FC2ブログ

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (12)校舎裏で

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (12)校舎裏で

「お願い、もう許して…」
大学の構内を引き回される麻里子は、自由な右手でノーパンのお尻を隠して懸命にミニスカを引っ張っていた。揺れるショートヘアがチラ見せするうつむいたカワイイ困惑顔が、妄想まみれの加虐心を熱くする。

「ココに座れ、写真撮ってやる」
人通りの少ない校舎裏のベンチに麻里子を座らせると、ニーハイブーツの足を広げさせてケータイをカメラモードにする。

「誰か、来ちゃう…、お願い、早くして」
ショートヘア美少女は誰かが急に現れて破廉恥なポーズを見られる不安でドキドキしながら、ご主人様の命令を守ってムッチリしたナマ太ももを広げていた。普段オシャレでクールにきめている麻里子の怯える様子が、どSな興奮をますます昂ぶらせる。

「足、閉じるなよ、閉じたら、お仕置きしてやる、ほら、腰、突き出せ」
ローアングルからケータイカメラを構えたオレは、ミニスカの奥で汁気をテカらせるイヤらしい肉の合わせ目にシャッターを切りながら、ご主人様気取りの口調で命令してエロいポーズを強制する。

「お願い、早く…、誰か来ちゃう…」
恥ずかしさでどSな露出狂の興奮を熱くするショートヘア美少女は、いわれるままに腰をズラしてあそこを見えやすくする。寝そべるような姿勢は尻アナまで見せて、あそこから垂れたイヤらしい汁が菊門にネットリ絡んでいた。

「あ、やっ…」
リュックを担いだアキバ系ないかにもヲタク風な学生がこっちに近づいてくるのが見えて、麻里子は慌てて足を閉じた。
「…、お仕置きだ」
恥じらって顔を伏せる麻里子の横に座ったオレは、わざとイジワルな声を耳元にささやくと、ベロチューしながら、あそこをイジリはじめる。

「ううっ、やっ、ああっ、お願い、やめて…」
アキバ系学生の好奇心とスケベ心のこもった視線を浴びた麻里子は顔を背けると、何とか足を閉じようとするが、オレの手があそこをいじっているので柔らかい太ももで締め付けただけだった。

「おい、オマエ、見たいか」
物欲しそうに視線を送ってくる、生まれてからずっと女日照りが続いていそうなヲタク学生に声をかけると、膨らんだ股間を隠そうともせずにウンウンと嬉しそうにうなずく。
「やっ、お願い、やめてえ」
誰とも知れない男に秘所を見られる恥ずかしさに、両手で顔を覆った麻里子が泣き声混じりに訴えるが、淫虐な興奮は止まらない。嫌がる麻里子にのしかかって太ももを押さえつけ、ネットリ濡れたあそこをヲタ学生にモロ見せしてやる。

「お、オナニー、しても、いい?」
オタ野郎は恥知らずな変態だった。オレの返事を待たずにナニを取りだすとシゴキはじめる。
「え…、やっ、やだあっ、変態っ」
その声におそるおそる指の間からのぞき見た麻里子は、ボッキしたチンポをシゴく変態学生に悲鳴を上げる。
「ほら、奥まで見せてやる」
泣きながら肩を震わせる麻里子だったが、露出狂の血が騒ぐのかあそこはネチョネチョに濡れていた。オレは太ももを閉じないように押さえながら、スジを広げてピンクの肉をむき出しにする。

「あっ、おおっ、いっ、いぐっ、うっ…」
オタ学生は変態なだけでなく早漏だった。裏声で唸ったオタはビクビク震えながら、チンポの先から白濁液を噴きだした。
「ひいっ、いやっ、いやああっ」
嗚咽を漏らしながら指の間から盗み見する麻里子は、そのおぞましさに女体を緊張させて怯えていたが、ピンク色の肉の亀裂からはイヤらしいおツユをダラダラ垂れ流していた。

「おいっ、ちょっと来い」
「は…、えへへっ」
「やだあ、来ないでえ、ああっ、いやあっ…」
ティッシュでしぼみはじめた息子を拭くオタを呼ぶと、まだ楽しいお裾分けがあるのかと勘違いしたオタが嬉しそうに近寄ってくる。麻里子はまだナニかされるのかと思って、とうとう声を上げて泣き出す。

「オマエ、名前は?」
「はいい~、1年の小田場アキ郎であります」
「オタ野郎、このことは黙ってろよ、誰かに漏らしたら、この写真ネットでばらまくからな」
「ひいいっ、は、はいっ、ごめんなさいっ」
粗チンの先端から白濁液を拭きだしてバカ面をさらすオタ野郎の写メを見せ、すごんでにらみつけるとオタ野郎はへっぴり腰で逃げ出した。

オレの子を産んでくれ (13) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:59:29 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2025-fa1c4ba0
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next