里 ==

女子アナ由香里 (28)目覚めのコーヒー

ろま中男3 作品リスト
女子アナ由香里 目次

女子アナ由香里 (28)目覚めのコーヒー

「そんなに気持ちいいのか、このドスケベめ」
何回も絶頂を感じながら、また発情してイヤらしくのたうつ女体にサド気を昂ぶらせたオレは、言葉責めでユカリンのメスの欲情を煽っていた。

「はあっ、気持ち、あっ、いいの…、みったんに、あんっ、されると、ああっ…、スゴイ、感じちゃ、うっ…」
ふっくらした肉が合わさったスジにかすかなスキマを開け、トロトロのあそこを指先でかき回される美人アナは、肉感的な女体を波打たせてのけぞりながら、甘えた声を漏らして劣情にまみれたオレの鼓膜をくすぐってくる。

「こっちは、どうだ…」
指のスキマから漏れ出すおツユでお尻のワレメがビチョビチョになっているのを見たオレは、倒錯した興奮にまみれてヒタヒタに濡れた菊門を指先でいじっていた。

「だ、やっ、やめて、キタナイ」
潔癖症のユカリンは恥ずかしい排泄器官をイジられて本気で嫌がっていた。尻アナをいじる腕をスゴイ力でつかんで尻タブをギュッとすぼめて指を締めつけていた。

「い、いてっ、わかったから、手、離して」
ユカリンの剛力に驚いたオレは慌てて尻タブから指を引き抜いた。あまりの痛さに息子もしぼんでいた。

「また、変なコトしようとしたら、絶対、許さないからね」
本気で怒るユカリンに息子はますますしぼんでいた。情けない姿をさらす息子をオレは両手で隠してしおれていた。

「あれ…、やだ…、ちょっと、怒っただけよ…、やだあ、元気になって…」
息子の上体を察知したユカリンは慌ててすがりつくとペロペロ舐めだした。元気にならない息子を口に含んだ美人アナはエッチな表情を見せて、口の中でクチュクチュとイヤらしい音を立てて、グッタリする息子を懸命に愛撫していた。

「ゴメン、もう、いいから…」
ユカリンの本気で怒る顔が脳裏に焼き付いて息子はダランとしたままだった。懸命にお口の奉仕を続けるユカリンの肩を押したオレは、落ち込んでベッドに逃げ込んでシーツに潜り込んでいた。

「え…、ごめんねえ…、ちょっとビックリした、だけなんだけど…、ね、機嫌直して…」
落ち込んでベッドに逃げ込んだオレにユカリンもシーツに潜り込んで抱きついて甘えた声を漏らす。スベスベした肌のスポンジみたいな柔らかいカラダが押しつけられる。

「ちょっと、疲れたみたいだ…、寝てもいいかな…」
なんだか落ち込んでしまったオレは、慰めてくるユカリンに甘えていた。柔らかい女体に抱きついたオレは幸せな気分に浸って、早くもウトウトしだした。

「はあん…、いいよ、一緒に、寝よ」
まだ寝るには早い時間だったが、激しいセックスを立て続けにした疲れを自覚ししていたユカリンもオレに抱きついて目を閉じた。すぐに寝てしまったようで、オレの頬をカワイイ寝息でくすぐっていた。


「あ、起きた?…」
かすかな物音に目を覚ましたオレは、裸エプロンでキッチンに立つユカリンをぼんやり見ていた。

「朝ごはん、すぐに出来るから…、コレ飲んで待ってて」
エプロンのスキマから揺れるオッパイをチラ見せするユカリンが、コーヒーサーバーとカップを両手に持ってベッドの横に来た。コーヒーのいい匂いが鼻腔をくすぐる。オレは目覚めのコーヒーにご機嫌で、ムッチリした女体をかがませるユカリンをニヤニヤしてみていた。

「やだあ、目がエッチ…」
オレのスケベな笑い顔に恥ずかしそう顔を伏せたユカリンは、朝立ちする息子で突っ張るシーツをチラ見して、朝の一発を期待しているような雰囲気を漂わせていた。まだ寝ぼけていたオレは、残念ながらその気にならずに、股間を隠してコーヒーを味わっていた。

「ごはん、できたよ」
オレがその気にならないので名残惜しそうな流し目を残して、ユカリンはキッチンに戻ると朝食の準備をした。手際よく準備してトーストとベーコンエッグをテーブルに並べたユカリンがオレを呼ぶ。

「ああ、腹、減った…、う、うめえっ、うめえっ」
昨日やりまくったせいか、あるいはコーヒーで食欲を刺激されたためか、強烈な空腹感がオレを襲っていた。あっという間にトーストを平らげたオレに
「あらあ、すぐ焼くから待ってて」
まだ手を付けてない自分のトーストをオレに差し出すと、トースターにパンを入れていた。

「わるいね、なんか、スゴイ腹減っちゃって」
二枚目のトーストもあっさり平らげたオレに
「ヨーグルト、あるけど、食べる?」
オレが元気よく喰うのがうれしそうなユカリンは、冷蔵庫からヨーグルトのカップを出した。

「ああっ、喰うっ」
カップのふたを取ってそのまま口を付けて半固形物を飲み下すオレに
「スプーン、使わないの?」
ユカリンはあきれたように笑っていた。

「わるいね、オレばっか喰って…」
ヨーグルトを平らげてようやく飢餓感が落ち着いたオレが、言い訳じみたセリフで笑うと
「いいよ、たくさん食べる男の人って、すてき…、マーガリンでいい?…、ジャムとかピーナッツバターもあるけど…」
ユカリンはウットリしたように笑って、焼き上がったトーストに何を付けるか聞いてきた。

「じゃあ、マーガリン塗ってから、ジャム、たっぷり乗せて…」
優しくしてくれるユカリンにすっかり甘えたオレは、ニヤニヤしてエプロンからチラチラして揺れる乳房を見ていた。

女子アナ由香里 (29) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:46:53 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2173-5e054ef6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next