FC2ブログ

== 女教師エリカ ==

女教師エリカ (15)調教順調

ろま中男3 作品リスト
女教師エリカ 目次

女教師エリカ (15)調教順調

「あ、ふあっ、ああっ」
プックリした唇をムリヤリこじ開けて舌を挿入すると、頬を紅潮させたエリカは甘い吐息混じりにおマヌケな声で応える。

はあああっ…、き、きもち、いい、…。
柔らかい唇のなんともいえない感触と舌を絡めてクチュクチュする気持ち良さで、オレは頭がブン殴られた気がした。

「え、エリカ…、入れて欲しいか?」
エリカ奴隷化計画という大事業を成し遂げるべくウットリした気分をなんとか引き締めたオレは、いきり立つ息子を先生のオマタに差し込んでスマタしながら、興奮した鼻息を鳴らして聞いてやった。

「は、はい、入れて、欲しいです…」
養護教諭に飲まされた催淫剤の効き目もあるが、さっきからスマタで感じるあそこの肉をこすられ続けたエリカは、早くそれを入れて欲しくて上目遣いにはにかみながら、はしたないおねだりを当たり前のように口にする。

「このバカ女っ」
恥ずかしいセリフを平気で口にする美人教師に、息子はビンビンに反り上がってオマタの亀裂に食い込んでいたが、オナニーするときにいつも妄想していた奴隷調教を実践して、硬くなった乳首をキツくツネあげる。

「ひいいっ…、く…、い、たい…、ご、ごめんなさい」
胸の感じる部分でお仕置きされたエロ教師は苦しそうにのけぞって眉をひそめたが、欲情した女体を支配する倒錯した被虐色情狂な性根を熱くして、唇のハシを緩めてだらしなくおつゆを垂らしていた。

「ご主人様に対して、言葉使いがなってないっ、オマンコしてください、ご主人様だっ」
担任教師との上下関係がまだ抜け切れてないオレは内心ビクビクしながら虚勢を張り、両方の乳首でたっぷりした美乳をつり上げて、まだ妄想の域を抜け出してない奴隷調教を現実にしていた。

「ご、ごめんなさい…、オマンコ、して、ください、あんっ…、ご主人様」
命令される悦びにどMな奴隷根性を熱くして欲情した女体を妖しくくねらせたエリカは、恥ずかしいセリフを口にするとあそこからピュッと潮を吹いて顔を伏せたが、最後まできちんと言い終わった。

「おい、いま、潮、吹いただろ…、この、エロ教師」
先端を突き上げてスジをこする肉棒にネットリした愛液をかけられたのを感じてニンマリ笑うと、
「いや、恥ずかしい…」
言葉責めに恥じらってオレの肩に顔を埋めてオッパイを押しつけてきたエリカだったが、その声にはメス奴隷らしいエロい雰囲気が漂っていた。

「しょうがねえな、オマタが、ゆるいんだな」
アゴに指をかけて半ベソのエリカの顔を上げさせ、どSな興奮にまみれたオレはまた言葉責めをしながら、ネトッと濡れた肉棒をあそこのスジにこすり付ける気持ち良さを堪能していた。

「や、あ、ごめんなさい…、許して、ください…」
はしたないお漏らしを責められて涙を溜めた目をギュッと閉じたエリカは、コロコロとカワイイ涙をこぼす。許しを乞うセリフを漏らすプックリした唇が震えていたが、被虐色情狂のエロ教師は責められるのを喜んでいるのか、オマンコの入り口を刺激するおちんちんの気持ち良さのためか、クイッと上がった口角はうれしそうに笑っているように見えた。

女教師エリカ (16) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:21:27 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2076-ea359794
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next