FC2ブログ

== 女教師エリカ ==

女教師エリカ (13)孝輝のたくらみ

ろま中男3 作品リスト
女教師エリカ 目次

女教師エリカ (13)孝輝のたくらみ

はあっ…、せんせいの、唇が、…。
孝輝はあこがれの美人教師にお口で奉仕される幸せと快感に打ち震えていた。

「んっ、ちゅっ、ちゅじゅるっ、ちゅっ、ちゅっ、じゅぶるっ、ちゅるるっ」
女性版バイアグラを飲まされたことを知らないエリカは、ヒザまで下げたトランクスにこびりついたザーメンの匂いにメスの本能を熱くし、火照った成熟した女体を妖しく揺らしながら、担任生徒に懸命にお口の奉仕を捧げていた。

「あ、ああっ…」
あ、ああっ、気持ち、いいっ、…。
美人教師のネットリした舌で息子を直接愛撫される気持ち良さにご機嫌の高校生は、マヌケな声を漏らして身もだえした。

ギンギンにそそり立った息子はとろけそうな愛撫を受けてかすかに震えていたが、さっきトランクスの中で暴発させたばかりでまだ発射の予兆はない。

「せんせい…」
あこがれの美人教師にしてもらうフェラの気持ち良さで上機嫌の孝輝だったが、これは願ってもないチャンスだと気付くとあるたくらみを思い浮かべた。
「ふぇ…、ふぁに?…」
若い肉棒に夢中でしゃぶり付いていた淫乱教師は沈んだ声に顔を上げたが、汁気に濡れたセクシーな唇に咥えたままだった。

「全然気持ちよくないよ、黙ってて欲しかったら、もっと気持ちいいコトさせろよ」
…、うっ、言った…、せんせい、怒る、かな…。
本当は美人教師のお口のご奉仕で天にも昇る気持ちなのだが、オナニーするたびに妄想してきたエリカ奴隷化計画を現実にしようとたくらんで、デタラメをわめいた孝輝はエリカの出方を窺って内心ビクビクだった。

「え…、あ、あの…、ゴメンなさい…」
メスの本能をむき出しにしておちんちんをしゃぶる悦びに浸っていたエリカは、冷や水をかけられたように独りよがりのご奉仕を恥じてうなだれると、肉棒を握っていた手をトイレの床に膝を突いた太ももに下ろした。

「口じゃなくて、お、オマンコ、さ、させろよっ」
こ、ここで、引いたら負けだ、…。
口からデマカセのウソっぱちにしおれたエリカに罪の意識を感じた孝輝だったが、担任教師をメス奴隷に堕とすという大それた野望のために、懸命に強引な態度を保って虚勢を張っていた。

「お?…、オマンコ…、したいの?…、そうしたら、黙ってくれるのね」
恥ずかしい単語を自ら口にしたエリカだが、昂ぶったメスの本性に本番は願ってもないことだった。しかしまだ担任としての意識を捨てきれない美人教師は、おそるおそる顔を上げて聞いた。

「…、そ、そうだっ、させろよ」
オマンコ、って言ったよ…、くううっ、か、かわいいっ…。
潤んだ目で上目遣いに見つめられた孝輝は、下半身がゾクゾクしてしびれるような感動に打ち震えたが、なんとか強気な態度を保ってしかめっ面で見下ろした。

「わかったわ…、黙ってて、くれるなら…、せまいから、後ろから、ね…」
高校生のガキが見せる精一杯の強面にマゾ気を熱くしたエリカは、オマンコからイヤらしい汁気を垂らしていた。恥じらって顔を伏せた美人教師は、仁王立ちする孝輝に遠慮して壁にスリつくように立ち上がるとお尻を向ける。

「…、あ、あし、開けっ、オマンコ、丸出しにしろっ」
う、うわっ、せんせい…、い、いいのかっ…、だ、だめだっ、強気で、…。
あっさりと妄想が現実になって孝輝は浮き足だったが、それを悟られまいと語気を強めて命令した。

「ひっ…、は、はい…、は、はずかしい…」
背中に響く怒声にビクッと震えたエリカは、あそこからピュッと潮を吹いて思わず内マタになったが、催淫剤に煽られたどM奴隷のサガで言われた通り足を広げ、それどころか尻タブを両手で広げていた。

「うっ、きもちいい…」
はうっ…、先生の、あそこに…、オレのチンポが…。
自分から淫らなポーズを取るエリカに脳天を殴られたような衝撃を受けた童貞高校生は、濡れ濡れの股間に息子を差し込んで後ろから抱きつくと、スマタの気持ち良さにウットリしていた。

女教師エリカ (14) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:54:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2058-8799927e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next