FC2ブログ

== 初詣 ==

初詣 (2)人混みの痴漢

ろま中男3 作品リスト
初詣 目次

初詣 (2)人混みの痴漢

「ちがうよ、バカ…、あ、や…、だ…、助けて…、ち…、痴漢…、いる…」
かすかに震える女体を耕二に押しつけた典子は、この人混みに痴漢がいると勘違いしていた。触れるほど唇を耳に近づけた典子は、消え入りそうな声で耕二に助けを求めていた。

「…なにい、けしからんなっ…、それで、いま、どんな感じだ」
お尻をまさぐる手が自分だと気づかない典子に、笑い出しそうなのをこらえた耕二はいたずらっ気を出してひそひそ声で応えると、パンティのマタ布をめくって中に手を入れた。

「あ…、あの…、いま…、その…」
直接菊門をイジられた典子はブルブル震えると、尻タブを緊張させて耕二の指を挟み込んでいた。
「…、どうしたんだ、大丈夫か」
耳タブをくすぐる柔らかい唇にスケベ心を刺激された耕二は、サディステックな興奮をふくらませて菊門に指先を侵入させようとしていた。

「やだ…、助けて…、耕二…」
括約筋を刺激する指先に、背筋が氷るようなおぞましさを感じた典子は、ぶるぶる震えながら耕二にしがみついていたが、亀裂からイヤらしい汁を垂らしてピンクの花びらを潤ませていた。
「…でも、この混雑じゃ、誰だか、わからんぞ」
おびえた表情に色っぽさを漂わせはじめた典子に、ますます調子に乗った耕二はゆるみそうな顔を引き締めて、もっともらしいことを言いながら指先をワレメの奥に侵入させた。

「あ、だめ…、やだ…、あそこ…、触って…」
恥ずかしい部分で動き回るおぞましい痴漢の指先におびえた典子は、しかし下半身を熱くしてイヤらしい汁を垂れ流していた。
「…とりあえず、もっと、こっち来い」
典子をかばうフリをして引っ張り寄せ、伸ばしきった手に余裕ができた耕二は、指先を濡れた泉の先に進めた。

「あ、やっ、だっ、くうっ…」
スジから顔を出した白い突起をイジられた典子は、ビクッと震えると甘い吐息を漏らして耕二の首筋に吹きかけていた。
「…まだ、してんのか…、ゆるせんな」
まじめぶった口調でささやく耕二は、しかし恥ずかしい部分の刺激にもだえる典子に昂奮して、指先の愛撫を激しくして、火照った女体を煽り続けた。

「あ、くっ、ううっ…、ひっ、あっ、ああっ…」
感じる部分をイジられてイヤらしい声が漏れそうなのを懸命に堪えていた典子だったが、除夜の鐘がすぐ近くで響くと、火照った女体を緊張させて小さく悲鳴を上げ、イッてしまった。
「…、出よう」
グッタリして寄りかかってくる典子に、調子に乗りすぎたと反省した耕二は典子を抱えて行列から抜け出した。

「ゴメンね…、耕二…」
人混みから抜け出して石段に腰掛けた典子が、申し訳なさそうにつぶやいた。
「え、何が…」
度の過ぎた悪ふざけをちょっと反省していた耕二は、泣き出しそうな典子にギョッとした。
「…、わたし…、痴漢されて…、イッちゃったあっ」
目をウルウルさせて見つめる典子に耕二はドキッとした。いきなり抱きついてきて泣き声混じりにつぶやく典子を、どうしようもなくいとおしく感じた耕二は、典子の手をつかむとずんずん歩き出した。

「きゃっ…、耕二、どこ行くの…」
強引に引っ張る耕二に足がもつれて乱れたミニスカのスソを押さえる典子は、ワケが分からず泣くのも忘れて懸命についていった。
「…まで、急いで」
タクシーを見つけて典子を押しこんだ耕二は、典子を抱き寄せて行き先を告げた。

「ねえ、どこ行くの?…」
シートにまだ絶頂の余韻に火照る女体を沈ませた典子は少し落ち着いて、鼻息を荒くする耕二の横顔を不安げに見つめた。
「…いいから、黙ってろ」
前を向いたまま強い口調でつぶやく耕二に典子はだまったが、肩に食い込む強いグリップに女体の芯に燃え残った欲望の炎がまた燃え上がるのを感じて、湿った股間をモジモジとすりあわせながら耕二に抱きついていた。

「ついたぞ、おりろ」
1メーターの料金表示に、漱石を出しておつりをチップにした耕二はさっさとタクシーを降りた。
「…まあ、ステキ、お城みたい…、って、ラブホじゃん」
タクシーを降りてブルッと震えた典子は、シンデレラ城のような尖塔を見上げてノリツッコミしていた。

「…不満か」
典子の手をつかんで歩き出した耕二が背中を向けたままつぶやくと
「別に…」
歩くたびに股間がヌルヌルするのを意識した典子は、わざと素っ気なく応えたがエッチな気分が昂ぶって女体が熱くなって頬を染めていた。

初詣 (3) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
ネット小説ランキング>【登録した部門】>初詣(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:14:51 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2040-c3344489
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next