FC2ブログ

== 初詣 ==

初詣 (6)幸せな二人

ろま中男3 作品リスト
初詣 目次

初詣 (6)幸せな二人

「あっ、いい…、もう、だめ…、お願い、耕二、して…」
水マリのようなたわわな乳房を忙しく上下させて悩ましげに腰を振り続けていた典子だったが、高まった女体の昂奮にもだえ、腰砕けになって抱きつくと甘えた声で耳元にささやいてきた。

「ああっ…、ふんっ、おうっ、いいぞっ、おっ…」
色っぽいささやきに昂奮した耕二は、柔らかい腰肉に指を食い込ませると、カクカクと腰を振ってこわばった息子を出し入れした。
「あっ、あんっ、あっ、いやっ、あうっ、いやっ、あんっ…」
小刻みに突き上げられてアップにした髪を揺らす典子は、だらしなく口をあけて口角から汁気を垂らしていた。お湯に火照った女体をさらにメスの本能で熱くした典子の妖艶な横顔をチラ見した耕二は、乱暴に唇を押しつけるとジュルジュルとハデな音を立てて吸いまくった。

「…あっ、いいっ、いやっ、いくっ、あうっ、くうっ」
舌をムリヤリ差し込んでネットリした感触を味わった耕二は、本格的に腰を振りガシガシと息子を出し入れした。根本まで突きされて子宮口まで突かれた典子は、苦しげにのけぞって悲鳴に近い嬌声を漏らしながら懸命に呼吸して酸素補給していた。
「いいぞ、いいっ、典子、いいっ…」
尻肉を抱えるように抱きしめた耕二は、押しつけられてゆがんだたたわな乳房の柔らかい圧迫感の心地よさを感じながら、盛んに腰を振り続けた。

「あっ、だめっ…、もうっ…、はあっ…、おかしく、あっ、なっちゃう…、ああっ、はっ…、いくっ、死ぬっ…、いいっ、ああっ…」
激しい突き上げに忙しく揺れる柔らかい肉が、チャプチャプと荒く水面を波立たせていた。股間から間断なく押し寄せる快感の波に翻弄された典子は、苦しげな表情に妖しい笑みをかすかに浮かべて、激しい湿った吐息にまみれてかすれた声であえいでいた。

「典子、あうっ、いいぞ…、おまえは、おっ、最高の、くうっ、女だ…」
快感に震える火照った女体に指を食いませてまさぐる耕二は、ケモノのような目を血走らせて肉の欲望に没頭していた。突き上げるたびに大きくのけぞる典子は、アップにした髪がほどけて垂れた。濡れた乱れ髪がたわわな乳房まではりついて、魅惑的な女体に妖しく漂う色気を強調していた。

「ああっ、もう、あっ、ダメ…、死ぬ、あんっ、壊れちゃう…、お願い、ああっ、もう、あっ、許して…」
快感の荒波にさらされた女体は緊張と弛緩を繰り返し、欲望にまみれた耕二の激しい突き上げにハスキーな切ないなあえぎ声を漏らし続けた。
「おおっ、おっ、はあっ、いくっ、いくぞっ、典子、出すぞ、おっ、おおっ…」
激しく腰を振る有酸素運動に全身から汗を吹き出した耕二は、ようやく息子に突き上げを感じるとフィニッシュに向けて息を荒くしながらさらに腰を振った。

「あっ、やっ、だめっ、あっ、ああっ、あっ、ああ…」
ヌルヌルに濡れまくった粘膜のヒダをドクドクとふくれあがった息子に広げられた典子は、苦しそうな声を漏らすと、子宮口にはき出された熱い粘膜に悶絶して、快感地獄の断末魔の声を上げるとぐったりと耕二に抱きついた。
「…ああっ、はあっ…、はあっ、はあっ」
放出の快感に浸ってだらしなく顔をゆるめた耕二は、脱力して抱きついてくる典子の女体を優しくなでていた。

「ああっ…、はあっ…、ねえ、また…、ナカに…、もう、耕二…」
大きな波が去ったあとの快感のさざ波に火照った女体をかすかに震わせる典子は、ナカを満たす粘液とだんだんしぼんでいく肉棒を感じながら、色っぽい声でささやいていた。
「ああっ、はあっ、また、はあっ、出しちまった…、はあっ、まあ、はあっ、な…」
柔らかい女体をまさぐる耕二は、放出の快感が冷めて意識にかかっていた淫靡なモヤが晴れていくと、妊娠を意識したがなんとかかるだろと軽く考えていた。

「…ねえ、…、洗う?…」
典子はまだ意識に甘美なモヤがかかったままだったが、押しつけた乳房を離すと湯船から出ようとした。
「このままで…、しばらく、いいだろ…」
ずっとお湯から出たままで冷えた背中を耕二は抱き寄せると、お湯を掛けて温めながら女体の柔らかさを全身で味わった。

「…、うん、いいよ…」
背中にかけ湯してくれる耕二に優しさを感じた典子は、はにかんだようによう笑うと首筋に抱きついてきた。
「ああっ、…」
首に回した手を解いた耕二は、典子の体をくるりと回すと後ろから抱きついて、乳房の中心から突きだした乳首をコリコリと刺激した。

「あっ、やんっ、…、また、気持ちよく、なっちゃう」
乳首を弄ぶ手を押さえた典子は、甘えた声を漏らしてダランとした息子にスベスベした尻肉を押しつけていた。
「…、典子は、気持ちいいな…」
全身で典子の女体の柔らかさを感じる耕二は、いい匂いのする髪を口でなぶりながら幸せそうな声を漏らした。

「…そうでしょ、耕二は、世界一の幸せ者よ」
形のいい乳房を手のひらで包み込まれた典子は、かすかにうわずった吐息を漏らしてカワイイ笑顔を浮かべていた。
「ああっ、そうだな…、ずっと、こうしていたいな…」
暖かいお風呂で典子の柔らかい女体を押しつけられてウットリするような幸せな気分に浸った耕二は、本気でそう思ったことを口にしながら、典子との結婚生活をぼんやり考えていた。

初詣 (7) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
ネット小説ランキング>【登録した部門】>初詣(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:21:59 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2044-5056ad0a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next