FC2ブログ

== 初詣 ==

初詣 (5)お風呂でエッチ

ろま中男3 作品リスト
初詣 目次

初詣 (5)お風呂でエッチ

「あったかくて、気持ちいいな…」
湯船で典子に後ろから抱きついた耕二は、手のひらを押し返す硬くなった乳首にニンマリして、耳タブを甘噛みしながらイヤらしい声でささやいた。

「やだあっ、あんっ、やめてよ、私、あ、怒って、あんっ、るのよ…」
タプタプと乳房を愛撫される典子は耳タブの刺激にのけぞると、もう一方の手を誘うように腰を突き出していた。あそこのスジをいじっていた指はネットリ濡れた亀裂に入り込むと、クチュクチュとうごめいて典子をエッチな声でもだえさせた。

「…また、したくなっただろ」
セクシーな媚態を見せつける典子に、息子を回復させた耕二は背中に股間をすりつけながらエッチな声をささやいていた。
「今度はオレにもしてくれよ…」
乳房を揉んでいた手で典子の手をつかんだ耕二は、自分の股間に典子の手を押し当てた。

「うん…、あっ…、もっと、優しくして…」
こわばった息子を手のひらで包み込んだ典子は優しくコスりはじめたが、亀裂に入り込んだ指が粘膜を広げて暴れ回るのにのけぞって、甘えたエッチな声を漏らした。
「…ああっ、口で、してくれよ…」
イヤイヤするように頭を振る典子のアップにした髪に、顔をくすぐられた耕二はニヤケ面でフェラを要求していた。

「うん、いいよ…」
股間に入り込んだ指の執拗な愛撫で、メスのイヤらしい本能を昂ぶらせた典子が素直に体を返すと、耕二は腰をあげて固くなった息子を水面に浮上させた。
「…おっ、いいぞ、もっと、舌で…、おうっ、くううっ」
淫靡な笑いをかすかに見せた典子が息子を咥えるエッチな顔に満足そうに笑った耕二は、すでに1回発射して余裕があるのでネットリした口技を楽しんでいた。

「入れてみるか?…」
フェラの気持ちよさに上機嫌な耕二だったが、あんまり気持ちよすぎるとその代償に指輪を要求されるかも、と思って股間にしがみつく典子を抱き上げた。
「あんっ、もう…、いいよ…」
ツバのネットリした光沢をおびた唇をかすかに開けた色っぽい表情をみせる典子は、耕二に抱きついて股間を押してくる肉棒を感じていた。

「自分で入れろよ…」
息子を股間に侵入させたてスマタ状態にした耕二は卑猥な笑いを浮かべながら、セクシーにもだえる典子を見ていた。
「うん、わかった…、あっ…」
メスの淫靡な本性を昂ぶらせた典子は、股間に入り込んだ熱い肉棒に腰が踊り出しそうなになるのをガマンしていた。息子をそっと握った典子はその熱さに小さく声を漏らすと、イヤらしい汁を垂らす亀裂に押し当てた。

「あっ、あんっ、くうっ、うっ、うん…」
亀裂に息子を食い込ませた典子はゆっくりと腰を沈めながら、喉の奥から絞り出すような声を漏らして甘美な喜びに震えていた。
「あったかいな…」
息子がネットリした温かさに包まれる気持ちよさに耕二はうわずった声を上げて、湯たんぽのように火照った女体を抱きしめていた。

「あんっ、はあっ、…、このまま…、しばらく、このままで、いようよ」
柔肌に食い込むゴツイ指に切ない吐息を漏らした典子は、耕二の頬に顔を寄せて甘えた声をささやいていた。
「ああ…」
温かく柔らかい女体の気持ちよさにウットリした耕二は、幸せな気分で顔をゆるめていた。

「…あ、あんっ、あれ?…、もう…、ねえ、起きてよ…」
カラダをまさぐっていた手が止まって、ナカの息子がだんだんしぼんでいくのを感じた典子が耕二の顔をのぞき込むと、耕二はかすかにいびきをかいて寝ていた。
「あ、お、ああっ…、ゴメン、気持ちよすぎて、寝てた…」
マジ寝していた耕二は起こされると、寝ぼけ顔に照れ笑いを浮かべて不満そうな典子を見ていた。

「失礼しちゃうよね…、これでどう、目、覚めた?…」
対面座位を崩したような体勢で股間を密着させた典子は、ナカでしぼみかける息子をキュッと締めつけると、首筋に沿って唇を這わせていた。
「あうっ、あっ、もう、起きた、起きたから…」
息子を湿った粘膜で締めつけられた耕二は、悲鳴に近い声を上げると腰肉をつかんでいた。

「いいよ、今度は私がしてあげるから…」
切れ長の目で淫靡な笑みを見せた典子は、腰をつかむ手をよけるとチャプチャプと水面を揺らして腰を振り始めた。
「あう、ああ…、気持ち、いいよ…」
首に抱きついて湿った吐息を吹きかけながら、息子を出し入れする典子を、耕二を抱きしめながら淫靡な気持ちよさにウットリしていた。

「あん、いい…、わたしも、いいよ…」
白い湯気にかすんだカワイイ顔を淫らにゆがませた典子は、額から汗を垂らしながら盛んに腰を振って、張り詰めたカリで粘膜をこすられる気持ちよさに甘えた声を漏らしていた。
「おお、いいぞ…」
心地よい締めつけられる息子の気持ちよさと、腰の上下に合わせてスリつけられる火照った女体の柔らかい心地よさに、耕二はウットリしただらしない顔を見せていた。

初詣 (6) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
ネット小説ランキング>【登録した部門】>初詣(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:20:53 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2043-f1971820
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next