FC2ブログ

== 女教師エリカ ==

女教師エリカ (14)奴隷宣言

ろま中男3 作品リスト
女教師エリカ 目次

女教師エリカ (14)奴隷宣言

「お、おっぱい、揉ませろ」
柔らかい女体とスマタの気持ち良さにだらしなく顔を緩めてしまったが、エリカ奴隷化計画を着々と進めるべく顔を引き締めたオレは、ぞんざいな口調で命令してシャツの上からたっぷりした乳房を揉んでやった。

「はあんっ、あ、は、はい…」
あそこの濡れた柔らかい肉の亀裂をなぞる熱い肉棒に甘えた吐息を漏らしていたエリカは、シャツの上から乱暴に揉む手を優しくどけるとボタンを外しはじめる。

「きょ、教師のクセにっ、エロいオッパイ、しやがって」
フンフンと荒い鼻息でいい匂いのするセミロングの髪を揺らしたオレは、まだ半分しか外してないうちにシャツを引き下げて肩をむき出しにしてやる。ブラからあふれそうな乳房を手のひらいっぱいに揉んでやると、指の間から柔らかい肉がムニュっと飛び出しそうな錯覚を覚えた。

「はうんっ、あ、あっ…」
ヒジまでズリ下ろされたシャツでガラモン状態になったエリカは下までボタンを外した。
「うにゃあ…、ご、ごめんなさい…」
ブラのホックを外したオレがプルンとむき出しになったナマ乳を乱暴に揉んでやると、のけぞってサラサラした髪で顔をなでてきて、甘えた声を漏らして謝っていた。

「あの、ことは、黙ってて、ヤルから…、奴隷になれっ、え、エリカッ」
担任美人教師を言いなりにする征服感で天にも昇る気持ちだったが、エリカ奴隷化計画を完遂すべく気を引き締めると、入れこみ気味に奴隷宣言した。

「あひっ、あ…、は、はい…」
ドモったセリフにしまったと思ったが、力の入った手でゆがまされた乳房にセクシーにもだえる美人先生はあっさり承知していた。

「そ、そうか…、エリカ、お、オマエは、オレの奴隷だ…、ちゅ、チューしてやる、こっち向け」
ほんとか、エリカ…、奴隷になるのか?…、もう、やっちまうしか、ないぞっ…。
あまりにうまくコトが進みすぎて半信半疑のオレは、またもドモリドモリで先生のカラダをこっちに向ける。

「は、はい…、エリカは、奴隷になります…、だから、黙ってて…」
肩ひもが垂れて中途半端にぶら下がったブラを取り、形のいいオッパイをプルンと揺らしたエリカがはにかむようにうつむくと、かろうじて聞こえるカワイイ声で応える。

「…、チューしてやるっ」
か、かわいいぞっ、エリカ、も、もう、オマエは、オレのモンだっ、…。
可憐な仕草にエロい雰囲気を漂わせる美人教師にオレはメロメロだった。あこがれのエリカ先生にエロ奴隷宣言して夢心地のオレは、混乱気味に同じセリフを繰り返すと、手のひらに吸い付くようなタプタプの乳房を揉み砕きながら、しっとり濡れたカワイイ唇に吸い付いていた。

女教師エリカ (15) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:59:52 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2075-ae1866d5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next